2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 紅霞後宮物語 第零幕 一、伝説のはじまり | トップページ | 魔術師のおい:ナルニア国物語1 »

2016.10.03

あきない世傳 金と銀 二 早瀬篇

髙田 郁 2016 時代小説文庫

なんでや。
なんで私ばっかり責められなあかんねん。
店主ゆう重荷を背負うてるんは、私だすで。
ほかでもない、私だすで。惣次やない。
こんな傾いた店を背負わされて、私は言わば被害者や。
私で4代目ゆうても、店が船場にあるわけやなし。
所詮、天満の呉服屋や。川向こうには勝てへん。
ちぃとも稼げへんのは私のせいやない。
時代は現銀売りや。お家さんが屋敷売りみたいな古臭い売り方にこだわるんが悪い。
こんな御時世やなければ、私かてもっと大きな商いしておましたわ。
私の苦労なんて誰も知らへんのに、私ばっかり責めるのはおかしいやないか。
家の者が大事にせえへんから、嫁はんかて実家に戻ってもうたやないか。
あんな子どもを後妻や言うてあてがわられても、笑いものになっただけだす。
私は、店主ですで。
私が店主やなんで。
なんで、なんで、こないな目ぇあわないかんのだすか。
私かて、私かて……もっと大空に飛び立つようにはばたいてみたかったわ……。

……とか、言ってそうだなぁ、と想像してみた。
想像してみたが、いくら想像してみても、ちっとも同情も共感も持てない。
なにもかも人の所為にして、自分は悪くないと言い訳して、努力をしようとしない。
周りを責めるだけ責めて、つらいのは自分だと主張して、自分を慰めてもらおうとする。
それが、阿呆ぼんである。

この巻になって、なんで第一巻が「源流篇」だったのか、タイトルの意味がやっとわかった。
きっと大きな川になっていく。そういう物語なんだろう。
その2巻なのであるが、阿呆ぼんの印象が強すぎた。
こんな阿呆ぼんでいいのだろうか。
主人公の夫になるのが、ここまで阿呆ぼんだとは空前絶後である。
ひどくないか。大丈夫だとは思えない。主人公がかわいそう過ぎる。
嗜みのある阿呆ぼんなことが、唯一の救いである。
幸の成長を喜びながらも、喜びきれない複雑な気持ちで一気読みした。

この展開は予想外ではあったが、大歓迎だ。
幸の活躍の場面は、どれもこれも胸がすくものだった。
これでこそ、次巻が楽しみになる。

« 紅霞後宮物語 第零幕 一、伝説のはじまり | トップページ | 魔術師のおい:ナルニア国物語1 »

# 江戸周辺」カテゴリの記事

## 今は昔:武士の世」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/67780828

この記事へのトラックバック一覧です: あきない世傳 金と銀 二 早瀬篇:

« 紅霞後宮物語 第零幕 一、伝説のはじまり | トップページ | 魔術師のおい:ナルニア国物語1 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック