2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 悟浄出立 | トップページ | 犯韓論 »

2015.01.19

ねこまたのおばばと物の怪たち

香月日輪 2014 角川文庫

著者の訃報に驚いた。
これはその後に購入した。

幽霊アパートを彷彿とする筋立てである。
それをより児童文学らしく、要素をそぎ落とし、優しく穏やかに洗練させた佳品となっている。

主人公の舞子は小学5年生。
実母は死んでおり、父親が再婚した家庭で異母弟が生まれ、家の中に居場所がないと感じている。
学校では、3人組にいじめられている。勉強も運動もはかどらず、人見知りで、いじめられやすい要素を持っている。

きっかけはいじめだった。
主人公が入り込んだイラズの森には、ねこまたのおばばが住んでいた。
舞子はおばばと物の怪たちとの出会いで、心の友達を持つ。
信頼できる大人からの教訓と、安定した関係を与えてくれる。
美味しいご飯としっかりとした運動で、心も体も健やかに成長していく。徐々に自信を身につけ、表情が変わり、行動も変えていく。
いじめっ子たちも怖くない。人とも普通に話すことができる。
そして、継母とも……。

ファンタジーの世界は、子どもが大人になるまでの避難場所を提供する。
現実に疲れた時、現実に傷ついた時、現実に途方にくれた時、ファンタジーの世界が仮屋となる。
イラズの森へ行くのは、自由で柔軟な子どもの心、想像力さえあればいいのだ。
そこで傷を癒し、ヒントをもらい、元気を補充したら、きっと現実でもやっていける。
そんな物語の持つ力を、子ども達にストレートに分け与えてくれる優しい本だ。

優しい語り手だった。冥福を祈る。

« 悟浄出立 | トップページ | 犯韓論 »

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/58636363

この記事へのトラックバック一覧です: ねこまたのおばばと物の怪たち:

« 悟浄出立 | トップページ | 犯韓論 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック