2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

## 今は昔:武士の世

2017.05.12

恋歌

朝井まかて 2013 恋歌 講談社

苛烈で凄惨。
歌は、その歌だけで味わうのもよいが、背景が加わることで更に輝きを増す。
それが命がけで詠まれたものであるなら尚更、背景を知ることが意味を知ることになる。
幕末の時代から明治を生きた歌人、中島歌子の生よりも、その時代の描写に圧倒された。

明治維新は江戸城の無血開城で成ったとはいうが、施政者がただ単に交代しただけではなかった。
なにも江戸城や京の都だけで起きた大事件ではなく、その時代に住む人の生活をあちらこちらで大きく変えるものだった。
たとえば、髙田郁『あい:永遠にあり』も江戸城の外で展開される幕末であったが、主人公のあいは中島歌子に比べればまだ穏やかな人生であった。
二人を決定的に分けるのは、あいが農民、歌子が商人の娘であったことよりも、夫が医師であるか武士であるか、それも水戸の武士であったかどうか、であるように思う。

登世という娘は、江戸の富裕な商人の娘として何不自由なく生まれ育った。
彼女が結婚した相手は水戸藩士。
当時、水戸の藩士は天狗党と諸生党に二分して政権争いをしていた。
その争いは、積年の恨みとなり、血で血を洗い、骨を相食むことになる。
戦闘の表舞台に登世があがることはないが、武士の妻女として投獄されて悲惨を味わう。
食べものを十分に与えられず、寒いなかに捨て置かれ、傷病の手当ては受けさせてもらえない。
身分の高い家の子どもともなれば、趨勢が決まった時に目の前で斬首されていく。
そんな悲惨を味わう。

これのどこが、アウシュビッツと異なるだろうか。
明治維新は、ほんのたった150年ほどの昔のことだ。。
当時は当時の教育があり、知性があり、理性はあっただろう。
しかし、人は残酷になれる。どこまでも冷酷になれる。野蛮にはきりがない。
日本人は礼儀正しいとか、武士は高潔だったとか、思いたがる人たちもいるけれど、例に漏れず、こんな野蛮な歴史をちゃんと抱えている。
この野蛮さは過去もあり、現在もある。現在だって、残念ながらしっかりとある。
尊皇攘夷を謳った人たちが維新後に先を競って欧米に倣おうとした皮肉と矛盾も、今も大差がない気がする。

この物語、導入と結びの仕掛けも素晴らしい。
一人の歌人の手記を通して、歌しか抱きしめることができなかった恋と、歌しか残すことができなかった人々が語られる。
そして、歌を命がけで詠むような時代ではなくなってしまった世界に、歌ではないものを残していく。
いとしい人は、どうして先に死んでしまったのか。
厳格に追求すれば騒乱が起きる元。相手が滅ぶまで追求しあう男達の対立を、人を愛すること、人を知ることで、ささやかに解決を図ったのは女達だった。
忘れられない愛しさだけが憎しみを超えて、復讐を恐れて手加減できなくなる愚かしさを、終わらせることができたのだ。
心のままに生きることの難しさ、共に死ぬことの難しさが切なかった。

2017.04.25

ちゃんちゃら

朝井まかて 2012 講談社文庫

庭師の仕事は空仕事。
なんて素敵な表現だろう。
まかてさん初読みである。

元気のいい庭師一家の物語だった。いなせで、憎めないというよりも、心憎い。
お侍が刀を振り回すわけではない、江戸の職人達の生活を感じるほうの時代劇だ。
庭師の親方である辰蔵の娘のお百合と、辰蔵が拾って職人に育てているちゃら。
この二人を中心に、5つの庭をめぐりながら、物語が進んでいく。
なにしろ、ちゃらの成長物語と思いきや、大きな事件がでーんと中央に構えている。
この二本の柱があるおかげで、先を急いで読まずにいられなかった。
和風の庭園の作法に詳しいわけではないが、草木には少しは馴染みがある。
といっても、思い浮かばない植物があれば、検索しながらというのも面白い。

浅い池と築山、三尊石を置いて、春の風の匂いを味わえるように按配した千両の庭。
料亭の女将が依頼主の、蘇鉄や棕櫚、芭蕉が植えられた南蛮好みの庭。
老夫婦のための、古里の庭。いかにもな庭作りから脱却した、自然の景色を活かした庭だ。当時の江戸には自然の雑木林が残っており、それを伐採して狐狸を追い出す悲しみをちゃらが知る場面、よくぞ書いてくれたと思う。
祈りの庭。主人公達がよく出入りすることになる寺のために普請する庭を通じて、庭とはなにか、改めて問いかけてくる。これが、第三の柱だ。
そして、名残の庭へと続くわけであるが、私にとって、この見え隠れする第三の柱が胸を打った。

絵に描いたような理想論があるとする。
その理想論に沿った施策は、しかし、人を必ずしも幸せにするとは限らない。
理想に人を従わせるのではなく、その理想を作り上げた始祖たちの思いを馳せてみるとよい。
理想の高さを盾に、理想に従えない人を切り捨てず、打ち据えず、人が思い描く理想に耳を傾け、心を通じさせることが大事ではないのか。
人は自分に繋がる配慮があって、初めてくつろぐことができる。
自分のためにと祈りをこめられた営為にこそ、人を幸せにする力があるように思うのだ。
庭という表現方法を取り上げながら、そこには、人としての生き方や祈りのありよう、幸せのありようが問われていく。
木を植える人は平和を作る人である、と、ベトナムの人から教えられたことを思い出した。

テンポもよくて面白い。胸もすくし、しんみりとする。
そんな素敵な読み応えのある小説だった。

2017.04.21

ふんわり穴子天:居酒屋ぜんや

坂井希久子 2017 時代小説文庫

美人の未亡人が商う居酒屋ぜんや。
そのお妙にぞっこんの、武家の次男坊の只次郎。
二人それぞれが主人公を務める短編集だ。

お妙にはお妙の事情があり、物思いがある。
只次郎はには只次郎の事情があり、物思いがある。
そのあたりは面白みを感じるところである。

時代考証など、自分はそれほど詳しくないけれども、少し首をかしげることはある。
たとえるならば、テレビの時代劇を見ているような感覚なのだ。
江戸時代の風俗ならではの奢侈を禁じた改革であるとか、棒手振りたちの呼び声であるとか、遊女の書いた起請文であるとか、細工や仕掛けは色々と講じてある。

主人公の只次郎が士分の身分にこだわらないことと、現代的なくだけた言葉遣いで統一してあることから、時代背景に思いを馳せることなく読むことができる。
江戸時代っぽいいつかぐらいの雰囲気を味わうことができ、時代劇に慣れていない人にも読みやすい。
逆に、時代劇に慣れていると、いささか物足りない……こともあるかもしれない。
その点、歴史小説ではなく、時代小説、時代劇と思えばよいかも。

前巻で人間関係はだいたいできあがっていたので、お妙を魅力的に描くところは少なめであるが、代わりにお妙の内心を描く部分が増えた。
只次郎よりもお妙のほうに主人公がうつったかと思うぐらいだ。となると、只次郎がお妙の料理に舌鼓をうつ場面も前巻に比べて控えめに感じたのである。
気楽に読めるのはよいところなのであるが、料理のところとなると、二番煎じの感を禁じえないところが、損をしているかもしれない。

だが、未亡人となり、独居している女性ならではの生きづらさを描くことで、登場人物が活き活きとしている。
妙に志乃、栄、それぞれの生きづらさが一番の読みどころのように思った。

2017.02.21

あきない世傳 金と銀3:奔流篇

髙田 郁 2017 時代小説文庫

あほぼんな若だんさんが死んで、その弟である惣次から求婚された幸。
断れるような立場ではなし、かと言って、惣次は勘気なところが心配な人。

話の続きが気になっていただけに、一気に読んだ。
やっぱり……と残念な気持にもなるが、夫婦仲良くめでたしめでたしでは、話が続かなくなる。
幸には幸せになってもらいたいだけに、複雑な気分で読み終えた。
ネタばれにならないようには、これぐらいまでしか書けない。

物語は横に置き、今回、楽しんだのは江戸時代の大阪の情景と町衆達のつつましやかな生活ぶりである。
人と建物しか視界に入らない生活を送りがちになるが、目を向けていないだけでそこには花が咲き、耳を傾けていないだけでそこには鳥が鳴いている。
一筆啓上とさえずる頬白の声は初夏の響き。雁の初音は秋の訪れ。そこに引き売りの声が重なる。
月が満ち、また、月が欠け。着物に綿を入れたり、それを脱いだり。人は季節を感じ、愛でる。
季節が駆け足で流れ行く様子の情景描写が丁寧で、五感に訴えてくる。そこが美しくて、とても素敵だなぁと思った。

ここに描かれている身近な自然は、実は今も身近で感じられることが多い。
呉服の美しい色合いに慣れていくのも楽しいが、物語の景色が現実にある現在と繋がっていることを感じるのも一興だと思う。

ネタばれになるが、最後にやっぱり一言。
五鈴屋にはあほぼんしかおらんのかーっ。

2017.01.07

国芳猫草紙:おひなとおこま

森川楓子 2016 宝島社文庫

今年初めての読書は、タイトル買いした一冊。
国芳といえば、ユーモラスでかわいい猫達。
これはきっと愛らしいと思い、手にとってみた。
初読みの作家さんである。

鰹節問屋の又旅屋の娘のおひなが、絵を習いに通うのが歌川国芳の家。
国芳の家には、兄弟子達が数人おり、更に多数の猫達が暮らしている。
器量よしで賢いおこまという白猫の冒険を、おこまの猫目線で語るのと同時に、おひなの人間目線でも語っていく。
その冒険がなかなかのもので、名家のお家騒動にも関わってくるのだ。
猫達がわいわいと出てくるおかげか、その事件のあらましにも関わらず、全体として可愛らしい感じがした。

河鍋暁斎が歌川国芳に指示していたことなど、歴史的な事実も踏まえてある。
後書きによると、国芳の猫を主人公とした草紙があって、それを下敷きにしているそうだ。
『朧月猫草紙』というその物語を、翻案しつつ、膨らませたものが、この物語だ。
『朧月猫草紙』の現代訳もあるそうで、機会があれば読みくらべてみたいものだ。
著者の猫への愛情、原作への愛情が感じられた。

2016.10.03

あきない世傳 金と銀 二 早瀬篇

髙田 郁 2016 時代小説文庫

なんでや。
なんで私ばっかり責められなあかんねん。
店主ゆう重荷を背負うてるんは、私だすで。
ほかでもない、私だすで。惣次やない。
こんな傾いた店を背負わされて、私は言わば被害者や。
私で4代目ゆうても、店が船場にあるわけやなし。
所詮、天満の呉服屋や。川向こうには勝てへん。
ちぃとも稼げへんのは私のせいやない。
時代は現銀売りや。お家さんが屋敷売りみたいな古臭い売り方にこだわるんが悪い。
こんな御時世やなければ、私かてもっと大きな商いしておましたわ。
私の苦労なんて誰も知らへんのに、私ばっかり責めるのはおかしいやないか。
家の者が大事にせえへんから、嫁はんかて実家に戻ってもうたやないか。
あんな子どもを後妻や言うてあてがわられても、笑いものになっただけだす。
私は、店主ですで。
私が店主やなんで。
なんで、なんで、こないな目ぇあわないかんのだすか。
私かて、私かて……もっと大空に飛び立つようにはばたいてみたかったわ……。

……とか、言ってそうだなぁ、と想像してみた。
想像してみたが、いくら想像してみても、ちっとも同情も共感も持てない。
なにもかも人の所為にして、自分は悪くないと言い訳して、努力をしようとしない。
周りを責めるだけ責めて、つらいのは自分だと主張して、自分を慰めてもらおうとする。
それが、阿呆ぼんである。

この巻になって、なんで第一巻が「源流篇」だったのか、タイトルの意味がやっとわかった。
きっと大きな川になっていく。そういう物語なんだろう。
その2巻なのであるが、阿呆ぼんの印象が強すぎた。
こんな阿呆ぼんでいいのだろうか。
主人公の夫になるのが、ここまで阿呆ぼんだとは空前絶後である。
ひどくないか。大丈夫だとは思えない。主人公がかわいそう過ぎる。
嗜みのある阿呆ぼんなことが、唯一の救いである。
幸の成長を喜びながらも、喜びきれない複雑な気持ちで一気読みした。

この展開は予想外ではあったが、大歓迎だ。
幸の活躍の場面は、どれもこれも胸がすくものだった。
これでこそ、次巻が楽しみになる。

2016.09.23

超高速!参勤交代リターンズ

土橋章宏 2016 講談社文庫

『超高速!参勤交代』に続いて、こちらも読了。
第二弾というのは、なかなか難しいだろうなぁと思いつつ、こちらも一気読み。

なんといっても、敵役の松平信祝がますます気持ち悪くなって逆襲してくる。
多少、やりすぎなぐらいの悪ノリである。まさに暴走。
その逆襲に対して、どのように湯長谷藩の七人の侍+αが対決するのか。

小説ではあるが、映像化を前提にしている所為か、心理描写を言葉で読ませない。
表情や仕草、声音あるいは沈黙で、映像で現されたもので心理を読ませる作品だと思う。
そういう手法なので、文字だけを追っていると味気ないかもしれない。
読み手は、頭の中で映画を見るようにこの本を読むことになるのではないか。

そういう意味で、読みどころというより見所と書きたくなるのが、やっぱりの忍者対決。
正確に言えば忍者じゃないのだけれども、色々な特技を持った尾張柳生七本槍達と、別々の流派の得物を持った湯長谷藩の面々との対決は、映像に映えると思う。
更に言えば、多数の軍に少数で切り込んでいくような場面もある。私の頭の中のイメージ映像は、戦国BASARA2の関が原かなぁ。
自分だけの映画を撮れば、少々の無理も面白くするための仕掛けと思えるはず。

最後はハッピーエンドになると信じて読み進めたが、意外な展開が続く。
名台詞も多いし、きっと映画も面白いことだろう。

超高速!参勤交代

土橋章宏 2015 講談社文庫

厚さがある割には、読み手の速度も高速になる。
映画で見そびれたタイトルだったが、なるほど、これは面白い。
映像に映えるんだろうなぁ、と、スクリーンで見そびれたのが改めて残念。

時は、享保年間。8代将軍の吉宗の頃。
悪徳老中から、参勤交代をたった5日間でせよ、という、無茶ぶりをされた弱小藩。
磐城国の湯長谷藩は、大根の漬物と温泉が名物で、大名行列を整える財力はない。
しかも、時間もない。そもそも、人もいない。
奇想天外なこの設定ではあるが、時代劇らしい要素を感じる痛快な物語になっている。
他方で、児童虐待やアルコール依存、閉所恐怖など、非常に現代的な要素も含まれていて驚いた。

これ、主人公は、藩主の内藤政醇ではなく、道案内役の東国一の忍・段蔵ではなかろうか。
私の中の主人公は、段蔵でいいや。そう思おう。
錆びた声なんて表現がすごく素敵ではないか。その上、これがまたいい役なのだ。

2016.08.31

ほかほか蕗ご飯:居酒屋ぜんや

坂井希久子 2016 時代小説文庫

おいしいご飯につられて手に取った。
本屋さんで、作者のサイン本を見つけたのもなにかのご縁。
時代小説で、料理人が出てきて、というのも、みおつくし料理帖以降、定番になってきたようだ。

ウグイスの飼育で糊口をしのぐ、武家の次男坊の主人公。
父や兄の堅物ぶりを息苦しく思い、主人公にウグイスを託す大店の主人達に可愛がられながら、おいしいご飯に舌鼓を打つ。
憎めない登場人物たちが入れ替わり立ち代り、居酒屋ぜんやの暖簾をくぐり、菩薩のごとき笑顔のお妙に愚痴をこぼす。

細かいところにはつっこまずに、雰囲気で読むのがよいようだ。
素材を見ながら料理を考える。相手の喜ぶ顔を思う。
そんな楽しみに似ているような読み心地。

この人もデビューしたてのようだから、続きを読ませて欲しいなぁ、がんばってほしいなぁ。

2016.07.31

あきない世傳 金と銀 源流篇

髙田 郁 2016 時代小説文庫

時は享保、舞台は大阪天満。
新たなヒロインは幸という。

好奇心、向学心があり、読書や勉強に興味を持つ、当時としては風変わりな少女。
学者の家に生まれ、女子として振る舞うことをしつけられつつも、こっそりと書字に親しんできた。
手の綺麗なものは信用するな、商いは物を右から左に流しているだけだという、父親の偏った教育を受けてきた。
にも関わらず、幸は「一生、鍋の底を磨いて過ごす」女衆として、五鈴屋という呉服商で住み込み奉公することになる。

まだまだ物語の序盤というか、導入部。
最初は不幸続きでとっつきにくく感じがものの、読むほどにだんだんと引き込まれていった。
なにしろ幸という少女が、成長していく様子がまっすぐでほほえましい。
当時の女衆の中では、勉強好きという点が風変わりだけども、くるくるとよく働く。
どうやら、なかなかの器量よしなところもあるらしい。
彼女が、今後、どのように成長し、活躍していくのだろうか。

みをつくし料理帖とは、違ったタイプのヒロインが、違った時代、違った場所、違った世界で動き出した。
とはいえ、郁さんの描く物語だから、苦しいこともいっぱいあるんだろうなぁ……。

ここで終わるのか!?というところで、閉じた1巻。
次巻が待ち遠しい。

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック