2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著者名索引

香桑の近況

  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 極彩色の食卓 | トップページ | トロイメライ »

2019.05.30

亥子ころころ

西條奈加 2019年6月24日刊行 講談社

久しぶりの西條奈加さんの小説だ。
#NetGalleyJP さんで見つけて、ほくほくして申し込んだ。
こちらは『まるまるの毬』という前作があるそうだが、前作のエピソードは程よく紹介されているので、この本から読んでも十分に楽しめる。
江戸を背景に、美味しい和菓子と職人の矜持、親子の機微がよりあわさって、味わい深い。

西條さんの物語には、巨悪のようなものは出てこない。
少しずつすれ違ったり掛け違ったりしたものが、平凡なはずの毎日の中で思いがけない悲劇を生むことはある。
それぞれの人生の大事件を、心を込めて、頭を使って、丁寧に取り組むことで、もつれた糸をほどいていくのだ。
だからこそ、読み終えた時に気持ち良い感じが残る。

それにしても、旅行なり、出張なりで、それなりに出歩くのが好きであるが、お土産ものとして伝統的な地の和菓子に注目するのっていいなぁと思った。
特に、茶道が盛んだった土地では、今に伝わる銘菓も多いし、和菓子屋さん自体も多い。
今までも好きであれこれと食べてみたつもりではいるが、この物語の中には知らないものばかり出て来て、それを想像したり、調べたりすることもとても楽しかった。
こんな御菓子屋さんが地元にあったらいいのに。きっと常連になっちゃう。

自分自身が専門職としても一か所で働き続けていると、新しい技法や知識にうとくなっていることに気づき、愕然とすることがある。
自分よりもはるかに若い人が第一人者として華々しく活躍しているのを見ると、焦燥と渇望がないまぜになって湧き上がってくるのだ。
そんなことを感じたばかりだったので、主人公の治兵衛が雲平に対して抱く思いが、わがことのように感じた。
話し合いながら何かを作り上げていく喜び、面白み、楽しみが、今は得られていることが、改めて貴いと思った。
今、一緒に働いてくれている人たち、学び合う仲間たちを大事にしていきたい。

#亥子ころころ #NetGalleyJP

« 極彩色の食卓 | トップページ | トロイメライ »

小説(日本)」カテゴリの記事

# 江戸周辺」カテゴリの記事

## 今は昔:武士の世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 極彩色の食卓 | トップページ | トロイメライ »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック