2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2018.1.4
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計378冊
無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017.09.26

ころころ手鞠ずし:居酒屋ぜんや3

坂井希久子 2017 時代小説文庫

旅先の本屋さんで偶然見つけた3冊目。
ついに例の事件が動き出す。
あの人の行方もわかる。

今回の私の一押しの料理は、なんといっても蒸し蕎麦。
なんじゃそりゃな話がとても楽しい。
美味しそうなのは表題の手鞠ずし、食べてみたくなったのはお雑炊であるが、インパクトの面では蒸し蕎麦。
とても遊び心のきいた場面となっている。
職場で腹の虫と笑いをこらえながらの読書となった。

時々、只次郎に「気品」なんて言葉が添えられていると、え!?と思ってしまう。
失礼な話であるが、只次郎の愛嬌のばかりに目が行くものだから、ちゃんとした二本差しってところを忘れてしまっているのだ。
思い切り「う、まぁい!」と声をあげているほうが、私の中での只次郎らしい姿である。
すっかり、そうなっちゃった。

そのそうなっちゃった感じは、お妙さんも同様だったらしくて、只次郎が武士だということを思い出したり、見せかけ通りの人物ではないらしいと感じてはやきもきしたり、意地を張ってしまったり。
そういう少し面倒かもしれない女子っぽさに、お妙さんの素を感じて可愛らしく、微笑ましかった。
旨いものを食わせてやるという精神がひどく気に入っているので、このまま必殺技として定着してくれるといいな。

お勝さんがなんだか柔らかくなった気がするし、柳井殿が素敵である。
御隠居たちは元気であるし、升川屋夫婦もまだまだ初々しい。
裏店の顔ぶれもにぎやかで、今のところは平和なものだ。
例の事件をめぐっては、事件は動き出したものの、まだまだ二転三転しそうな波乱含みな終わり方をしている今回。
勢い、目が離せなくなっている。

ルリオがうっかり手放されることにならなくてよかった。ほっ。

2017.09.21

紅霞後宮物語 第零幕:2、運命の胎動

雪村花菜 2017 富士見L文庫

ようやく文林が登場し、未来の夫婦が出会う巻。

小玉が順調に軍のなかで活躍し、頭角を現しつつある時期の物語である。
なんでこの人、皇后になったんだろう?という戸惑うことになった。
こんなに軍人としての適性を発揮していくのに、なんで後宮にいなければならないのか。
本編の第一巻の主人公の戸惑いを、今になって私が感じた。

と、同時に、文林よ、彼女をくれぐれも大事にするんだよ、と言い聞かせたくなった。
大事にしたくなっているとか、言うている場合じゃない。
大事にするんだ。しなければならない。それぐらいの傑物だぞ、と。
この第零幕を読む限りにおいて、あんなにこじれなくてもよかったのに、と思っちゃう。
相手が小玉ならば、仕方ないのだろうか……。

小玉と明慧が二人並ぶ景色を見られたのはよかった。
楊三郎氏が意外にも出番があったのも嬉しかった。
著者の方が精力的に書いてくださるのも、読者としては嬉しい限り。

2017.09.05

砂漠の歌姫

村山早紀 2006 軽装版偕成社ポッシュ

世界の美しさと人の愚かさを、優しく包み込むような物語だ。
子ども向けに描かれた本であるが、だからこその語り掛けの穏やかさが心地よい。

砂漠の中の古い歴史を持つ町が舞台だ。
その大陸の長い歴史を背景に、少女たちの冒険が始まる。

戦う女の子を応援をしたい。
そんな気持ちで次に手に取ったのが、この本だ。
ファンタジーを読みたい気持ちに火が付いてようやく読みはじめた。
読み始めてしまえば、子ども向けだろうと、大人向けだろうと関係ない。
見知らぬ街で一人、歌姫になる学院の生徒として生活しなければならないユンと共に、冒険にのめりこむだけだ。
魔法の水晶に地下迷宮。年を取らぬ不思議な先生。飛竜の乗り物。古の預言と契約。
魅力的なアイテムがこれでもかと出てきて、わくわくする気持ちを抑えられなくなった。

その最後まで、とても好みの一冊だ。

村山さんの物語は、戦う女性が多い。
イザも、ファリサも、どちらも魅力的なお姉さん達だ。
かっこよくて、少し影があって、美しくて、信念があって、頼もしくて、結構、武闘派。
こんなかっこいい大人の女性に自分がなれているかはわからないけれども、ユンの目線で彼女たちに憧れて見たり、リアルな自分の眼差しで彼女たちを可愛らしく微笑ましく見てみたり。
自由の歌を口ずさみ、勇身を右手に、優しさを左手に握りしめ、自分の心と頭で感じて考えて生きている。
男性が不在というわけではないが、女の子たちだって主人公になって冒険したいのよって元気のよさを感じる。
女の子たちだって、主人公になって冒険していいんだよって、励ましが詰まっている。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

Here is something you can do.

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者
  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック