2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著者名索引

香桑の近況

  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A | トップページ | 亥子ころころ »

2019.05.27

極彩色の食卓

みお 2019年6月22日発売 マイクロマガジン社

口に入れるもの、目にうつるもの、耳に聞こえるもの、鼻をくすぐるものが、すべて心の滋養となって、2人の画家が再生していく。
食卓に並べられる料理の色彩の美しさ、四季を彩る部屋の美しさなど、挿絵はないのに目に浮かぶような、視覚の想像が存分に刺激される物語だ。
一年の時間が物語のなかで流れ、人々が変化していく。その物語そのものも、とても素敵なものとなっている。

絵に挫折した美大生の燕と、天才的な画家でありながら作品を発表しなくなった律子という年配の女性。
二人の関係は、性愛や恋愛ではなく、母子のようでいて姉弟のようでいて、絶妙の距離感を持って描き出さるところがいい。

何かを描きたしながら、人生は深まっていく。
一度ついてしまったものは、消したくても消すことはできない。
痕跡をいかしながら、より美しく色を重ね、絵を複雑にしていくことなら、できるかもしれない。
そんな希望に、心がとても満たされた。

主人公の燕の巣は、木にかけられるものではないけれど、そんな野暮は言ってはいけない気はする。
柏木というと、思い出すのは源氏物語だ。ここからは少し、ネタバレになるかもしれないが、連想をつらつらと書いていきたい。
柏木親子と律子は血縁関係にない。律子の本当の弟子となっていくのは燕だ。燕は柏木の陰に守られて育つ。
律子はその柏木に師事し、その情熱と技術は燕に与えられていくのだとするなら、夫は源氏。柏木は柏木。燕は薫だ。
律子が女三宮と重なって仕方なかった。老いの予感に頑迷になる源氏に若さと美しさで追い打ちをかけた女三宮。
柏木を拒み通すことができた女三宮が、祈りのうちに過ごし続け、老いていったとしたら、律子ではないか。
源氏物語は、香りと弦楽を伴う物語であるが、この『極彩色の食卓』は色があり、味がある。
美しくて美味しい、魅力的な物語だった。

#NetGalleyJP
#極彩色の食卓

« 大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A | トップページ | 亥子ころころ »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A | トップページ | 亥子ころころ »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック