2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« ギケイキ:千年の流転 | トップページ | 娘役 »

2017.01.21

コンビニ人間

村田沙耶香 2016 文藝春秋

胸が痛かった。
なんでこんなにばかにされないといけないのだろう。
なんでこんなに否定されないといけないのだろう。
なんでこんなに拒絶されないといけないのだろう。
なんで。なんで。なんで。

主人公の古倉さんははすごいじゃないか。
18年間、続けて勤務できていることってすごいじゃないか。
きっと休むこととてほとんどなく、黙々と淡々と働き続けることができる。
この人の精一杯の社会適応だと思うのだ。
それを、恋愛していないとか、結婚していないとか、出産していないとか、正社員じゃないとか、そんなことで、なんでこんなに責められないといけないのだろう。
そんなに「みんなと同じ」じゃないと許せないのか、と、問うている小説なのだと思う。

私のささやかな知見と照らし合わせて読めば、発達の偏りを持つ人たちの世界の感じ方を、よく表していると驚嘆した。
そうなのだ。こういう戸惑いや、こんなことが実際にあることを、私は見聞きしている。
古倉さんは、視覚情報よりも聴覚情報が優位で、聴覚の過敏さがあるのだろう。
いつも同じであることがその人の安心感に繋がっており、応用は苦手であるが、同じことをこつこつと繰り返すことはとても得意な人。
言葉を言葉通りに受け止めるため、ユーモアや冗談をうまく理解できなかったり、感情の交流がやや苦手だったり。
そういうアスペルガーなど、発達障害にありがちな世界の体験様式を擬似的に体験させてくれるすごい本じゃないかと思ったのだ。

さまざまな理由でなかなか就労が難しい人たちとお会いしてきた。
定型発達じゃないと、人でないかのような言い方を、なんの気なしにしてしまう人がいる。
しかし、ハンディキャップを持っている人たちを思い出すと、主人公の彼女がこんなにも働けていることがすごいよって、言いたくてたまらなくなった。
すごい、えらい、よくやっていると、手放して褒めちぎりたくなるのだ。
だから、どうか、よってたかって、そんな風に責めないでほしいと、つらくなった。

これって治るものじゃないんだよ。治すものじゃないんだよ。
人とは発達の進み具合が違ったり、発達の具合にでこぼこあったりするけれど、古倉さんは古倉さんのペースで発達していくんだよ。
人が得意なことが苦手だったり、人が苦手なことが得意だったり、誰しもでこぼこしているものだけど、そのでこぼこが大きめなのが、古倉さんの特徴なんだよ。
「治せ」という言葉で、その人らしさを否定や拒絶しないでほしいよって悲しくなった。

とはいえ、古倉さんを一番口悪しく責める白羽だって、たいがい生きづらい人物である。
口では大層なことを言うが、行動が伴わない。プライドだけは高いくせに。
できないこと、していないことが多すぎて、そこを批判されると独自路線な論を展開し、ますます周囲から拒絶され、孤立と無力に傷つきそうになると更に自己愛を肥大させることで傷つきをなんとか無視しようとする。
白羽の言葉はその他大勢の意見を悪し様な言葉で代弁したりしているから、彼をあざ笑う人は、彼に意地悪を代行させながら自分の本音は隠していい人ぶれる一石二鳥を得る。
不器用というか、奇矯というか、愛されないだろうなぁ。発達の問題もありそうだけど、人格の問題になるのかなぁ。
なかなか気の毒に思ってもらえないことで、生きづらさが報われにくくて、ますますこじれていきそうな人物だ。

それでも、白羽のほうが上手に普通の人のふりができるのだから、世界はとても不公平だ。
人間はみんな一緒だという幻想に固執している大きな一群があるが、いろんな生き方があっていいだろうに。
誰に迷惑をかけるわけでもなし、古倉さんなんて彼女の生き方でもって、お客さんの役に立ち、職場に貢献することもできているのに。
この社会はたやすく人を排除する。

古倉さんの感覚や思考に、共感できない人もいれば、否定したい人もいるだろう。
共感する人と、受容する人も違うように、いろいろな読み方、受け止め方があるのは当たり前だ。
当たり前だが、共感できなかった人にこそ、読んでもらいたい一冊なのだ。
こういう内的世界を抱えている人、こういう世界の感じ方をしている人がいるんだよ、ってこと。

私は出産も結婚もしておらず、常勤ではあるが正社員という括りではない職種であるから、あちらとこちらの区別の線引きには敏感である。
仕事という場を得て、やっと一息つけるようになったんだもの。職業アイデンティティが私を支えてくれている。
それでも、不幸じゃないのにね。

« ギケイキ:千年の流転 | トップページ | 娘役 »

**女であること**」カテゴリの記事

>小児・発達の問題」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

私も世間一般の”普通”と違う生き方をしているので、「みんなと同じ」じゃなくてもいいじゃないかー!と心の中で叫びながらの読書となった作品でした。自分が良いと思ってるなら、周囲がとやかく言えるものではないと思うんだよね。
・・・と、私自身が思えるようになったのは、そんなに前のことじゃないんだけどね^_^;

どうなることかと思ったけど、最後の恵子の言動にホッとしたのでした。

こんばんは。
読んでいて私も胸が痛かったです。
結婚していなくて、正社員じゃないかもしれないけど、ちゃんと自分の事は自分でできるしちゃんと働いているし自活しているし、どうして外野にとやかく言われなければいけないんだろうと本当に腹が立って哀しくて胸が痛かったです。

私も妹さんの「いつになったら治るの?」という言葉にはがっかりしました。
治るって何?どうして今ちゃんと働いて生きているお姉さんを見てくれないの?と思いました。
白羽に半ばコンビニを辞めさせられて、どうなるのかと思いましたが、私は最後の小倉さんの行動と言葉に救われました。周りがどう言おうと自分が良いと思うものは良い。
当たり前のことですけど、世間の目とか諸々を受けてそれがねじれてしまう時って多々あるので。私もこうやって素直な気持ちをもって生きていきたいなと思いました。

すずなちゃん、どもです。
そうねぇ。私も今になって、この年齢になったからこそ、ずいぶんと楽に自分らしくいられるようになった気がします。
みんなと同じじゃなくていいし、みんなと同じ人なんてどこにもいないのにねぇ。みんなってなんだ、と今だからわかるなぁ。

たぶん、途中でしんどくなりすぎて、最後のほうをきちんと読めてなかったと思うの。
あわてて読み返しました。
うん。この結末でよかったです。

苗坊さん、CM&TBありがとうございます。
世間の目って、善意のお世話ほど、はねのけにくくてつらいことがありますよね。
自分でも当たり前と思って受け入れていたはずのことが、自分を苦しめるものになってしまったりすることもありますもの。
でもね、自分は自分にしかなれないのです。

たぶん、私、腹が立ちすぎてしまったんでしょうね。
最後のほうが記憶に残らないぐらい、途中がつらすぎて、苗坊さんやすずなちゃんの感想を読んではじめて、この結末でいいんだと落ち着いたという……。
おかげで、読み終えたときの動揺がおさまりましたよ。ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/69324152

この記事へのトラックバック一覧です: コンビニ人間:

» コンビニ人間(村田沙耶香) [Bookworm]
第155回芥川賞受賞作。 [続きを読む]

» コンビニ人間 村田沙耶香 [苗坊の徒然日記]
コンビニ人間著者:村田 沙耶香文藝春秋(2016-07-27)販売元:Amazon.co.jp 36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコ ... [続きを読む]

« ギケイキ:千年の流転 | トップページ | 娘役 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック