2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 紅霞後宮物語 第三幕 | トップページ | 鬼談百景 »

2016.03.31

貸出禁止のたまゆら図書館

一石月下 2015 富士見L文庫

本に憑いたあやかしを書妖という。
もともとは独立していたあやかしが、力が弱まった時に本に寄生して存在を維持する。
本を読んだ人間の思いだけを糧にするために。
そんなあやかしの取り憑いた本ばかりが集まった図書館。

自分の居場所を見つけられず、自分の存在の意義も必要性もあやふやな年頃というものがある。
それはもう誰しもが通る道ではあるのだけれども、居場所を人の間に見つけることがうまくいかないことがある。なじみたくないこともある。
他の誰でもない自分だけを見て欲しい。見つけて欲しい。認めて欲しい。欲して欲しい。
自分だから、自分こそが、自分であること以外に理由なく、ただ自分を見て欲しい。
そんな気持ちをひりひりと感じている少女が主人公だ。
著者が幻想的なものを詰め込んだという本書は、そんな心を持っていたり、持っていた記憶が鮮明な人に、優しく寄り添う物語になっている。
少女が出会うのは少年ではなく、書妖なのだが。

誰か一人でも自分を必要としてくれたなら、この孤独がぬぐわれるのかもしれない。
誰か一人でも自分を理解してくれたのなら、この苦痛がやわらぐのだと信じている。
誰か一人でも自分を受容してくれるとしたら、自分はきっともっと変わっていくことができるだろう。

きっと、相手を必要としているのはお互い様なのだ。
いつも必ず、そこに行けば会える。そこで待っていてくれる。そこに来てくれる。
そのいつも必ずという喜びを伝える物語が紡がれていく。

十代の青少年にとって貴重な隠れ家となる意味で、香月日輪の『妖怪アパートの幽雅な日常』を即座に思い出した。
日常にあやかしたちがざわめいている風合いは、緑川ゆき『夏目友人帳』も随分と知られていることだろう。
不思議な建物の中にまつわる幻想的な世界という色合いは、村山早紀の『コンビニたそがれ堂』の印象もある。特に、きつね繋がりという点でも。
古典をいくつか引き合いに出して絡めながら物語を進めるところは、三上延の『ビブリア古書堂の事件手帖』を連想した。
書き手は読み手であり、なにかの影響を受けずにいることはありえないが、なににも似ていないこの物語だけの魅力が、この先、花開くといいなぁ。

ラスト、主人公が急に大人びてしまって、少し戸惑った。
主人公が一生懸命な子だから。
がんばりすぎて、不幸な方向にまっしぐらにならないといいなぁとも思いつつ。
少女と書妖の出会いを描く本書は、この先、いくらでも膨らんでいきそうな可能性を持っている。

« 紅霞後宮物語 第三幕 | トップページ | 鬼談百景 »

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/64739860

この記事へのトラックバック一覧です: 貸出禁止のたまゆら図書館:

« 紅霞後宮物語 第三幕 | トップページ | 鬼談百景 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック