2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 暗幕のゲルニカ | トップページ | 余命三年時事日記 1 »

2017.02.21

あきない世傳 金と銀3:奔流篇

髙田 郁 2017 時代小説文庫

あほぼんな若だんさんが死んで、その弟である惣次から求婚された幸。
断れるような立場ではなし、かと言って、惣次は勘気なところが心配な人。

話の続きが気になっていただけに、一気に読んだ。
やっぱり……と残念な気持にもなるが、夫婦仲良くめでたしめでたしでは、話が続かなくなる。
幸には幸せになってもらいたいだけに、複雑な気分で読み終えた。
ネタばれにならないようには、これぐらいまでしか書けない。

物語は横に置き、今回、楽しんだのは江戸時代の大阪の情景と町衆達のつつましやかな生活ぶりである。
人と建物しか視界に入らない生活を送りがちになるが、目を向けていないだけでそこには花が咲き、耳を傾けていないだけでそこには鳥が鳴いている。
一筆啓上とさえずる頬白の声は初夏の響き。雁の初音は秋の訪れ。そこに引き売りの声が重なる。
月が満ち、また、月が欠け。着物に綿を入れたり、それを脱いだり。人は季節を感じ、愛でる。
季節が駆け足で流れ行く様子の情景描写が丁寧で、五感に訴えてくる。そこが美しくて、とても素敵だなぁと思った。

ここに描かれている身近な自然は、実は今も身近で感じられることが多い。
呉服の美しい色合いに慣れていくのも楽しいが、物語の景色が現実にある現在と繋がっていることを感じるのも一興だと思う。

ネタばれになるが、最後にやっぱり一言。
五鈴屋にはあほぼんしかおらんのかーっ。

« 暗幕のゲルニカ | トップページ | 余命三年時事日記 1 »

# 京都界隈」カテゴリの記事

## 今は昔:武士の世」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

私も叫びたい!
『五鈴屋にはあほぼんしかおらんのかーっ。』
もうね、もうねぇ・・・ねーーっ!!
ネタバレなしということで、これしか言えないけど(笑)これに尽きるね、ホントにね。

ついつい幸やあほぼんのことばかりに目がいってしまったんだけど、確かに季節の移ろいが細かに描かれていて、そういう部分では楽しませてもらいました。

次巻、読むのが楽しみなような、ちょっと怖いような・・・。

すずなちゃん、どもども。
途中まではね、高田さんにしては珍しくない!?と思ったのですが……。
ほんと、叫びますよね。叫びましたよ。ぷんすか。

この後、どうなっちゃうんでしょうねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/69677042

この記事へのトラックバック一覧です: あきない世傳 金と銀3:奔流篇:

» あきない世傳 金と銀(三)奔流篇(髙田郁) [Bookworm]
シリーズ3作目。 五鈴屋の四代目徳兵衛の後添えとなった幸だったが、その徳兵衛が不慮の事故で亡くなり、弟の惣次が幸を娶ることを条件に五代目を継ぐと宣言。幸の決断は・・・。 [続きを読む]

« 暗幕のゲルニカ | トップページ | 余命三年時事日記 1 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック