2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 魔道師の月 | トップページ | ヘンな日本美術史 »

2016.04.28

太陽の石

乾石智子 2015 創元推理文庫

表紙の色。これがペリドットの色合いだ。
若葉のような緑色のこの石は、隕石にも含まれる。
太陽の石と呼ばれることもある。
クラスターが入っているものになれば、虹色の輝きを含んでいることもある。

前作、『魔道師の月』の時代では映画を誇っていたコンスル帝国が衰退し、教育が、文字が、失われた世界。
それは、現在のリアルな世界が、ところどころで出会っている状態に他ならない。
本がなくなれば、書物の魔道師も登場しない。
それどころか、太古からの闇についても、星の光についても、誰も語り継ぐことがない。
だが、文字があろうがなかろうが、伝承があろうがなかろうが、太古からの闇には関係ないのだ。

文字なきところで継がれてきた血筋にしたがって、呪われたイザーカトの九兄弟が再び先祖と同じものと相対しなければならない物語だ。
テイバドールとタゼン達があんなにも苦労して行脚して集めた歌たちも、キアルスとレイサンダーが命がけであんなにも苦労して後退させた暗樹との戦いも、なにも語り継がれていないのだ。
キアルスは物語にして書き残そう、警告を書き残そう、対処方法を書き残そうと言っていたのに。
もしかしたら、どこかの図書館に今も眠っているのかもしれないし、それとも失われてしまったのかもしれないし、わからないけれども。
ただ、太陽の石の肩留めだけが、読み手に主人公であるデイサンダーの血筋と運命を物語る。

生きるか死ぬかの事態では、確かに、悠長に教育を受けてなどいられないだろう。
文章を読み、芸術に触れ、頭と心を養うような余裕などはなくなってしまうことで、重大な知恵や知識が後世に引き継がれなくなる。
文化がなければ。教育がなければ。
こうして素敵な物語を楽しむこともできなくなる。紙幣や宝石だって、一粒の麦よりも価値がなくなるのだから。
物語の筋よりも、そこに描かれているディストピアが、今、現実にあることのほうが、私にはたまらない気持ちになった。

スーダン人の友人は息災にしているだろうか。
故郷が、独裁者の台頭によって荒廃してしまったことを嘆いていた人だ。
内乱がおきるたびに、紛争がおきるたびに、人命とともにどれだけの文化が断絶してきたのだろう。
教育を受けていない無知で無恥で無智な人々が容赦なくせっかく引き継がれてきた文化を惜しみなく破壊している時代だ。
体を養うものと心と養うものが満ち足りていることの平和と幸福を祈る。

« 魔道師の月 | トップページ | ヘンな日本美術史 »

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/65212675

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の石:

« 魔道師の月 | トップページ | ヘンな日本美術史 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック