2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« あきない世傳 金と銀 源流篇 | トップページ | 魔導の系譜 »

2016.07.31

やさしい竜の殺し方 memorial

津守時生 2009 角川ビーンズ文庫

このシリーズは、終わったはずが後から後から増えていったような。
キャラの分だけ、物語は増えていくのかもしれない。
きっと、書き手の頭のなかで、キャラクター達がわいわいとにぎやかにしているのだろ。
それが垣間見える。

なんというか。
作者自身による公式アンソロジー?
一つは一つは楽しいし、懐かしいし、読み始めると引き込まれる。
その後もあれば、その前の話もある。
それぞれ、ファンにとっては嬉しいこともあるだろう。
想像していたところを補ってくれるような短編集になっているのだとは思う。

結構、好きな世界だったのではあるが、もういいかな。
大人の事情もあるのだと思うし、作者のサービス精神もあるのだと思う。
けれども、読み手の想像に任せる部分もあっていいと思うから。

それよりも、三千世界のほう、話が進んで欲しいなぁと切実に思うのでした。

« あきない世傳 金と銀 源流篇 | トップページ | 魔導の系譜 »

小説(日本)」カテゴリの記事

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やさしい竜の殺し方 memorial:

« あきない世傳 金と銀 源流篇 | トップページ | 魔導の系譜 »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック