2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 烏は主を選ばない | トップページ | 貸出禁止のたまゆら図書館 »

2016.03.24

紅霞後宮物語 第三幕

雪村花菜 2016 富士見L文庫

もう3巻。
これまで通り、くすくすと笑えるような楽しい読感を期待して読み始めたところ、これまでになく泣いてしまった。
決して平和ではない、ぎすぎすした世情を背景にしている。
これまでの話でも人は死んだが、その他大勢の死としてさらりと扱われていた。

その他の大勢の死が、実は、身近な死であったとしたら。
後世において御伽噺になるような皇后の、生きていた時代の生身の姿を描くというコンセプトの通り、かっこよくないところやみっともないところも描くのはいい。
冷静に考えれば、残酷さや冷徹さが求められるような環境や立場だ。
夢物語に現実感を与えようと思ったら、そこは避けては通れない要素であるのもわかる。
わかるけれども、不意打ちのようにその場面が来る。

その後、何度も読み返しては泣いてしまう。
だってさ、文林がやけに優しいんだもの。
こういう優しさの示し方が好きだなぁ。
何度か読み返してみて気づいた。
自分は相棒殿と、小玉と文林のように会話したいんだろうな。
文林の口調って、似ているんだもの。
だからこそ、主人公二人が気に入ったのかと、遅まきながら気づいた。

次の巻が出たら、やっぱり買うと思う。

« 烏は主を選ばない | トップページ | 貸出禁止のたまゆら図書館 »

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/64620805

この記事へのトラックバック一覧です: 紅霞後宮物語 第三幕:

« 烏は主を選ばない | トップページ | 貸出禁止のたまゆら図書館 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック