2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著者名索引

香桑の近況

  • 2018.1.4
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計378冊
無料ブログはココログ

« あきない世傳 金と銀5 転流篇 | トップページ | コンビニたそがれ堂 小鳥の手紙 »

2018.02.27

さくさくかるめいら:居酒屋ぜんや4

坂井希久子 2018 時代小説文庫

冬から春へ。
物語のなかの季節の移ろいにあわせて、お料理も変わる。
豆腐百珍もなかなか試す機会がないが、本を読んだ春先にぴったりの献立ばかりは、作ってみたいとメモを取った。
春牛蒡の南蛮漬けに、ふきと厚揚げの煮びたし、菜の花と馬鹿貝のぬた……。
ふきが手に入らなければ白菜か小松菜にかえて、馬鹿貝の代わりに浅蜊にすればよいなどと、自分で作りやすい献立に頭の中で入れ替える。
そんな料理を考える楽しみがいっぱいの、食テロ小説のひとつだ。

なるべく無駄を出さぬよう、献立を決めることに夢中になる。
そんなお妙の楽しみはよくわかる。
私は作っているうちに、ほかのものが派生してエンドレスになりがちであるが。
しかし、時は江戸時代。場所は江戸。
食材はともかくも、便利な調理器具はそれほどあるわけではなく、大量に料するのは大変だったことだろう。
作るのは楽しいが、ともかく手間がかかるのだ。こんなに作るって何時間立ちっぱなしなんだろうなんてことが心配になる。

他方、只次郎のほうにも、変化が起きたのがこの巻。
なんといっても、ライバル登場である。
なんのライバルであるかはここでは書かないことにするが、只次郎が少しずつ大人びてくるのを感じる。
とうに大人の只次郎よりも、姪っ子のお栄のほうが更に成長するので、林家の家族関係自体が落ち着いてきて、なんとも微笑ましかった。
せっかくならば、台所事情も落ち着けばいいのになぁ。

家族とシェアして読んでいるこのシリーズは、「うぐいすを飼っているお侍の」というと、母に通じる。
母は母で、「うぐいすのふんの」という。
ふん、は、ちょっと違うと思うが。
そのうぐいすであるルリオにも季節は廻っているようで、次の巻はまた波乱があるのではないかと思いながら閉じた。

« あきない世傳 金と銀5 転流篇 | トップページ | コンビニたそがれ堂 小鳥の手紙 »

# 江戸周辺」カテゴリの記事

## 今は昔:武士の世」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/73009358

この記事へのトラックバック一覧です: さくさくかるめいら:居酒屋ぜんや4:

« あきない世傳 金と銀5 転流篇 | トップページ | コンビニたそがれ堂 小鳥の手紙 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック