2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 紅霞後宮物語 第四幕 | トップページ | ゆかし妖し »

2016.08.31

ほかほか蕗ご飯:居酒屋ぜんや

坂井希久子 2016 時代小説文庫

おいしいご飯につられて手に取った。
本屋さんで、作者のサイン本を見つけたのもなにかのご縁。
時代小説で、料理人が出てきて、というのも、みおつくし料理帖以降、定番になってきたようだ。

ウグイスの飼育で糊口をしのぐ、武家の次男坊の主人公。
父や兄の堅物ぶりを息苦しく思い、主人公にウグイスを託す大店の主人達に可愛がられながら、おいしいご飯に舌鼓を打つ。
憎めない登場人物たちが入れ替わり立ち代り、居酒屋ぜんやの暖簾をくぐり、菩薩のごとき笑顔のお妙に愚痴をこぼす。

細かいところにはつっこまずに、雰囲気で読むのがよいようだ。
素材を見ながら料理を考える。相手の喜ぶ顔を思う。
そんな楽しみに似ているような読み心地。

この人もデビューしたてのようだから、続きを読ませて欲しいなぁ、がんばってほしいなぁ。

« 紅霞後宮物語 第四幕 | トップページ | ゆかし妖し »

小説(日本)」カテゴリの記事

# 江戸周辺」カテゴリの記事

## 今は昔:武士の世」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほかほか蕗ご飯:居酒屋ぜんや:

« 紅霞後宮物語 第四幕 | トップページ | ゆかし妖し »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック