2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

著者名索引

香桑の近況

  • 2018.1.4
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計378冊
無料ブログはココログ

## 今は昔:武士の世

2018.02.27

さくさくかるめいら:居酒屋ぜんや4

坂井希久子 2018 時代小説文庫

冬から春へ。
物語のなかの季節の移ろいにあわせて、お料理も変わる。
豆腐百珍もなかなか試す機会がないが、本を読んだ春先にぴったりの献立ばかりは、作ってみたいとメモを取った。
春牛蒡の南蛮漬けに、ふきと厚揚げの煮びたし、菜の花と馬鹿貝のぬた……。
ふきが手に入らなければ白菜か小松菜にかえて、馬鹿貝の代わりに浅蜊にすればよいなどと、自分で作りやすい献立に頭の中で入れ替える。
そんな料理を考える楽しみがいっぱいの、食テロ小説のひとつだ。

なるべく無駄を出さぬよう、献立を決めることに夢中になる。
そんなお妙の楽しみはよくわかる。
私は作っているうちに、ほかのものが派生してエンドレスになりがちであるが。
しかし、時は江戸時代。場所は江戸。
食材はともかくも、便利な調理器具はそれほどあるわけではなく、大量に料するのは大変だったことだろう。
作るのは楽しいが、ともかく手間がかかるのだ。こんなに作るって何時間立ちっぱなしなんだろうなんてことが心配になる。

他方、只次郎のほうにも、変化が起きたのがこの巻。
なんといっても、ライバル登場である。
なんのライバルであるかはここでは書かないことにするが、只次郎が少しずつ大人びてくるのを感じる。
とうに大人の只次郎よりも、姪っ子のお栄のほうが更に成長するので、林家の家族関係自体が落ち着いてきて、なんとも微笑ましかった。
せっかくならば、台所事情も落ち着けばいいのになぁ。

家族とシェアして読んでいるこのシリーズは、「うぐいすを飼っているお侍の」というと、母に通じる。
母は母で、「うぐいすのふんの」という。
ふん、は、ちょっと違うと思うが。
そのうぐいすであるルリオにも季節は廻っているようで、次の巻はまた波乱があるのではないかと思いながら閉じた。

2018.02.20

あきない世傳 金と銀5 転流篇

髙田 郁 2018 時代小説文庫

ページをめくることが怖くなった。
続きは読みたい。しかし、読むのが怖い。
ホラーを読むにも似た、この恐怖。
中身はホラーとはまったく違うのに。

季節はうつり、主人公幸と智蔵のむつまじい様子に、読み手の頬もゆるむ。
ようやく幸が幸せになろうとしている。
商売も、波乱が起きそうで、それをやすやすと乗り越えていく。
やっと、いろんなことが軌道に乗っていくわくわくする巻だ。

呉服商を舞台とする物語だけに、このシリーズはひときわ、色彩が美しい。
着物の色合いのみならず、五鈴屋の風呂敷ひとつをとっても、目に浮かぶように描かれる。
浄瑠璃の衣装や商家の店先を飾る布、娘たちの結ぶ帯、見上げる空まで美しい。
丁寧な描写と過不足のない説明が、読み手を物語に引き込む。

しかし、そこかしこに不穏を感じてしまった。
だって、フラグが!フラグが…!!
どうぞ、大事がないように、と祈りたい。

最後の巻まで、安心しては読めないんだろうなぁ…。
この流れはこの先どう転じていくのかわからないが、幸が幸せになりますように。

2017.12.21

先生のお庭番

朝井まかて 2014 徳間文庫

美しい物語だ。
外国の人の目を通すことで、当たり前だった景色の美しさに気づく。
当人同士以外の目を通すことで、引き裂かれた男女の関係も、美しい物語となる。

タイトルだけではどんな物語かぴんとしなかったのであるが、植物が好きな方から貸していただいた。
しぼると先生の薬草園を管理する園丁が主人公である。だから、先生のお庭を番するお庭番。
決して、忍者の物語ではない。

シーボルト。日本人通辞よりも発音が不正確なオランダ語を話す、オランダ商館医。
19世紀の日本で、外国人が逗留できるのは長崎出島に限られており、逗留できる欧米人はというとオランダ人に限られていた。
とはいえ、海外の事情に明るくない日本人にはあれこれと説明することにして、実際は諸国から調査員が偽って流入してきていたようである。
現に、シーボルトもまたドイツ人だった。

そんなあやしい外国人がいっぱいの出島に派遣された少年熊吉は、シーボルトに心酔し、采配を任されて、のびのびと薬草園を作る。
当時のヨーロッパはプラントハンター達の時代でもあるから、現地の協力者ということになるだろうか。
剣より、花を。
風刺もいっぱいこめられていると思うが、シーボルトの台詞には、熊吉だけではなく、私もちょっとしびれた。

熊吉は真面目で勤勉な気性。植物を大事に愛する思いと、シーボルトを尊敬して貢献したい気持ちの両方で、目いっぱい、腕も、知識もふるう。
茶の種をばたびあ(ジャワ)に送り、現地で茶栽培を始める手助けをする。
オランダに日本の草木が生きたまま運べるように、知恵を絞る。
図鑑もなければ、分類法も確立しておらず、流通も限られるような植物を育てていく様は、読んでいてわくわくするものがあった。

熊吉はシーボルトのもとで4年を過ごす。
大人になるにつれて、人々がシーボルトの妻であるお滝を蔑んでいることも感じ取る。
シーボルトの言動に疑いを持ち、自分の目で見て頭で考えて行動ができるようになる。
美しい日々が、終わる時が来る。
主人公の成長と、時代の物語が見事に重なり合っている。
それらの日々を胸におさめて、もう一つの花が咲くような最後が素晴らしい。
幻滅を超えて、輝き続ける美しい日々。

Wikipediaによると、Hydrangea otaksaという学名は、植物学上有効ではないそうだ。
ツッカリニとの共著『日本植物誌』の中で、シーボルトがアジサイに与えた名前である。
しかし、ほかの人が先に名前をつけていた種類と同一のものとみなされ、後から着けたotaksaという名前は無効なのだそうだ。
その名前の由来が「お滝さん」だというのは、牧野富太郎という植物学者の推測に基づく。
otaksaというアジサイの名前は幻のようである。シーボルトとお滝さんの関係もまた幻のようである。
その儚さが、調べてみると、改めてせつなくなった。

2017.11.14

されど、化け猫は踊る:猫の手屋繁盛記

かたやま和華 2017 集英社文庫

好きで好きでたまらなくなると、感想が言葉にならなくなる。
ナツヨムというブックフェアで、よむにゃのブックカバーにつられて一冊目を買った。
『猫の手、貸します』というタイトルと、おさむらいの格好をした白猫の表紙。
猫のブックカバーをもらいたんだから、猫の本もよいかと思って軽い気分で選んだ。
一冊目を読んで、主人公に惚れ込んで、翌日には2冊目以降を手に入れた。

四角四面な堅苦しい性格の宗太郎が、白猫の姿になったのは、猫又の仕業である。
その呪いのようなものを解き、もとの人間の姿を取り戻すために、猫の手を貸すなんでも屋のような看板を掲げる。
大身である実家に迷惑をかけてはならないので、慣れない長屋暮らしを始めたわけである。
ねこ太郎さんと呼ばれたり、猫神様と手を合わせられたり。
猫扱いされたり、化け猫扱いされたり、猫又に振り回されたりで、どたばたとした毎日が楽しくつづられる。
巻が進むごとに、ねこ太郎……もとい、宗太郎の実家はもしや?とうかがい知れてくるのも魅力のシリーズだ。
コミカルな話が多く、読み心地がよくてとんとんと読み進めることができたが、4冊目となるこの巻は違った。

黒猫たちが愛しい。愛しくてたまらない。
あまりにも健気で、かなわないとわかっていても、応援したくなる。
いつかかなってほしいと祈りたくなる。
星を見上げて祈りたくなる。

猫たちは、本当に飼い主思いだ。
長年、猫たちと生活して、痛いように感じる。
こんな風に、猫たちに惜しまれるような同居人になりたいものであるが。
猫たちを看取らずに逝くと、彼らを放り出すことになるからそれもまずいが。

武蔵も、仲間外れになっていないといいな。

かたやま和華 2014 猫の手、貸します:猫の手屋繁盛記 集英社文庫 
かたやま和華 2015 化け猫、まかり通る:猫の手屋繁盛記 集英社文庫
かたやま和華 2016 大あくびして、猫の恋:猫の手屋繁盛記 集英社文庫
かたやま和華 2017 されど、化け猫は踊る:猫の手屋繁盛記 集英社文庫

2017.10.05

御松茸騒動

朝井まかて 2017 徳間時代小説文庫

シンプルな表紙が印象的だ。
松茸が一本と、すだちが一つ。
そして、このタイトル。
気になって気になって、タイトル買いした本だ。

江戸詰めの尾張藩士の小四郎。
小さい時から算術が得意で、同僚や上司のやる気のない仕事ぶりに不満たらたら。
その態度が煙たがられて、国元に異動させられてしまう。
松茸不作の原因を探れと、御松茸同心なる職を拝命する。

腐りそうである。
でも、腐らない。
それが、堅物のきゃた郎とまであだ名をされる小四郎なのだ。

早くに死んだ父親。その父親の古くから友人の三べえ。
松茸のとれる御林のある山を守る山守の老人。
何年も前に同じ御松茸同心に拝命されたまま、山で生活しているという栄之進。
彼ら年上の男性たちに微笑ましく見守られながら、小四郎が骨太な男に成長していく。

立身出世のような成功はない。
しかし、成長はある。
その成長ゆえにかなえることのできたクライマックスは、胸が熱くなったり、目頭が熱くなったりするかもしれない。
一生懸命な小四郎が、山に関わる男たちを動かしていく様子に、読み手までひきこまれて応援せずにいられなくなった。

突拍子がないように見えた松茸をめぐる物語は、能率の悪い職場であるとか、借金をくりかえしてばかりの国家予算であるとか、伝説の上司であるとか、今時の世情とぴたりと重なる。
そのくせ、しかつめらしくならずに、くすくすと笑いながら読み進めることができる。
家族にも貸したが、まるで同じ様子だったようで、私も家族も、一気読みした本だった。
たった一冊のなかにおさまる物語であるが、爽やかな感激を味わうことができた。

この物語より、さかのぼること、何年ぐらいだろうか。
小四郎の父親や三べえが現役だった宗春公の時代の尾張は、天野純希『サムライ・ダイアリー:鸚鵡籠中記異聞』に描かれている。
見える景色は少し違うが、作者の違う二つの作品がぴたりと結びついたようで、それもまた楽しかった。

2017.09.26

ころころ手鞠ずし:居酒屋ぜんや3

坂井希久子 2017 時代小説文庫

旅先の本屋さんで偶然見つけた3冊目。
ついに例の事件が動き出す。
あの人の行方もわかる。

今回の私の一押しの料理は、なんといっても蒸し蕎麦。
なんじゃそりゃな話がとても楽しい。
美味しそうなのは表題の手鞠ずし、食べてみたくなったのはお雑炊であるが、インパクトの面では蒸し蕎麦。
とても遊び心のきいた場面となっている。
職場で腹の虫と笑いをこらえながらの読書となった。

時々、只次郎に「気品」なんて言葉が添えられていると、え!?と思ってしまう。
失礼な話であるが、只次郎の愛嬌のばかりに目が行くものだから、ちゃんとした二本差しってところを忘れてしまっているのだ。
思い切り「う、まぁい!」と声をあげているほうが、私の中での只次郎らしい姿である。
すっかり、そうなっちゃった。

そのそうなっちゃった感じは、お妙さんも同様だったらしくて、只次郎が武士だということを思い出したり、見せかけ通りの人物ではないらしいと感じてはやきもきしたり、意地を張ってしまったり。
そういう少し面倒かもしれない女子っぽさに、お妙さんの素を感じて可愛らしく、微笑ましかった。
旨いものを食わせてやるという精神がひどく気に入っているので、このまま必殺技として定着してくれるといいな。

お勝さんがなんだか柔らかくなった気がするし、柳井殿が素敵である。
御隠居たちは元気であるし、升川屋夫婦もまだまだ初々しい。
裏店の顔ぶれもにぎやかで、今のところは平和なものだ。
例の事件をめぐっては、事件は動き出したものの、まだまだ二転三転しそうな波乱含みな終わり方をしている今回。
勢い、目が離せなくなっている。

ルリオがうっかり手放されることにならなくてよかった。ほっ。

2017.05.12

恋歌

朝井まかて 2013 恋歌 講談社

苛烈で凄惨。
歌は、その歌だけで味わうのもよいが、背景が加わることで更に輝きを増す。
それが命がけで詠まれたものであるなら尚更、背景を知ることが意味を知ることになる。
幕末の時代から明治を生きた歌人、中島歌子の生よりも、その時代の描写に圧倒された。

明治維新は江戸城の無血開城で成ったとはいうが、施政者がただ単に交代しただけではなかった。
なにも江戸城や京の都だけで起きた大事件ではなく、その時代に住む人の生活をあちらこちらで大きく変えるものだった。
たとえば、髙田郁『あい:永遠にあり』も江戸城の外で展開される幕末であったが、主人公のあいは中島歌子に比べればまだ穏やかな人生であった。
二人を決定的に分けるのは、あいが農民、歌子が商人の娘であったことよりも、夫が医師であるか武士であるか、それも水戸の武士であったかどうか、であるように思う。

登世という娘は、江戸の富裕な商人の娘として何不自由なく生まれ育った。
彼女が結婚した相手は水戸藩士。
当時、水戸の藩士は天狗党と諸生党に二分して政権争いをしていた。
その争いは、積年の恨みとなり、血で血を洗い、骨を相食むことになる。
戦闘の表舞台に登世があがることはないが、武士の妻女として投獄されて悲惨を味わう。
食べものを十分に与えられず、寒いなかに捨て置かれ、傷病の手当ては受けさせてもらえない。
身分の高い家の子どもともなれば、趨勢が決まった時に目の前で斬首されていく。
そんな悲惨を味わう。

これのどこが、アウシュビッツと異なるだろうか。
明治維新は、ほんのたった150年ほどの昔のことだ。。
当時は当時の教育があり、知性があり、理性はあっただろう。
しかし、人は残酷になれる。どこまでも冷酷になれる。野蛮にはきりがない。
日本人は礼儀正しいとか、武士は高潔だったとか、思いたがる人たちもいるけれど、例に漏れず、こんな野蛮な歴史をちゃんと抱えている。
この野蛮さは過去もあり、現在もある。現在だって、残念ながらしっかりとある。
尊皇攘夷を謳った人たちが維新後に先を競って欧米に倣おうとした皮肉と矛盾も、今も大差がない気がする。

この物語、導入と結びの仕掛けも素晴らしい。
一人の歌人の手記を通して、歌しか抱きしめることができなかった恋と、歌しか残すことができなかった人々が語られる。
そして、歌を命がけで詠むような時代ではなくなってしまった世界に、歌ではないものを残していく。
いとしい人は、どうして先に死んでしまったのか。
厳格に追求すれば騒乱が起きる元。相手が滅ぶまで追求しあう男達の対立を、人を愛すること、人を知ることで、ささやかに解決を図ったのは女達だった。
忘れられない愛しさだけが憎しみを超えて、復讐を恐れて手加減できなくなる愚かしさを、終わらせることができたのだ。
心のままに生きることの難しさ、共に死ぬことの難しさが切なかった。

2017.04.25

ちゃんちゃら

朝井まかて 2012 講談社文庫

庭師の仕事は空仕事。
なんて素敵な表現だろう。
まかてさん初読みである。

元気のいい庭師一家の物語だった。いなせで、憎めないというよりも、心憎い。
お侍が刀を振り回すわけではない、江戸の職人達の生活を感じるほうの時代劇だ。
庭師の親方である辰蔵の娘のお百合と、辰蔵が拾って職人に育てているちゃら。
この二人を中心に、5つの庭をめぐりながら、物語が進んでいく。
なにしろ、ちゃらの成長物語と思いきや、大きな事件がでーんと中央に構えている。
この二本の柱があるおかげで、先を急いで読まずにいられなかった。
和風の庭園の作法に詳しいわけではないが、草木には少しは馴染みがある。
といっても、思い浮かばない植物があれば、検索しながらというのも面白い。

浅い池と築山、三尊石を置いて、春の風の匂いを味わえるように按配した千両の庭。
料亭の女将が依頼主の、蘇鉄や棕櫚、芭蕉が植えられた南蛮好みの庭。
老夫婦のための、古里の庭。いかにもな庭作りから脱却した、自然の景色を活かした庭だ。当時の江戸には自然の雑木林が残っており、それを伐採して狐狸を追い出す悲しみをちゃらが知る場面、よくぞ書いてくれたと思う。
祈りの庭。主人公達がよく出入りすることになる寺のために普請する庭を通じて、庭とはなにか、改めて問いかけてくる。これが、第三の柱だ。
そして、名残の庭へと続くわけであるが、私にとって、この見え隠れする第三の柱が胸を打った。

絵に描いたような理想論があるとする。
その理想論に沿った施策は、しかし、人を必ずしも幸せにするとは限らない。
理想に人を従わせるのではなく、その理想を作り上げた始祖たちの思いを馳せてみるとよい。
理想の高さを盾に、理想に従えない人を切り捨てず、打ち据えず、人が思い描く理想に耳を傾け、心を通じさせることが大事ではないのか。
人は自分に繋がる配慮があって、初めてくつろぐことができる。
自分のためにと祈りをこめられた営為にこそ、人を幸せにする力があるように思うのだ。
庭という表現方法を取り上げながら、そこには、人としての生き方や祈りのありよう、幸せのありようが問われていく。
木を植える人は平和を作る人である、と、ベトナムの人から教えられたことを思い出した。

テンポもよくて面白い。胸もすくし、しんみりとする。
そんな素敵な読み応えのある小説だった。

2017.04.21

ふんわり穴子天:居酒屋ぜんや2

坂井希久子 2017 時代小説文庫

美人の未亡人が商う居酒屋ぜんや。
そのお妙にぞっこんの、武家の次男坊の只次郎。
二人それぞれが主人公を務める短編集だ。

お妙にはお妙の事情があり、物思いがある。
只次郎はには只次郎の事情があり、物思いがある。
そのあたりは面白みを感じるところである。

時代考証など、自分はそれほど詳しくないけれども、少し首をかしげることはある。
たとえるならば、テレビの時代劇を見ているような感覚なのだ。
江戸時代の風俗ならではの奢侈を禁じた改革であるとか、棒手振りたちの呼び声であるとか、遊女の書いた起請文であるとか、細工や仕掛けは色々と講じてある。

主人公の只次郎が士分の身分にこだわらないことと、現代的なくだけた言葉遣いで統一してあることから、時代背景に思いを馳せることなく読むことができる。
江戸時代っぽいいつかぐらいの雰囲気を味わうことができ、時代劇に慣れていない人にも読みやすい。
逆に、時代劇に慣れていると、いささか物足りない……こともあるかもしれない。
その点、歴史小説ではなく、時代小説、時代劇と思えばよいかも。

前巻で人間関係はだいたいできあがっていたので、お妙を魅力的に描くところは少なめであるが、代わりにお妙の内心を描く部分が増えた。
只次郎よりもお妙のほうに主人公がうつったかと思うぐらいだ。となると、只次郎がお妙の料理に舌鼓をうつ場面も前巻に比べて控えめに感じたのである。
気楽に読めるのはよいところなのであるが、料理のところとなると、二番煎じの感を禁じえないところが、損をしているかもしれない。

だが、未亡人となり、独居している女性ならではの生きづらさを描くことで、登場人物が活き活きとしている。
妙に志乃、栄、それぞれの生きづらさが一番の読みどころのように思った。

2017.02.21

あきない世傳 金と銀3:奔流篇

髙田 郁 2017 時代小説文庫

あほぼんな若だんさんが死んで、その弟である惣次から求婚された幸。
断れるような立場ではなし、かと言って、惣次は勘気なところが心配な人。

話の続きが気になっていただけに、一気に読んだ。
やっぱり……と残念な気持にもなるが、夫婦仲良くめでたしめでたしでは、話が続かなくなる。
幸には幸せになってもらいたいだけに、複雑な気分で読み終えた。
ネタばれにならないようには、これぐらいまでしか書けない。

物語は横に置き、今回、楽しんだのは江戸時代の大阪の情景と町衆達のつつましやかな生活ぶりである。
人と建物しか視界に入らない生活を送りがちになるが、目を向けていないだけでそこには花が咲き、耳を傾けていないだけでそこには鳥が鳴いている。
一筆啓上とさえずる頬白の声は初夏の響き。雁の初音は秋の訪れ。そこに引き売りの声が重なる。
月が満ち、また、月が欠け。着物に綿を入れたり、それを脱いだり。人は季節を感じ、愛でる。
季節が駆け足で流れ行く様子の情景描写が丁寧で、五感に訴えてくる。そこが美しくて、とても素敵だなぁと思った。

ここに描かれている身近な自然は、実は今も身近で感じられることが多い。
呉服の美しい色合いに慣れていくのも楽しいが、物語の景色が現実にある現在と繋がっていることを感じるのも一興だと思う。

ネタばれになるが、最後にやっぱり一言。
五鈴屋にはあほぼんしかおらんのかーっ。

より以前の記事一覧

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック