2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著者名索引

香桑の近況

  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019.04.23

シェーラ姫の冒険(下)

村山早紀 2019 童心社

新しい国を1つずつ回りながら、宝石を1つずつ集めていきます。
シェーラ姫の冒険の後半は、びっくりするような出来事が待っています。

同じ目的を持つ、3つの勢力。
シェーラ姫とファリードとハイル。
孤高の魔法使いサウード。
元盗賊ハッサンとアリの二人組。
さあ、彼らのうちの誰がどうやって、宝石を全部そろえて、魔法の杖をつかむのでしょう。
誰のどんな夢がかなうというのでしょうか。

明るくて元気で可愛くて、心も明るくて元気で可愛いシェーラ姫は、笑顔と怪力の持ち主で最強の魔神の守護を得ていますが、大人たちと戦うには向いていません。
それに、彼女は自分のためではなく、自分の故郷を救うために頑張っているのですから。
だから、戦う理由がないのです。ただただ、助けたいだけ。守りたいだけ。

人は大人になると、大人の基準で物事を理解し、判断し、行動しようとしてしまいます。
打算であるとか、計算であるとか、現実的なものは、そういう大人の使う論理です。
そんな大人たちになってしまっていたサウードもハッサンも、ある意味、シェーラ姫に調子を狂わされてしまったのでしょう。
自分のことしか考えないあまりに竜になってしまった魔法使いと遭遇した時、そして、シェーラ姫が一番の危機に陥った時、サウードもハッサンもハシーブも、かっこいい大人たちに大変身するのです。
シェーラ姫が道すがらに出会ってきた色んな国々の大人たちも、危機が自分たちを脅かすからだけではなく、自分たちの代わりに戦っているのがシェーラ姫だからこそ、最大限の協力を差し出したのだと思います。

ああ、こんな大人でありたいな。
私はそう願っています。
できることはささやかであるけど、子どもを守ろうとする大人でありたいな。
その願いを、そのまま口にしてくれる大人たちがかっこよくて、大人になってから読んでいる私は胸がきゅうっとなったのです。
とりわけ、私は、ハッサンの大ファンになりました。
子どもの時に読んでいたら、きっと違っただろうけど。

この物語には、魔神たちが出てきます。
とても大きな力を持った不思議な存在です。
彼らは、まるで犬や猫のように、ひたむきに人間を愛してくれます。
あまりに一途だから、ちょっと切なくなるぐらい。
そして、先に逝ってしまった存在も、ずっと自分の一部として力を与え続けてくれることを教えてくれるのです。
とても、この作家さんらしいなぁ、なんて思ったりもしました。

子どもである人も、かつて子どもであった人たちも、この物語はけして誰も見捨てません。
寂しい人、つらい人、苦しい人、悲しい人、傷ついた人の心にも、シェーラ姫の笑顔が届きますように。

ああ。なんだ。
それって、サウードじゃないか。

2019.04.05

居るのはつらいよ:ケアとセラピーについての覚書

東畑開人 2019 医学書院

同業者の間で話題になっていた本だった。
自分より若い人が次々に専門書を書いていく。
そこに、少々の危機感や焦燥感を持ちながら、読み始めた。

私にデイケアの経験はないけれど、ここには、日常の臨床場面での風景がありありと描き出されていた。
臨床を知らない人に臨床がどのような営みであるかを伝えようとするとき、筆者が書いている通り、「論文の硬い言葉たちでは掬い取ることができなかった」(p.344)ことがある。
公立や合理性では割り切れないところにある、こういうもろくてあわくてやわからかくて曖昧なものを、壊れないように守る保護膜として、私は機能している。

心とはそもそも有象無象が跋扈するような混沌に居心地よさを感じるような、そういうものなんだと思う。
整理整頓された清潔な環境でしか生きられないようになると、強迫症状のような生きることの難しさを呈してしまうものだもの。
数式のように割り切った因果関係に落とし込めないような、変数が数多くある複雑な世界で生きるようにできているものなのだもの。
直線的な言葉では言い表しづらいことを描きだすために、この本はいくつものしかけを用意してある。
その思い切ったデザインや作りの結果、とても愛らしい外見に仕上がっており、学術書らしくないところがいい。

サブタイトルにあるケアとセラピーは、「いる」と「する」に呼応している。

ケアの基本は痛みを取り除いたり、やわらげたりすることだと思うのだけど、セラピーでは傷つきや困難に向き合うことが価値を持つ。痛みと向き合う。しっかり悩み、しっかり落ち込む。そういう一見ネガティブに見える体験が、人の心の成長や成熟につながるからだ。(p.176)

ケアとセラピーの配合は、それぞれの心理士によっても、場面によっても、ケースによっても変わってくるものだ。
私なら支持と介入を対峙させて自分自身の臨床を省みるし、ケアとセラピーに含まれるものや語の位置づけは少し違和感があったけれども、大きくわけてふたつの要素があること、それらの混在によって心理的な援助が成り立つことはまったくその通りだと思う。

なにより、心理援助職が優しいとは限らないことをさらりと書いているところに、にやにやとした。

「カウンセラー」という言葉には、優しいイメージがあるかもしれないけれども、僕らは安定や平和だけを大事にしているわけではない。それが貴重なものであることに異論はないけれども、時々平和が失われて、つらい思いをすることや葛藤することもまた、心にとっては重要であると考えている。(p.176)

この本は、デイケアを題材としているけれども、「する」に駆逐される「いる」の価値という意味では、とても普遍的な読み方ができる。

全部自分でやろうとしないで、人にやってもらう。お互いにそういうふうにしていると、「いる」が可能になる。「いる」とはお世話をしてもらうことに慣れることなのだ。(p.209)

たとえば、パートナーシップの問題を抱えやすい人の中に、じっとしていることに耐えられない人たちがいる。
付き合う前から付き合い初めの頃のワクワクドキドキで盛り上がった時から、穏やかに落ち着いた関係にシフトすることが苦手な人たちだ。
イベントごとなど、何かをしていないと安心できない。一緒にすることがなければ、一緒にいる意味がないと飛躍しやすい。
あるいは、相手のためになにかすることがないと、一緒にいてもらえないだとか、一緒にいる意味がないとか考えてしまう。
もしくは、相手が何かをしてくれることで、一緒にいていいと安心したり、一緒にいたいと相手も思ってくれていると確認したりするのだ。
相手の役に立たなければならない、必要とされなくてはならないという考え方は、「いる」ことが苦手な人の特徴だろう。
ところが、毎日まいにち、なにかイベントごとがあるわけではないので、何もすることがない日常に、焦ったり、落ち込んだり、不安になったり、じたばたとしてしまう。
そういう人たちの理解にも、この本は役立つだろう。

ケアすることでケアされる。ケアされることでケアする。それらは複雑に絡まり合った投影によって可能になるというのが「傷ついた治療者」という考え方なのだ。(p.214)

専門家が有償で差し出すサービスでさえ、このような双方向性を有しているのであるから、対等なパートナーシップあれば尚更、双方向性は意識したほうがよいと思われる。
相手をいたわりあうこと。
いたわりや気遣いを搾取するのではなく。

何もしなくていい。
ただ、いる、だけ。
ただそこに、共にいる、だけ。
相手の「いる」を守ること。自分の「いる」を守ること。
そこに価値があることを思い出す必要がある。

世界一美味しい煮卵の作り方:家メシ食堂ひとりぶん100レシピ

はらぺこグリズリー 2017 光文社

この本の大きな特徴はお料理ごとに予算が書いてあること。
外食で食べるときのお値段と見比べてみるとよいと思う。

そして大事な裏技が書いてある。

「料理なんて適当でOK!」

本当にその通りで、レシピ通りの材料が手に入らない時には違うもので代用したり、付け加えたり、減らしたり。
市販のものだって、どんどん取り入れて利用すればいい。
毎日の料理ってそういうものであることを踏まえた上で、もっと気軽に作ってみようよと提案する本になっている。
料理がなんだか小難しくて面倒くさくて、ハードルが高いと感じている人にお勧め。

タイトルから煮卵だけで一冊の本になっているのかと勘違いしていたので、私も驚いた。
これ一皿で一食になるような、ご飯ものや麺類が多いかな。
自分なりの味付けを探したり、栄養のバランスを考えるようになる手前の、まず作ってみるところから始める人を、これでいいの?と驚かせたい。

2019.04.01

エンド オブ スカイ

雪野紗衣 2019年4月22日発売予定 講談社

普通であること。正常であること。
それは、現代の日本において、必要以上に重視されている価値観のように思う。
過剰に縛られているのではないかとすら、思う。
もはや、呪いのように。

『エンド オブ スカイ』は雪野紗衣さんが書いたということで、読ませていただきたいと思った。
あの『彩雲国物語』とは、テイストが違うと思う人もいるかもしれない。特に序盤は私も文章の中の雪野さんらしさを探したほど、イメージが違う。
だが、中盤あたりから、ぐいぐいと力強く、主人公ヒナの背中を押してくる。
この力強さは、まぎれもなく、雪野さんのフレーバーを感じた。
それは不在の母親との母子葛藤であり、苦境を笑い飛ばしながらたくましく生き抜く人物像だったり、思わず噴き出してしまうほど愉快で優秀なだめな人物像だったり……。

未来を舞台にして、だれもが遺伝子レベルで設計された正常さを持ち得るようになった世界で、主人公ヒナは周りからどこか浮いており、常に自分は正常であるのだろうかと問い続けている。
彼女が出会った少年との物語は、近未来SFであり、不思議なロマンスになっている。
途中で似ていると思ったのは名作『夏への扉』だったが、読み終えてから思うのは、「天女の羽衣」であり、「浦島太郎」であり、トヨタマヒメの物語であり。
結ばれてはならない二人が結ばれる、古い古い神話やおとぎ話が思い出されてならなかった。
SFのなかに異類婚姻譚が生き返り、その形式を踏襲しながら、人とは何かをもう一度問いかけてくる物語なのだ。

人が違って見えるのは普通だが、それを「普通じゃない」と思うことは変なのだ。

作者は舞台を未来にしているが、こめられたメッセージは現在を生きる人に向けてのものに相違ない。
普通ってなに。正常ってなに。人間ってなに。幸福ってなに。
持って生まれた性別や民族で区別し、差別することの愚かさを指摘し、考えるようにうながす。
問題ってなに。障害ってなに。「障害がある」ってなに。
障害があることを人の優劣と勘違いするような犯罪が起きることもあるが、すべての人は「必要があって今ここにいる」。
人は違っていないといけない。多様性という生存戦略をとっくの昔に選んだ生き物なのだから。そういう観点から、人と違うことを堂々と肯定してみせるくだりは胸が熱くなった。

そして、人はいつか死ななくてはいけない。
死ぬことの意味まで見通しながら、生きることの意味を手繰り寄せる。
様々なヘイトに対する凛とした反論であると同時に、ありとあらゆる生を肯定し、今を生きのびようと力強く応援する物語。
もしかしたら、あの物語の仙人たちの物語であり、解答ではないのだろうか。
まぎれもなく、これは雪野紗衣さんらしい物語だと思った。

われらに生まれた理由などありはしない。ちゃんと死んで次と交代すれば、どんな風に生きたって遺伝子は気にしないのさ。子孫を残しても残さなくても、次に自分と違う存在が歩いてりゃ、それで世はこともなしだ。

#エンドオブスカイ #NetGalleyJP

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック