2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著者名索引

香桑の近況

  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« ほんとうの道徳 | トップページ | お江戸けもの医 毛玉堂 »

2019.07.08

フェオファーン聖譚曲(オラトリオ) op.1  黄金国の黄昏

菫乃薗ゑ 2019/08/28刊行 opsol book

国を倒す。
復讐と革命の物語だ。

ロシア風の名前と東アジア風の世界観、ヨーロッパ風の食文化や生活風土。
剣と魔法の物語であり、専制君主が君臨する王国、その宮廷を舞台とした物語だ。
ロジオン王国の貴族たち、魔法使いたち、騎士たちと、登場人物が多い。
長編となる物語の第一章であるが、意外なほど、登場人物たちの立ち位置が目まぐるしく変わる。
そのスピードが、読み手を引き込む力になる。建物や衣装など、想像の手がかりとなるような描写がもっとあればと思う反面で、このスピードを殺さないように冗長な描写は控えめにして、物語が展開していくとよいなぁと思った。

ありがちな異世界からの召喚の魔法に頼ろうとする、黄昏を迎えた国。
その幕引きを、主人公アントーシャはどのように成し遂げるか。
これはぜひとも続きが読みたい。
真っ赤な装丁も印象的であり、実物を手に取ってみたいと思っている。

#NetGalleyJPで読ませていただいた、これから出る本。楽しみだ。
著者と出版社の、これからの活躍を応援したい。

#フェオファーン聖譚曲オラトリオ #NetGalleyJP

« ほんとうの道徳 | トップページ | お江戸けもの医 毛玉堂 »

小説(日本)」カテゴリの記事

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほんとうの道徳 | トップページ | お江戸けもの医 毛玉堂 »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック