2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著者名索引

香桑の近況

  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 流浪の月 | トップページ | うき世櫛 »

2020.08.19

捨て猫のプリンアラモード:下町洋食バー高野

麻宮ゆり子 2020 角川春樹事務所

#NetGalleyJP さんで拝読。

1962年の浅草を舞台とする小説。
終戦から17年。
戦争孤児たちは働く大人になり、集団就職で地方から子どもたちが工場に送り込まれる。
街並みが大きく変わっていく東京の、孤島のように下町が取り残されたような場所。
洋服も手作りのお嬢さんがいたり、戦争から帰ってきた人たちがその話をできずにいる。
その時代の空気を味わう。

主人公の郷子は、17歳。
中学を卒業して、群馬から川崎の工場に集団就職した。
そこから、色々あって、浅草の高野バーで働くことになる。
文化ブランという名物のお酒を供し、洋食も出すので、女性や子どもも客として来る、そんなお店だ。

洋食は、きっと今よりもずっと御馳走だった。
今よりも手に入る材料も限られていた時代に思う。
レトルトや冷凍の食品はなく、インスタントな食品もなく、一つずつ、手作りしなければならない時代だ。
果物だって贅沢な高級品なのに、プリンにアイスクリームに果物が飾られたプリン・ア・ラ・モードは御馳走の中の御馳走だったに違いない。

2019年の大河ドラマ『いだてん』を思い出しながら読んだ。
浅草に行ったことはあるし、仲見世やあの周辺の景色を訪ねた時の記憶も呼び起こしながら読んでいて、ふと気づいた。
主人公たちは、私の両親と同世代である。彼ら、高度成長期を支えた人たちの年若い頃は、こんな時代だったのではないかと教えてくれていた。
もちろん、人によっては親世代ではなく、祖父母世代と重なるのかもしれないが。
日本にもこんな時代があったということを、想像しながら読んでほしい。

大人の欲望を満たすために子供は生きているわけではない。(p.169)

この言葉が、今現在にも一本ぴんと筋を通して繋がってくるように感じた。
集団就職という形で、消費された子ども達がいたこと。彼らがちょうど、もしかしたら70代ぐらいであること。
今現在の70代以上の人たちを見るまなざしが、少し変わると、やわらぐといいなぁと思った。
と同時に、今現在の子どもたちも、大人の欲望を満たすために消費されてほしくないことを、改めて思った。

猫とお料理の組み合わせなら、気軽に読めそうな気分で選んだ本だったが、時代背景とちりばめられたテーマに、私は重たさを感じたが、登場人物たちはけして暗くもないし、かよわくもない。
時代をたくましく生きようとしている人たちのさわやかな物語だった。

« 流浪の月 | トップページ | うき世櫛 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 流浪の月 | トップページ | うき世櫛 »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック