2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 時が止まった部屋:遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし | トップページ | かなりや荘浪漫:廃園の鳥たち »

2019.11.24

花咲く神楽坂:謎解きは香りとともに

じゅん麗香 2019年12月24日刊行予定 マイクロマガジン社ことのは文庫

するりと読める日常の謎を扱うミステリ。残酷な描写はないので、安心して読むことができる。
大柄で強面、感情表現の希薄な19歳、待雪が主人公。隣家に住む幼馴染のマリア。
待雪が、花屋の店長である薊と出会い、そこでアルバイトをするようになって、物語が動く。
薊とその兄の満作のイケメンぶりも物語のよいスパイスになっているが、様々な花と花言葉の蘊蓄も楽しい。

舞台となる神楽坂は、東京の街の中でも西北のほう、早稲田の近く。古くは花街として栄え、料亭も多いという。
地方に住んでいると地名しか知らないような場所であるが、町の詳しい地図を知らなくても、十分に読み進めることができる。
せっかくなら、東京に住んでいた時に足を延ばしてみればよかったのに、と思わないでもなかったが。

非常によく書かれている物語で、主役たちも魅力的である。
その点、シリーズ化されてもいいような一冊だと思う。
楽しんだうえで、あえて一点だけ、残念なことを付け加えておきたい。
それは、女性の登場人物たちが一様にステレオタイプにパートナーシップのことでしか悩んでいないことである。
もしも、薊や満作と張り合える「自分らしさ」を持つ女性が登場するなら、さらに次作は面白くなるに違いない。




#NetGalleyJP で拝読した、これから出る本。

« 時が止まった部屋:遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし | トップページ | かなりや荘浪漫:廃園の鳥たち »

小説(日本)」カテゴリの記事

# 江戸周辺」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック