2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 図書館戦争The Last Mission | トップページ | 2015年読了 »

2015.12.07

新しい道徳:「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか

北野 武 2015 幻冬舎

人からお借りして読んだ。話題になっていると聞いたけれども、書かれていることは至極まっとうに感じた。
筆者らしく、時には皮肉に、極めて皮肉に笑い飛ばしたり、突き放したりしながら、とても当たり前の目線から、「今の普通と言われていることっておかしくないか?」と投げかけてくる。
違和感を感じたのは、そこに芸人であるからとか、完全に同意する必要はないからと、但し書きをしながらでしか、個人の意見を述べることができなくなっているという現状である。

なんと、ものを言いづらい世の中であることか。

そう嘆きながら、私も匿名であるからこそ、ここに文字を綴ることができる。
匿名であったとしても、言葉を選ぶ。
受け取る人によって、読み手の意図せぬ読まれ方をすることを踏まえつつ。
書き手である私にも知らぬこと、目に入っておらぬこと、考えが及んでいないこともあるのだから。

 *****

夢なんてかなえなくても、この世に生まれて、生きて、死んでいくだけで、人生は大成功だ。(p.58)

自分の人生は自分で楽しくしなきゃいけない。(p.141)

道徳を他人まかせにしちゃいけない。
それがいいたくて、この本を書いた。
あとは自分で考えてほしい。(p.191)

« 図書館戦争The Last Mission | トップページ | 2015年読了 »

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/63755343

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい道徳:「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか:

« 図書館戦争The Last Mission | トップページ | 2015年読了 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック