2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

# ここでないどこかで

2017.03.16

魔導の福音

佐藤さくら 2017 創元推理文庫

面白かった。このことを最初に書いておこうと思う。
新たな登場人物も多く、さまざまな要素が詰め込まれており、とても一言では語りつくせない面白い物語になっている。

ここに、リンズという薬がある。魔物が棲みついた人に服ませる薬だ。
エルミーヌでは、魔物棲みとわかった人は、速やかに神の許に還していた。つまり、殺していた。
現王が即位してから、魔物棲みの保護救済を謳い、殺すことではなく収容所に収容することにした。
その時に用いられる薬が、リンズだ。大量に摂取すれば死にいたることもある神経毒であり、摂取した者は生きる屍のようになる。
前作の魔導師たちが社会的に差別されてきたならば、近作の魔物棲みは社会的に抹殺されてきた存在だ。

そのような世界で始まる物語。主人公カレンスの人柄は温和で、真面目で、ある種の凡庸さと人のよさと持っている。つまり、特別な英雄ではない。
カレンスの周りに、魔物棲みとして殺される運命にある妹や、同性愛者であり破天荒な名家の令嬢であるアニエスなど、個性的で魅力的な登場人物が次々に出てくる。
特にアニエスは、多くの読み手に愛されると思う。文武両道に秀でている、元気がよくて美人な女性であり、学院唯一の女生徒である。アニエスは同性愛者であり、カレンスとも、その他の学生とも、恋愛関係になることはありえない。実に素敵な設定だ。
カレンスとアニエスが出会う学生生活は、それだけで一冊の物語になってよいほど、活き活きとしており、笑いもこみあげるほど、楽しくて愛しいものだった。
その部分、前作とはまったく違う雰囲気を味わうことができ、著者の作風の幅を感じた。
この学生生活の部分で、前作に引けをとらない分厚さ、新しく出る登場人物や土地の多さに対する戸惑いもなりをひそめ、物語に引き込まれる。

しかし、幸せな日々は永遠ではない。
カレンスが学業を修めて、故郷に戻ったときから、物語は次のフェーズに入る。
再び妹の問題と対峙しなければならない。妹を見殺しにした自分の罪を、見つめなおさなければならなくなる。
魔物棲みとされた人々は殺されるか、リンズで眠らせられるわけであるが、私が思い出したのは『レナードの朝』であり、『カッコウの巣の上で』だった。
物語ではあるが、連想させられるものは深く、考えささえられる部分もまた、本書と著者の魅力だと思う。
後半での魔法描写や心理描写は前作を受けついで見劣りすることはない。
力は悪ではない。使い方の問題なのだ。使うことの目的が課題なのだ。
悪いことをしたとしたら、それはその人が悪いのか。そうさせてしまったのは誰か。草せざるを得なかったのは何故だ。
この著者のすごいところは、善悪の二元論に簡単には落ち込んでしまわないことである。
もちろん、ゼクスとレオンのコンビも途中から登場するし、これはどこに帰着するんだろうと先を急いで読まずにいられなかった。
三部作になると予定されている物語だが、そこに止まらずに著者の描き出す世界を追いかけたいものだ。

どんなに弱くてもいい。間違えてもいい。迷ってもいい。
大多数の「正しい」が自分にとって「正しくない」こともある。
死んだほうが楽に感じる日があったとしても、生きていくしかない。
自分が自分らしく生きる道を探しながらあがいている、登場人物たちの一生懸命さが愛しい。
ほかの道はないのか。それだけなのか。見落としていることはないか。できることはないか。
自分が背負うべきものをなかったことにしない。
あがいて、あがいて、先に進もうとする。
そんな勇気を思い出させてくれる物語だ。

なお、お気に入りはルシアン兄さまである。

2017.03.03

紅霞後宮物語 第五幕

雪村花菜 2017 富士見L文庫

前作で物語がひと段落がついた印象を受けたので、これからどうするのかと思っていたら。
途中で、あれー?どうしたー??と、予想外の方向に行きそうになり、それはそれでありなので微笑ましく読み進めたところ、やっぱり主人公達はぶれなかった。
ネタばれをしないように書こうとすると、どうにも意味のわからぬ文章になる。

小玉の抱える問題は、現代的で現実的だ。
キャリアを積んできて既に中年になった女性が、結婚しろ、妊娠しろ、出産しろといった社会一般からの期待に対して、その期待に応えることと職務を果たすことが両立しない。
自分の職務や役割、意味を見失いそうになったり、期待に応えられないことが苦しくなったり、こもごもの思いが浮かび上がる。
その中で、なにが最善か、見極めることは難しい。

以下の記述が端的だと思うから、引用する。

「お父さん、お母さん、そして子どもがふたりくらい。これが正しい家族です!」ということになっているために、そうでないかたちで生きている少数派の人たちは、どこかで「正しくないもの」とみなされがちです。
(東 小雪・増原裕子 2013 ふたりのママから、きみたちへ イースト・プレス)

小玉はこの「正しい家族」を求められている。本の中の世界でも、本の外の読み手にも。
小玉が文林と心身ともに仲睦まじく過ごし、二人の間に実子をもうけることができ、その子を育てながら、政治的な難局も解決していくような欲張りな物語であれば納得する読み手もあろうかと思う。
しかし、そうじゃないところに、私はこの小説の魅力を感じるのだ。

現代の知識として、35歳以上の初産婦および40歳以上の経産婦を高齢出産という。
35歳以降は卵子は老化して質が低下すると共に、卵胞内卵子数は急減する。
この卵子の老化に伴い、妊娠率の低下、流産率の上昇、染色体異常率の上昇が起きる。
すべて出産にはリスクが伴うものではあるが、高齢出産ではリスクが更に高いことは否めない。
したがって、架空の物語世界でいかようにも御都合主義な展開が可能であったとしても、そこで妊娠出産が無事に行えるか疑問を持つ小玉の感性は、もっともなものなのだ。

そんな正しい家族になれない、家族になりたいとも望まない、なにか欠けたる心を抱えている気がして、自分がだめな人間のような気持ちがよぎること。
そんな正しい家族になれない、出産の限界の年齢であったり、出産育児をしていると両立できない仕事をしており、その仕事ができなくなることが不安に感じたりすること。
そういう「正しい家族」に素直になれないもやもやした気分を、「正しい家族」の姿に綺麗に押し込めてしまわないところが、この物語の魅力であり、小玉の魅力だと思う。

小玉は子どもを作るために文林に嫁いだわけではない。
他の後宮の女性たちが子どもを作ることを期待されて、嫁がされたのとは一線を画している。
少なくとも、とうの小玉が、そう思っていない。彼女は軍人として、軍人のまま、嫁いだのだ。
だから、いつかこの二人が、子どもを作るためではない、二人だけの関係を温めていけたらいいなぁと思う。
それにしても、小説って楽しい。その思いをかみ締めながら、一気読みした。

2016.12.09

三千世界の鴉を殺し(17-20)

津守時生 2013-2016 ウィングス文庫

20巻が出ていると知って、久しぶりに読んでみようと思って購入。
振り返ってみると、17巻までは購入。でも、読んだのは16巻までだった。
積読山の中から17巻を探し出し、4冊まとめての読書を楽しんだ。
食事も睡眠もそっちのけ。こんな読書の仕方をするのも久しぶりだ。

もともと、面白いからこそ1冊があっという間に感じるシリーズだ。
会話が楽しいことが魅力のひとつで、その分、進度がゆっくりに感じていた。
だが、こうして4冊も一機に読むと、さすがに読み応えがある。
まとめて読むことで、分断されずに流れを理解できた。

物語りもきっと折り返しているのだろう。
この先の展開に少し見通しがつくような感じがした。
悪い意味ではない。物語のまとまりを感じたのである。
むしろ、見通しを持てるからこそ、今後が一層、楽しみになった。
見通しをいくら立てても、きっと予想外のことが起きるのだし。

改めて、登場人物が魅力的で、それぞれのかけあいが楽しい。
ツボは、クールに動揺するO2。
親世代の物語から読み継いできたのだし、続きも読んできたいな。

満足。

2016.11.18

魔法使いの塔(上・下):ヴァルデマールの嵐3

マーセデス・ラッキー 2016 創元推理文庫

ヴァルデマール年代記完結!

と書かれた帯にショックを受けつつ、読み始めた。
注意としては、これはやはり、これまでの刊行本をなるべく読んでからのほうが楽しめる物語だったと思う。

舞台は主に三箇所だ。
一つは、アーゾウの塔の遺跡。カースのカラル、マ=アルの記憶を持つアン=デシャ、美貌と癒しの魔力を誇るテレイドゥラスの<炎の歌>など。
次の一つは、ハードーンの町ショーナーだ。なぜかすっかりそこを統治しているトレメインを訪問するヴァルデマールの使者エルスペスと、テレイドゥラスの<暗き風>。
そして、三つ目は、東の帝国である。狼の玉座をめぐる皇帝チャーリスとその後継者メレス。
3つの舞台でそれぞれに物語が進む、これまでで一番入り組んだ物語。

あの人やこの人が、世界を既に去ったと思われていた人々が、次々に現れる。
大団円に向けて、オールスター勢ぞろいの勢いなのだ。
ということは、やっぱりこれで終わりに……?と切ない考えがよぎりながらも、手に汗を握りながら読み進めていった。

ついに、イフテルからもハードーンに向けて使節団が送られてくる。
これまでまったくの謎に包まれていた国イフテル。
その建国の歴史から伝統まで、魔法戦争シリーズのほうを読んでいると、あー!と声を上げたくなることだろう。
そうか、そういうことかと、いくつものパズルがはまるように、ピースがはまるように、世界がひとつの点に収束されているような感じがした。

読み終えて。
やっぱりこの後が気になるし、やっぱりこの世界が好きだし、やっぱり作者の物語が好きだし。
翻訳されていないものが翻訳されることを待ちつつ、作者さんが続きを書いてくれることを祈ろうと思った。

2016.10.14

魔術師のおい:ナルニア国物語1

C・S・ルイス (著)  土屋 京子 (翻訳) 2016 光文社古典新訳文庫

目の前に、景色が広がっていく。
これから冒険や探索が待っている。
ナルニア国の歴史が始まる瞬間だ。
その情景の美しさに、うっとりした。

子ども時代に読んでいるはずだが、内容をまったく記憶していなかった。
主人公の少年少女が天馬に乗って上空に駆け上る。
読み手まで、胸が躍り、心が舞い上がるような興奮を味わった。

世界が生まれ、そして終わっていく。
そこはとても哲学的であり、現代への警句を含む。
ルイスは親しみやすい口調であるが、物語の背後には深い思索がはりめぐらされている。
そこは、大人になって読んだからこそ、考えたり、感じられたりできた部分だ。
以前の訳が古くなってしまったため、今に生きている言葉で、子どもだけではなく大人もまた読めるような文章に訳してある。
言葉遣いそのものに違和感は感じないが、ナイアードやドリアードなど、ほとんど固有名詞のように憶えていたカタカナ表記の名詞は、できればそのままだと嬉しい。

シリーズの構成も、出版順ではなく、物語の中の時代に沿って編みなおされている。
だからこそ、新鮮な思いで、一冊目として、創世記であるこの巻を読むことができたのだ。
この美しい物語が、こうして訳が新しくなることで、今まさに子どもの人たちやかつて子どもだった人たちに、新しく読まれることがとても素晴らしいと思うのだ。
新しい物語が気になって気になって、先に進まずにいられない。次はライオンと魔女だ。
この機会に、改めて、新しい気持ちで、このシリーズを最後まで読んでいきたいと思った。

2016.09.30

紅霞後宮物語 第零幕 一、伝説のはじまり

雪村花菜 2016 富士見L文庫

小玉が皇后になる前のお話が読めるようになったことが嬉しい。
これは皇后になる前に、彼女はどうして軍人になったのかのお話だ。

本編の方で略歴は折りに触れて語られていたが、こうして一つの物語になると小玉がますますと活き活きしてくる。
平和な時代ではないから、小玉が選んだ職業が軍人であるから、殺伐とした部分もあるにはあるが、小玉に振り回されながらも彼女を可愛がる大人たちの様子が微笑ましい。

こちらのシリーズでは、皇后になるまでが描かれるとして、何冊ぐらいになるのかな。
いずれにせよ、どのように文林と出会うのか、少しは文林もいいことはあったのか、その辺りも含めて続きを待ちたい。

元気もテンポもいい会話には何度も笑わせられるが、まとまりもよく、非常に読みやすく楽しくて、不遜ではあるが、作者の方が腕が上がったなぁと思った。

2016.08.31

紅霞後宮物語 第四幕

雪村花菜 2016 富士見L文庫

4巻になり、なにやらここで一くくりだろうか。
明慧の死を招いた前巻の出来事を引き継いで、真相により迫ろうとする。主人公の小玉は相変わらず豪快であるし、テンポのよい会話にそれほどひきずられずに、物語はちゃんと進んでいく。
このあたりのバランスが程よいので、このシリーズは非常に読みやすい。
思わずくすりと笑ってしまうようなポイントは随所にあるが、話の筋は軽くない。
文林&小玉がどんな一派と相対してきたのかが、明らかになっていく物語だからだ。

政治が過ちを犯す時、独裁者の中ではなく市井の普通の人たちの無責任さの中に悪はあるのだと思う。
だから、悪の凡庸さというか、凡庸な人の中に悪を見出した時にぞっとする小玉の感性は正しい。
気づいた上で、自分自身を特別なところに棚上げしないで、しっかりと見つめて背負おうとするのは、本当にえらい。
現実において、なかなかできない姿勢であるように思うのだ。

出番の少ない文林であるが、現実的で計算高いのは悪いことではないと思っているので、今回のあれこれも、特に私の中で株を下げることにはならなかった。
むしろ、小玉不在だからこそぽろぽろと出てくる文林の素の驚き顔や本音のあたりが、かわいらしい。
もう少し、夫婦仲もなんとかなればいいのになぁ、と思うけど。
作者さんがどんな風にしていくのかを楽しみにしておこう。

ちょっぴり、失礼なことを書く。
その敵が、その敵への怖さが、小玉の感じている怖さが、なんだか物足りなかったのだ。
敵の狂気というものが、まだまだ手ぬるい、と思ってしまったのである。
私が物足りない感じがしたのは、すべての人の母になろうとした人のほうだ。この人のためになんでもかんでもやってしまうだけの説得力を、うまく感じられなかったのだ。
その人を母と思うだけで、その人のためになんでもかんでもやれちゃうような「純粋」な人を、あまり見かけたことがないだけかもしれない。
自分が母と名乗るだけで、子を自分の思い通りにしてもいいと勘違いしているような人を、母扱いしちゃいかんよ。
作中の人物達に説教したくなった。

2016.08.04

魔導の系譜

佐藤さくら 2016 創元推理文庫

やっと読めた。
ようやく手に入れることができた一冊である。とても感慨深い。
一気に読むよりも、じっくりと丁寧に読みたい。なにしろ、長い物語だ。
登場人物も多いし、各派勢力は入り乱れ、舞台もあちらこちらと移動する。
主人公は、一組の師弟。魔導士と呼ばれる特殊な力を持った者たちの物語だ。
これは師であるレオンの物語であり、同時に、弟子であるゼクスの物語だ。

こういうデビュー作を見つけて読むのは、私の楽しみの一つだ。
デビュー作というのは、その人が懇切丁寧に思い入れを込めて紡いでいるような印象を請けることが多い。

作り手たちの物語への愛情を感じると、それだけで、その本をかわいらしく、いとおしく思えてくるからだ。
だから、著者への応援の気持ちをこめて感想をつづれたらいいなぁと思う。
この本も例外ではないが、デビュー作らしい筆の硬さやつたなさは少なく、結局は、この先どうなるのだろう?と先が気になり、じっくりと読むはずがすっかり夜更かしになってしまった……。

魔法を持っていたら、どのようなことができるか、を、描いたものは多い。
しかし、感じ方が違うことを取り上げた作品はあまり見聞きしたことがないような気がする。
導脈といわれる器官を魔脈という魔法の力の流れに繋いだ時、魔法使いたちは世界をありありと感じる。
魔力の強さとしては三流であるが、だからこそ、独特な指導法で指導することができるレオンは、たとえるならば、世界を柔らかに感じている。
魔法の指導を拒絶してきた少年ゼクスはレオンに預けられることになるのだが、希代の強い魔力を有しており、その感覚は鮮烈である。
この描写は、読んでいて景色が目の前に広がるような、五感が目覚めるような感覚だった。

世界の感じ方の時点から違えば、理解の仕方、考え方もおのずと違ってくるはずである。
力を持って何ができるどころではない。力は目に見える結果であるが、その前提に、一般の人の目には映らないかもしれないが、違いがあるということで、生きづらさが違ってくる。
それはゼクスが持っているある種のハンディキャップにも共通している。はたから見ている分には気づかれにくいが、しかしそこに違いはあるのだ。
感覚そのものが違う。そんな体験に注目し、描き出す人がいたことには驚いた。その想像力がすごい。
しかも、魔導士は一般人と感じ方が違うというだけではなく、魔導士によっても感じ方が違うという多様性の設定が素晴らしい。

この世界の魔導士たちは、ヒエラルキーの下層に位置づけられているが、その中でも、ゼクスも、レオンも、幾重にもハンディキャップを背負っている。
世界が敵のように感じることは、迫害的な体験を有していたり、そうでなくとも思春期の前後にはそんな気分になりがちである。
逆に、世界には自分の居場所なんてないかのように、自分がだめな人間、無価値な人間に感じて息苦しく感じている人も、そういう時もあるだろう。
前者は、世界に対して挑戦する形で、自分はここにあるのだと叫びたくなるだろう。それがゼクスだ。
後者は、世界に対して献身する形で、自分はここにいてもいいと許して欲しいと懇願するだろう。それがレオンなのではないか。
どちらも生きづらいことにおいて、実は表裏一体の心情だと思うのだ。

不幸なこと、残酷なこと、凄惨なこと、理不尽なことが山盛りの世界で、人を憎むのはたやすい。
だが、その中でも悪いことばかりではなかったと気づく瞬間がある。自分の生き方が間違っていたと気づく瞬間もある。
自分が誰かに愛されていたことも、自分が誰かを愛していることも、認めることは時々とても難しいのだ。
自分が間違えていたことを認め、受け入れることなんて、ほとんどの大人にとっても難しいと相場が決まっている。
だからこそ、その瞬間は、とても尊くて、輝いていて、美しいのだと思う。
気づくと、泣きながら読んでいた。
特に心動かされた場面、気に入っている場面は、ネタバレになるので伏せておこうと思うが、ライトじゃないファンタジーも読みたい人や、生きづらさを感じている人にお勧めしたい。
誰かの役に立ちたい。それは、祈りのようなものだ。
自分の意味を探して悩む人に、きっと寄り添う一冊になるだろう。

解説がまたいい。

この著者は「デビュー作から追いかけていました」と自慢できる作家になります。きっと。(p.427)

私もそう思った。すでに執筆中であるという次作を楽しみに待ちたい。

2016.07.31

やさしい竜の殺し方 memorial

津守時生 2009 角川ビーンズ文庫

このシリーズは、終わったはずが後から後から増えていったような。
キャラの分だけ、物語は増えていくのかもしれない。
きっと、書き手の頭のなかで、キャラクター達がわいわいとにぎやかにしているのだろ。
それが垣間見える。

なんというか。
作者自身による公式アンソロジー?
一つは一つは楽しいし、懐かしいし、読み始めると引き込まれる。
その後もあれば、その前の話もある。
それぞれ、ファンにとっては嬉しいこともあるだろう。
想像していたところを補ってくれるような短編集になっているのだとは思う。

結構、好きな世界だったのではあるが、もういいかな。
大人の事情もあるのだと思うし、作者のサービス精神もあるのだと思う。
けれども、読み手の想像に任せる部分もあっていいと思うから。

それよりも、三千世界のほう、話が進んで欲しいなぁと切実に思うのでした。

オーリエラントの魔術師たち

乾石智子 2016 創元推理文庫

このシリーズ、文庫本になったら買おうと文庫化を楽しみにしていたのだが、近所の本屋さんで置いていなかったので、Kindleで購入。
中身は楽しめるのであるが、やっぱり、本は本の形で読みたいなぁ、と思いながら、ゆっくりとページをめくっていった。Kindleであるが。

4つの短編は、それぞれ別々の魔法を操る魔道師たちが主人公になっている。
文庫では魔法をこめた陶器を焼く陶工魔道師の話が一つ目である。これを読んで、魔道師もまた職人であるなぁと思った。
泥を器に変える焼き物は、そもそも、魔法みたいなものである。リアルの職人さん達の手仕事なんて、魔法としか思えないもの。
なお、この一遍は文庫書き下ろしだそうだ。
単行本に収録されていた「紐結びの魔道師」は本書には含まれず、『紐結びの魔道師』のタイトルで連作短編集が文庫で新たに出版されるという。

どの短編もとてもリアルだ。現実をファンタジーの文法で翻訳しているような、リアル世界を描いているような近しさがあった。
全体を通じて、オーリエラントの生活や人々の息吹を感じるような短編集になっている。
歴史に名を残す魔道師の物語ではないし、世界を変えるような魔法の物語ではないけれども、もっと市井の中にあって生活に根ざしている感じがした。

これまで私が読んできた4作のような大きな大きな物語の背景で、足下を支えるように、こんな生活世界が流れていることを教えてくれる。
いろんな種類、いろんな方法の魔法が世界にはあふれていて、ひっそりと心の闇を育てている。
その闇を見つめながら、自覚的に闇を育てていく「黒蓮華」と、無邪気を装いながら「闇を抱く」は、好対照をなしている。

作品によって、テーマや作風を色々と実験できるというのも、短編集の面白みであるかのように思う。
なにしろ世界は多様であり、おまけに、この作者のすごいことに、それぞれの短編は時代も違えば、地理も違うのだから。
その中で、様々な生き方を選ぶ人たちがおり、魔道師だからといって一辺倒に語ることはできないところが、面白さなんだろう。
オーリエラントの世界に入り込んで日常生活を送るような感覚と同時に、大物ではない一般人のちょっとした生きづらさが現実的だった。

物語自体は面白みを感じたが、やっぱり本は本で読みたいものだ。

より以前の記事一覧

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック