2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 絶歌 | トップページ | 紅霞後宮物語 »

2015.07.15

クズころがし

鈴木 拓 2015 主婦と生活社

章題がすごい。

認める勇気。
嫌われる覚悟。
生き残る技術。

善意で塗り固めた建前論からは語られないことであるが、できないことがない人はいない。どんなにがんばってもできないことはある。それはできないと認めないと先に進めない。
嫌われない人はいない。話せばわかるも、誰から愛されるも、どちらもファンタジーである。誰かに嫌われたからと言って、世界の終りになるわけではない。逆に、この人には好かれたくないって思うことだってある。
そういう極めて現実的な考え方や振る舞い方、生き方を身につけておかないと、世界はとても行き苦しい。
生きているのはリアルなのに、頭の中はファンタジーのままじゃ、かなり苦しい。
ファンタジーの通りにならないからといって、現実に絶望するのは早いのだ。
だって、別物だもの。

ネットでのコミュニケーションや職場での気づかい、とりあげられる事例は様々だが、とても卑近なものばかりだ。
日常生活で、こんな風に考えている、こんな風にやっていると、筆者流の考え方がじっくりと、しかし、文体はあっさりと語られている。
それが説教臭くならないのは、短いエッセイのひとつひとつに、必ずオチがついているからだろう。

建前論や理想論に押しつぶされそうになっている人。
ちょっと、笑ってみない?
呼吸がずっと楽になると思うよ。
現実って、実はもう少し、楽なもんだと思うよ。

« 絶歌 | トップページ | 紅霞後宮物語 »

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/60748114

この記事へのトラックバック一覧です: クズころがし:

« 絶歌 | トップページ | 紅霞後宮物語 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック