2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« セラピスト | トップページ | はなとゆめ »

2014.09.29

ロード&ゴー

日明 恩 2009 双葉社

息もつかせぬ展開に、読み始めると止められなくなる。
ぐいぐいとっと引っ張られる勢いのある物語展開だ。

ロード&ゴー。
本文中で「一分一秒を争う重病外傷の現場において、生命にかかわる損傷の観察と処置のみを行い、その他は省略して五分以内に現場を出発し病院に搬送する」(p.64)
ことだと説明されている。
これは、救急車がジャックされた物語である。

舞台は東京。
プロローグは歩道橋の上から。第二京浜国道を見下ろす、とある。
東京の街の中を縦横に走り回る物語であるので、多少の地理がわかる状態にしてから読み始めるといい。

ジャックされた救急車の中で物語は進んでいくが、それだけではない。
救急車は、センターと無線やPHSで繋がる。
その無線を傍受する人たちがいる。
外側からカメラで追いかける人たちがいる。
この出来事をめぐる警察、マスコミ、無線傍受を趣味とする女子高生など、いくつもの物語が同時進行でそれぞれ語られていく。
それぞれの糸は絡むようで絡まない。つながりはするが、よりあわされはしない。
それぞれがそれぞれの物語の主人公である。この描き方は、なんだか映像化になったものを見ているような感覚に陥った。
クライマックスは圧巻で、これを大きな画面で見たらさぞかし感動するんだろうなぁ。

キャラクター達もそれぞれ、どこかであの役者さん・・・と連想するような特徴がある。
これは消防での物語であるのだが、数年前にはやった警察もののドラマを思い出してならなかった。
何度読み返してみても、『踊る大捜査線』が思い浮かんでしまうのだ
星野さんの役は、高杉亘さんに是非……w

この物語が提起している問題は、残念ながら簡単に解決されるものではなく、いまだに多かれ少なかれ起きているものかもしれない。
十全ではないが、しかし、全力をあげて任務にいそしんでいる人たちがいるということを忘れずにいたいものである。
これまで3回ほど救急搬送された身としては、いたずらにお手を煩わせることのないよう、健康管理に留意しようと思った。
入院中、救急車のサイレンの音を聞きながら読んだ本。

« セラピスト | トップページ | はなとゆめ »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

香桑さん、こんばんは(^^)。
入院されてたその後、体調はいかがでしょうか。

色々な立場の登場人物たちが、さまざまな方向から事件にかかわっていく姿が、素晴らしいスピードで描かれていて、ホントに息を飲みながら読んでたことを思い出しました。

そういえば、確かに映像しやすそうですね♪

水無月・Rさん、こんにちは。
TB&CM、ありがとうございますぅぅぅぅ。

おかげさまで、以前と変わらぬ日常生活に戻ることができました。
戻ったら戻ったで、なかなかゆっくり読書ができないものですね。
昨日がちょうど定期健診の日で、そういえば入院中に読んだ本のなかで、これはまだ感想を書いていなかったと思い出してアップしました。
読み返してみても面白く、ついつい、ブログを書くより、本を読むほうに夢中になっちゃいましたw

映像化、いいと思うんですけどねー♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/57525909

この記事へのトラックバック一覧です: ロード&ゴー:

» 『ロード&ゴー』/日明恩 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
水無月・R大プッシュ{%キラキラwebry%}の有川浩さんが、WEB日記で「面白かった!」と大絶賛。更に、重版分の帯には有川さんの推薦文が付いてますよ~!(←でも図書館で借りてる私って。) そりゃ~もちろん、面白かったですよぅ~! このスピード感と迫力は、文句なしのエンターテイメント! 日明恩(たちもりめぐみ)さんの『ロード&ゴー』、エンターテイメントでありながら、社会的な問題にも言及。素晴らしいです{%びっくり1webry%}... [続きを読む]

« セラピスト | トップページ | はなとゆめ »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック