2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

# ここでないどこかで

2017.11.16

魔導の矜持

佐藤さくら 2017 創元推理文庫

敗走戦が一番難しいと聞いたことがある。
逃げることもまた戦いである。

シリーズ3冊目となる今作の主人公を誰か一人と決めることが難しい。
デュナンという少女の逃避行から目を離すことができなくなる物語。
魔導士への弾圧が厳しくなるラバルタで、魔導士の見習いであるが落ちこぼれ。
人とは少し違うことを苦にして、自信を持てずにいる女の子だ。

そのデュナンが、妹弟子・弟弟子らを連れて逃避行をすることになる。
一緒に旅をする仲間に、1作目と2作目の登場人物たちも加わって、いくつもの運命が絡み合いながら、あの戦いの後の世界が紡がれていく。
それぞれの立場、それぞれの悩みや苦しみ、それぞれの戦いを見ていると、どの人物たちも愛しくてたまらなくなった。

これは、ディストピアを救う物語ではないが、ディストピアで生き延びる物語だと思う。
苦しくてしんどくてたまらないときに、思いがけない一言やささやかな出会いが、許しや癒しになることがある。
生き延びることができたとき、世界には悪いことばかりではないと気づく。たとえ、世界はなにも変わっていなかったとしても。
生きのびることだけ頑張れたら、きっと、なにかいいことだってあったりする。
頑張って生きていない人間なんていないのだから、誰にだってそんなことがあるかもしれない。
世界は悲惨がいっぱいのままではあるが、きっと主人公達はこれからも生きていく。

ともに戦う誇らしい仲間を得たような気持ちで読み終えた。
晴れやかなような、爽やかなような、少し胸を張って、前を向いて、姿勢を正したくなるような気分だ。
あなたはあなた。自分は自分。そのままでいいと、登場人物に呼びかけたくなる声は、周り回って読み手に戻ってくる。
落ちこぼれなどない。人はそれぞれ違っていていい。字が読めなかろうと、人と違う力を使えようと、人と感じ方が違っていようと、それはそれでいい。
登場人物たちの成長のきっかけを描く物語であり、そこに触れて帰ってきた読者自身が、隠れ世に行きて戻りし体験をする主人公になるだろう。
私はこのシリーズが絶品のファンタジーであり、王道のファンタジーであると思うのは、この点だ。

『系譜』や『福音』の主人公たちの成長を見守ることができるから、先にそちらを読んでから、この『矜持』を手に取ってもらいたい。

 *****

作者の方に謝りたくなることが一点。
私は文章を読むときに、映像を思い浮かべずにいられないたちだ。
この本を読むのと前後して、DQ11の真エンディングをようやく見ることができた。
そのせいか、フェリクスの登場する場面を想像する時に、思わず、ホメロスを思い浮かべてしまったのだ。うん。あのホモロスだ……。
色々と頭の中の想像が間違った方向に行ってしまいそうになりました。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
でも、言わずにいられなかったんだw

2017.09.21

紅霞後宮物語 第零幕:2、運命の胎動

雪村花菜 2017 富士見L文庫

ようやく文林が登場し、未来の夫婦が出会う巻。

小玉が順調に軍のなかで活躍し、頭角を現しつつある時期の物語である。
なんでこの人、皇后になったんだろう?という戸惑うことになった。
こんなに軍人としての適性を発揮していくのに、なんで後宮にいなければならないのか。
本編の第一巻の主人公の戸惑いを、今になって私が感じた。

と、同時に、文林よ、彼女をくれぐれも大事にするんだよ、と言い聞かせたくなった。
大事にしたくなっているとか、言うている場合じゃない。
大事にするんだ。しなければならない。それぐらいの傑物だぞ、と。
この第零幕を読む限りにおいて、あんなにこじれなくてもよかったのに、と思っちゃう。
相手が小玉ならば、仕方ないのだろうか……。

小玉と明慧が二人並ぶ景色を見られたのはよかった。
楊三郎氏が意外にも出番があったのも嬉しかった。
著者の方が精力的に書いてくださるのも、読者としては嬉しい限り。

2017.09.05

砂漠の歌姫

村山早紀 2006 軽装版偕成社ポッシュ

世界の美しさと人の愚かさを、優しく包み込むような物語だ。
子ども向けに描かれた本であるが、だからこその語り掛けの穏やかさが心地よい。

砂漠の中の古い歴史を持つ町が舞台だ。
その大陸の長い歴史を背景に、少女たちの冒険が始まる。

戦う女の子を応援をしたい。
そんな気持ちで次に手に取ったのが、この本だ。
ファンタジーを読みたい気持ちに火が付いてようやく読みはじめた。
読み始めてしまえば、子ども向けだろうと、大人向けだろうと関係ない。
見知らぬ街で一人、歌姫になる学院の生徒として生活しなければならないユンと共に、冒険にのめりこむだけだ。
魔法の水晶に地下迷宮。年を取らぬ不思議な先生。飛竜の乗り物。古の預言と契約。
魅力的なアイテムがこれでもかと出てきて、わくわくする気持ちを抑えられなくなった。

その最後まで、とても好みの一冊だ。

村山さんの物語は、戦う女性が多い。
イザも、ファリサも、どちらも魅力的なお姉さん達だ。
かっこよくて、少し影があって、美しくて、信念があって、頼もしくて、結構、武闘派。
こんなかっこいい大人の女性に自分がなれているかはわからないけれども、ユンの目線で彼女たちに憧れて見たり、リアルな自分の眼差しで彼女たちを可愛らしく微笑ましく見てみたり。
自由の歌を口ずさみ、勇身を右手に、優しさを左手に握りしめ、自分の心と頭で感じて考えて生きている。
男性が不在というわけではないが、女の子たちだって主人公になって冒険したいのよって元気のよさを感じる。
女の子たちだって、主人公になって冒険していいんだよって、励ましが詰まっている。

2017.08.29

レッド・クイーン

V・エイヴヤード 2017 ハーパーBOOKS

これは面白い。

レッドとシルバーの二つの階級に分かれた世界。
レッドは働いたり、戦うことを求められる下層の階級で、赤い血を流す普通の人間。18歳になって職業についていないときには、徴兵されて5年の軍役につくことになっている。
シルバーは恐怖でレッドを押さえつける上層の階級で、銀色の血液が流れている。王侯貴族から、町の中に住む市民層まで。彼らは冷酷であると同時に、不思議な力を持っている。

シルバーの持つ力は様々で、炎を燃やすバーナー、緑を育てるグリンワーデン、水を操るニンフ、影を操るシャドウ、金属を思い通りにするマグネトロン、腕力をアップさせるストロングアーム、どんな傷も治すヒーラーなどなど。
魔法使いのようにも見えるとこれはファンタジーだし、超能力者だと思うと途端にSFのように読むことができる。
彼らの戦いはビジュアルに訴えかけてくるものであり、描写は読みながら映像として目の前に立ち現れるようだった。

そんな階級社会のレッドに生まれた少女メアが主人公だ。18歳の誕生日を間近に控え、兄たちと同じように徴兵されるだろうとあきらめている。
メアが村で出会った青年がきっかけで、シルバーの中でもハイクラスのシルバー、よりにもよって王宮で務めることになり、メアが特別なレッドであることがわかる。
そんなあらすじだ。

Kindleで無料試し読みになっており、無料というところにつられてダウンロードして読み始めた。
この試し読みは冒頭の数章のみで、続きを読ませろぉぉぉっというところで、上手に「続きは製品版で」となっている。
本屋さんに探しに行くのももどかしく、全体を購入し、ダウンロード。
うまい商売である。
続きを一気に読んだところ、やっぱり、続きを読ませろぉぉぉぉっ!はよ!!ってところで終わっていた。
どうやら三部作とか四部作になるらしい。

戦う女の子を応援したい読み手としては、これはかなり美味しいシリーズになる予感。
粗野な下層階級出身でスリで糊口をしのいでいたできそこないの娘であるメアが、この先、どんな大人の女性になっていくのだろうか。
クイーンにふさわしい女性となっていくことを期待する。

2017.06.21

紅霞後宮物語 第六幕

雪村花菜 2017 富士見L文庫

最後の一行がいい。

それに尽きる。
感想がそれしか出ないぐらい、いい。読んでよかった。
いまいちすっきりしなかった前巻の意味も、あとがきを読めば納得。

ここから戦争に出陣していくわけであるが、ここまで話が続くとは思わなかった。読めるとは思わなかった。
物語の中には時間の流れがちゃんと存在しており、登場人物たちの成長や老化が感じられる。
この先、だれが生き残るのか。
伝説になるぐらいだから、小玉の活躍はたぶん約束されているのだろうけども、死んでいくであろう人々を思うと、少しためらう気持ちがある。
しかし、この夫婦、やっとここまで成長してきたので、引き続き見守りたい。

ほんと、こういう主人公、好きだよなぁ。
戦う女性が主人公の物語は好物なのだが、この最後の一行はかなり好きだ。
キャサリン・アサロ『スコーリア戦史』のソースコニーの名台詞と並べておこうと思う。

2017.05.13

はるかな空の東

村山早紀 2017 ポプラ文庫

今よりも幼かった頃、ここではないどこか、自分ではない自分に憧れを持ったことがある。
本当はどこか違う場所に、居場所があるのではないか。
自分でも知らない何か特別なものを、自分は持っているのではないか。
そんな憧れを持ち、空想の翼を広げることを、この物語は間違いなく助けてくれる。
豊かな想像は、子どもの心を自由で柔軟で、活き活きとした精神に育ててくれるのだと思う。

子どもがほんの少し大人になり、大人は子どもを取り戻す。
それがファンタジーの精髄だと思う。
村山さんの言葉は、想像の世界を歩き始めた子どもの手を優しく取り、安心感を与えながら案内してくれる。ナルの旅につきそう水晶姫のように。
あるいは、この旅路を歩んだことのあるかつての子どもに、旅の面白さ、命の尊さ、仲間の素晴らしさ、世界の美しさを思い出させてくれるだろう。
問答無用で放り込まれた世界で、運命にもてあそばれるのか、運命を自分で選び取るのか。
教えられ、助けられ、慰められ、励まされ、鍛えられ、いつしか、道行は自分の旅になる。

たくさんの人に愛されてきた作品であると聞いている。
今回、文庫化されたことで、私も読むことができた。
光と闇の対決であり、剣と魔法の物語であり、幻獣と精霊のいる世界で、歌が最強なのがいい。
敵を殺す剣や魔法ではなく、人のために祈る歌が鍵になるのが、とてもいい。
文章では音楽は再現できないが、読み手の耳に、胸に、きっと歌が響き渡る。
はるかな世界、その空の東に夜明けを迎えるような、美しくときめく物語。

本を閉じてからも、主人公達の旅は続き、読み手はその旅に思いを馳せてきただろう。
新たに書き足されたという最終章であるが、そこだけでも、本数冊分になりませんか?とびっくりした。
これはきっと単行本を既読だった人たちには、衝撃ではなかろうか。
そして、私は、いつでも、本を開けば、この世界を旅ができるのは、なんて素敵な魔法だろうと思った。

2017.04.15

ライオンと魔女と衣装ダンス:ナルニア国物語2

C.S.ルイス 土屋京子(訳) 2016 光文社古典新訳文庫

私にとっては世界一の物語だ。
映画は見たが、大人になって初めて読む。
今、この時に読むことで、この物語の背景には戦争があることを、ひしひしと感じた。

遠い昔。
初めてこの本とであった時、それはDQ2をプレイしたあとで、ファンタジーの洗礼を受けた後だった。
寝る間を惜しんで本を読むのは初めてのことだった。
目の前に新しい世界が開ける。飛び切りの美しい景色。
アスランのかっこよさ。魔女の憎々しさ。
主人公達と一緒に冒険をするように、世界に引き込まれた。

その冒険を、こうして新訳を読むことで、再び体験することができた。
初めて読んだ時よりは、今のほうが植物の名前を知り、イギリスの景色を見て、食べ物を味わったことがある。
もぐりこめるようなたんすとは中々出会わなかったが、押入れの中にはもぐりこんでみたものだ。
ターキッシュ・デライトを食べてみたことだって、もちろんある。試してみたくならなかった人がいるだろうか。
セピア色になって輪郭もおぼろになっていた古い写真が、時間を巻き戻して鮮やかな色合いを取り戻し、動き出していくかのように、目の前に蘇っていった。

戦争中、田舎の邸宅に疎開してきた四兄弟。
ビーバーさんの言葉やタムナスさんの行動、そこかしこに、戦争の臭いがしている。
スパイの容疑をかけられる。人権も裁判もなにもなしに一方的に裁かれる。目をつけられないか、司法や権力の気を損ねないか、びくびくしながら生活する。
戦場でピーターが青ざめたり、吐きそうになることにも、リアリティが漂っている。
ここでは誰も笑わないって言い方は、笑われる場合があるってことで、それは物語の外の現実しかありえないではないか。

この物語は、書き手のルイスがつらい時代を知っていたから、物語ることができたのだと思う。
暗くつらく厳しい時代に、子ども達の心を守るように紡がれた物語なのだと思う。
大人が子どもに話しかけるような口調に安心しながら身をゆだねるように、つらい現実から異なる世界へといざなわれ、活き活きとした心を取り戻す物語なのだ。
今こそ、必要な物語だと思う。

2017.03.16

魔導の福音

佐藤さくら 2017 創元推理文庫

面白かった。このことを最初に書いておこうと思う。
新たな登場人物も多く、さまざまな要素が詰め込まれており、とても一言では語りつくせない面白い物語になっている。

ここに、リンズという薬がある。魔物が棲みついた人に服ませる薬だ。
エルミーヌでは、魔物棲みとわかった人は、速やかに神の許に還していた。つまり、殺していた。
現王が即位してから、魔物棲みの保護救済を謳い、殺すことではなく収容所に収容することにした。
その時に用いられる薬が、リンズだ。大量に摂取すれば死にいたることもある神経毒であり、摂取した者は生きる屍のようになる。
前作の魔導師たちが社会的に差別されてきたならば、近作の魔物棲みは社会的に抹殺されてきた存在だ。

そのような世界で始まる物語。主人公カレンスの人柄は温和で、真面目で、ある種の凡庸さと人のよさと持っている。つまり、特別な英雄ではない。
カレンスの周りに、魔物棲みとして殺される運命にある妹や、同性愛者であり破天荒な名家の令嬢であるアニエスなど、個性的で魅力的な登場人物が次々に出てくる。
特にアニエスは、多くの読み手に愛されると思う。文武両道に秀でている、元気がよくて美人な女性であり、学院唯一の女生徒である。アニエスは同性愛者であり、カレンスとも、その他の学生とも、恋愛関係になることはありえない。実に素敵な設定だ。
カレンスとアニエスが出会う学生生活は、それだけで一冊の物語になってよいほど、活き活きとしており、笑いもこみあげるほど、楽しくて愛しいものだった。
その部分、前作とはまったく違う雰囲気を味わうことができ、著者の作風の幅を感じた。
この学生生活の部分で、前作に引けをとらない分厚さ、新しく出る登場人物や土地の多さに対する戸惑いもなりをひそめ、物語に引き込まれる。

しかし、幸せな日々は永遠ではない。
カレンスが学業を修めて、故郷に戻ったときから、物語は次のフェーズに入る。
再び妹の問題と対峙しなければならない。妹を見殺しにした自分の罪を、見つめなおさなければならなくなる。
魔物棲みとされた人々は殺されるか、リンズで眠らせられるわけであるが、私が思い出したのは『レナードの朝』であり、『カッコウの巣の上で』だった。
物語ではあるが、連想させられるものは深く、考えささえられる部分もまた、本書と著者の魅力だと思う。
後半での魔法描写や心理描写は前作を受けついで見劣りすることはない。
力は悪ではない。使い方の問題なのだ。使うことの目的が課題なのだ。
悪いことをしたとしたら、それはその人が悪いのか。そうさせてしまったのは誰か。草せざるを得なかったのは何故だ。
この著者のすごいところは、善悪の二元論に簡単には落ち込んでしまわないことである。
もちろん、ゼクスとレオンのコンビも途中から登場するし、これはどこに帰着するんだろうと先を急いで読まずにいられなかった。
三部作になると予定されている物語だが、そこに止まらずに著者の描き出す世界を追いかけたいものだ。

どんなに弱くてもいい。間違えてもいい。迷ってもいい。
大多数の「正しい」が自分にとって「正しくない」こともある。
死んだほうが楽に感じる日があったとしても、生きていくしかない。
自分が自分らしく生きる道を探しながらあがいている、登場人物たちの一生懸命さが愛しい。
ほかの道はないのか。それだけなのか。見落としていることはないか。できることはないか。
自分が背負うべきものをなかったことにしない。
あがいて、あがいて、先に進もうとする。
そんな勇気を思い出させてくれる物語だ。

なお、お気に入りはルシアン兄さまである。

2017.03.03

紅霞後宮物語 第五幕

雪村花菜 2017 富士見L文庫

前作で物語がひと段落がついた印象を受けたので、これからどうするのかと思っていたら。
途中で、あれー?どうしたー??と、予想外の方向に行きそうになり、それはそれでありなので微笑ましく読み進めたところ、やっぱり主人公達はぶれなかった。
ネタばれをしないように書こうとすると、どうにも意味のわからぬ文章になる。

小玉の抱える問題は、現代的で現実的だ。
キャリアを積んできて既に中年になった女性が、結婚しろ、妊娠しろ、出産しろといった社会一般からの期待に対して、その期待に応えることと職務を果たすことが両立しない。
自分の職務や役割、意味を見失いそうになったり、期待に応えられないことが苦しくなったり、こもごもの思いが浮かび上がる。
その中で、なにが最善か、見極めることは難しい。

以下の記述が端的だと思うから、引用する。

「お父さん、お母さん、そして子どもがふたりくらい。これが正しい家族です!」ということになっているために、そうでないかたちで生きている少数派の人たちは、どこかで「正しくないもの」とみなされがちです。
(東 小雪・増原裕子 2013 ふたりのママから、きみたちへ イースト・プレス)

小玉はこの「正しい家族」を求められている。本の中の世界でも、本の外の読み手にも。
小玉が文林と心身ともに仲睦まじく過ごし、二人の間に実子をもうけることができ、その子を育てながら、政治的な難局も解決していくような欲張りな物語であれば納得する読み手もあろうかと思う。
しかし、そうじゃないところに、私はこの小説の魅力を感じるのだ。

現代の知識として、35歳以上の初産婦および40歳以上の経産婦を高齢出産という。
35歳以降は卵子は老化して質が低下すると共に、卵胞内卵子数は急減する。
この卵子の老化に伴い、妊娠率の低下、流産率の上昇、染色体異常率の上昇が起きる。
すべて出産にはリスクが伴うものではあるが、高齢出産ではリスクが更に高いことは否めない。
したがって、架空の物語世界でいかようにも御都合主義な展開が可能であったとしても、そこで妊娠出産が無事に行えるか疑問を持つ小玉の感性は、もっともなものなのだ。

そんな正しい家族になれない、家族になりたいとも望まない、なにか欠けたる心を抱えている気がして、自分がだめな人間のような気持ちがよぎること。
そんな正しい家族になれない、出産の限界の年齢であったり、出産育児をしていると両立できない仕事をしており、その仕事ができなくなることが不安に感じたりすること。
そういう「正しい家族」に素直になれないもやもやした気分を、「正しい家族」の姿に綺麗に押し込めてしまわないところが、この物語の魅力であり、小玉の魅力だと思う。

小玉は子どもを作るために文林に嫁いだわけではない。
他の後宮の女性たちが子どもを作ることを期待されて、嫁がされたのとは一線を画している。
少なくとも、とうの小玉が、そう思っていない。彼女は軍人として、軍人のまま、嫁いだのだ。
だから、いつかこの二人が、子どもを作るためではない、二人だけの関係を温めていけたらいいなぁと思う。
それにしても、小説って楽しい。その思いをかみ締めながら、一気読みした。

2016.12.09

三千世界の鴉を殺し(17-20)

津守時生 2013-2016 ウィングス文庫

20巻が出ていると知って、久しぶりに読んでみようと思って購入。
振り返ってみると、17巻までは購入。でも、読んだのは16巻までだった。
積読山の中から17巻を探し出し、4冊まとめての読書を楽しんだ。
食事も睡眠もそっちのけ。こんな読書の仕方をするのも久しぶりだ。

もともと、面白いからこそ1冊があっという間に感じるシリーズだ。
会話が楽しいことが魅力のひとつで、その分、進度がゆっくりに感じていた。
だが、こうして4冊も一機に読むと、さすがに読み応えがある。
まとめて読むことで、分断されずに流れを理解できた。

物語りもきっと折り返しているのだろう。
この先の展開に少し見通しがつくような感じがした。
悪い意味ではない。物語のまとまりを感じたのである。
むしろ、見通しを持てるからこそ、今後が一層、楽しみになった。
見通しをいくら立てても、きっと予想外のことが起きるのだし。

改めて、登場人物が魅力的で、それぞれのかけあいが楽しい。
ツボは、クールに動揺するO2。
親世代の物語から読み継いできたのだし、続きも読んできたいな。

満足。

より以前の記事一覧

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック