2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« キャロリング | トップページ | いまはむかし:竹取異聞 »

2014.11.21

コロボックル絵物語

有川 浩 2014 講談社

コロボックルを応援するプロジェクトの一環。
佐藤さとる氏のコロボックル物語が絶版にならないよう、有川氏が新シリーズを書く。
表紙・挿絵のイラストは、オリジナルを継いで、村上勉氏。

このプロジェクト自体はとても興味深いものであるのだが、実を言えば、コロボックル物語を読んだ記憶がない。
手にとったことは1度や2度はあると思う。しかし、はまらなかった気がするのだ。
子どもの頃からファンタジーが好きで、青い鳥文庫も読んでいた記憶がある。
クレヨン王国の物語とか、大好きだった。
確か、「床下の小人たち」のシリーズを読み終えて、似たような物語を探して、コロボックルに行き当たり、なんだか挫折してしまったのだ。
よくわからないけれども、イギリス産のファンタジーばかり好んでいて、国産のものには結構好き嫌いを示していたような気がする。
舞台となる北海道の風土とイギリスの風土、どちらも自分の住む文化とは多少は違っていることに変わりないのにな。

でも。
ファンタジーを読んだとき、自分の世界と重なり合わせて、探してみたくなる子ども心はよくわかる。
たんすの奥に別の世界の雪深い森を探したこと、ありませんか?
駅でプラットフォームとプラットフォームの間、9と4分の3番線を探したことは?
同じように、コロボックルさんに牛乳を用意して、うっかりヨーグルトになることだって、ありますよね。
大人はそんな子ども時代に続く扉を思い出して開くだろう。そんな一冊。
子どもは、ここからファンタジーを楽しむことができたら、きっと素敵な体験になる。

『旅猫レポート』と繋がる小品。
あちらを思い出すと、なんとも切ない気持ちが蘇った。

« キャロリング | トップページ | いまはむかし:竹取異聞 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/58052138

この記事へのトラックバック一覧です: コロボックル絵物語:

« キャロリング | トップページ | いまはむかし:竹取異聞 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック