2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015.11.16

図書館戦争The Last Mission

2015年 日本 

自由を守る戦いは、終わってはならない。

図書館戦争LMを2回観た感想を、そろそろまとめてみようかと思う。
毎朝、出勤時に1作目のサントラを聞いていると、またぞろ劇場で観たくなるから困る。
1作目も2作目も、やはり劇場で観てこそ、迫力を味わってこその映画らしい映画だと思うのだ。

LMは仁科司令の退官で話を終えるが、公式のパンフレットにも書かれているが、これからも戦いを続くという不穏な空気を残している。
巌のような固い意志を持って図書隊を育て上げた司令官の一時代は終わったが、戦いそのものは終わらない。終わることがない。
そのことを踏まえて考えてみると、戦いの終わりなんてものはありうるのだろうかと思うようになった。

自由を守る戦いは、終わってはならない。

なぜか。

自由が獲得され、それが制度化されると同時に、形骸化や変質化を免れえないものだからである。
自由が自由であり続けるためには、常に解放され続けなければならないという、運動そのものが必要とされる。
そのように考えていけば、自由の反対に置かれるのは、束縛であり、服従であり、制限であり、それを定める制度である。
制度は自由を保障しながら、自由を制限する。ゆえに、自由という権利には責任という義務を伴うのである。
自由を自由のままであり続けるように行使する責任である。好き放題にすることとは一線を画するための責任である。その自由を剥奪されないために他者を視野に入れることも責任なのかもしれない。
自分で結果を引き受けることが責任であるが、そうやって自由を大事に受け継ぐことによって、自己内のみならず、未来に向かっての責任を背負っているのかもしれない。
なにしろ、自由は失うと、再び手に入れるのはなかなか難しい代物なのだ。それは、平和と言い換えてもよい。

戦い方はそれぞれである。
また、大義のための戦いの最中であっても、一人一人の人が幸せになる自由は享受してもよい。
その幸せは、恋愛もあれば達成もあり、人によって様々でよいのだと思う。
一人一人の登場人物について、少しずつ感想を添えていくのであれば。
なんと言っても、玄田隊長の最後の指示に泣かされた。かっこよくてたまらない。男泣きした人たちが続出するのもわかる。
堂上教官は、以前よりもリーダーとして自分の班をまとめる雰囲気があった。そんな男くさいかっこよさと、てれ具合がなんとも魅力的である。
小牧も、手塚弟も、1作目からの時間経過がよいほうに働いて、ますますたくましく、頼もしく、かっこよさを増していたと思う。
郁。その走りっぷり、がんばりっぷりは、応援したくなるものだった。
その郁を抱きとめる折口さんの表情が、胸を痛めた聖母に見えて忘れられない。
手塚兄。意外に、手塚兄らしかった。兄弟っぽい。無駄にアップが多い気はしたけれど。
仁科司令を演じる石坂さんの迫力。さすがと思った。この人じゃなければこの説得力はなかったと思った。

なんで、ここまで。
カメラマンの疑問の向かう先は、図書隊でもあるが、良化隊でもある。
良化隊を現場で指揮を取る尾井谷が、ミッション終了時に見せる沈黙の表情。
原作者はそれを、尾井谷がよきライバルである玄田隊長を裏切らねばならなかったことに対する後悔ではないかと解釈していた。
最初に映画を観たとき、私は与えられたミッションに失敗したことを受け止めているのではないかと思った。
2回目に観たとき、この人も戦争を終わらせたかったのではないかと、ふと思った。
なんで、そこまで。
自分の部下達である良化隊の傷つきを引き受けて、相手を全力で追い詰める作戦を指揮したのは、その目的を正しく理解していたからこそではないか。
そこまでさせる、そこまでしたのは、良化隊としても守るものがあり、ひいては、この戦争を終わらせたかったのではないか。

しかし、作戦は失敗する。
自由を守る戦争は、これからも続けられるということだ。

自由を守る戦いは、終わってはならない。
戦い続けることに意味がある。
魔女ランダと聖獣バロンの戦いのように。
それは、世界を動かす運動である。
映画の中のみならず、現実で続かなければならない戦争である。
願わくば、そこに一切の血が流れることがないように。

10月の読書

明智憲三郎 2015 本能寺の変:431年目の真実 文芸社文庫
雪村花菜 2015 紅霞後宮物語 第2幕 富士見L文庫
奥野修司 2009 心にナイフをしのばせて 文春文庫

10月の読書は3冊。
7月4冊、8月7冊、9月5冊なので、2015年10月までの読書31冊。
意外と読んでいる。

本能寺の変:431年目の真実

明智憲三郎 2015 文芸社文庫

これは面白かった。
小説ではない。学術論文でもない。
明智光秀の血を引く著者は、本能寺の変の前後の資料を、その信頼性を吟味しながら再調査することで、織田信長、明智光秀、豊臣秀吉らの人柄と行動を検証する。
現在の研究は、織田信長なら豊臣秀吉という直後の施政者が、自分に都合よく情報操作している点を考慮せずに資料を用いているところから、全体がゆがんでしまっている点の指摘が、非常に痛快である。
それは、たとえば、司馬遼太郎史観のような、司馬遼太郎が書いているからそれが真実か事実であるかのような誤謬など、ほかにも同種類のゆがみを指摘は可能であろう。
古くは、中国エリアの代々の国が、王朝が交代するたびに、前王朝の歴史を編んできたわけであるが、それは現王朝の正当化に資するバイアスがかかったものであることは、よく知られていると思われる。
だとすれば、国内でも同様のことが行われていないと、まったく考慮に入れていないほうが能天気だと思うのだ。

歴史小説で積み重ねられた織田信長や明智光秀らのイメージがあると思うのだけれども、それが一挙に覆された感がある。
豊臣秀吉はもともとあまり好きではなかったからいいのだが、徳川家康がうっかりいいやつに見えてしまったことが不本意だった。
なるべく信頼性の高い資料をもとに、蓋然性が高い合理的な推論を重ねていったとき。
今とはもう少し違う人物像や事件像が、ますます明確になっていくのかもしれない。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック