2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« イナンナの冥界下り | トップページ | 白銀の墟 玄の月 第1巻・第2巻 »

2019.08.30

天空のミラクル

村山早紀 2016 ポプラ文庫ピュアフル
ほんの少し、不思議な力を持つ少女。
きっと少女の頃は、こんな不思議な力に憧れるものなのだ。
その頃に読んでいたら、きっと主人公と同じように唇を噛み締めて、気持ちを抑え込むようにして耐え、勇気をふるって戦ったことだろう。
大人たちの言葉を自分に話しかける言葉のように、心に刻みながら。
今、大人になってこの物語と出会った私は、主人公を守る守護霊のように肩越しからはらはらと見守るようにして読んだ。
小さなお嬢さんたちが、それぞれの精一杯で戦っている時、大人がしてあげられることは少ない。
その戦いは肩代わりができないものだから、はらはらと心配し、無事と成功を祈るしかない。
作者が大好きだったという物語は、優しくてまっすぐで、間違いなく風早の物語。
このデパートって星野百貨店?などと驚いたり、にやにやとしたくなる。きっとここはあそこに繋がっていて…とか。
この世界は思いがけない不思議がいっぱいで、この町の人はなんとなく慣れているから大丈夫よ、と、さやかに声をかけたくなった。
大丈夫。いろんなものたちが守って、見守っているから、きっと悪いようにはならないから。
それこそが、大人である作者から世界の子ども達へのメッセージであるように思った。
子どもは世界を守るなら、大人は、心ある大人は、子どものこころを守るんである。

 

« イナンナの冥界下り | トップページ | 白銀の墟 玄の月 第1巻・第2巻 »

小説(日本)」カテゴリの記事

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック