2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 僕のきっかけ:ひまわりと子犬の7日間・一也の場合 | トップページ | 野良女 »

2013.02.28

帝国の叛逆者(上・下):ヴァルデマールの嵐2

マーセデス・ラッキー 山口 緑(訳) 2012 創元推理文庫

いささか意外な展開をしていく『ヴァルデマールの嵐 第二部』。
カラルに再び出会えることは嬉しいが、冒頭はまったく予想外の人物の、予想外な戦いから始まったのだ。

それは、ハードーンを侵略するために派遣された〈東の帝国〉の指揮官トレメインが、魔法嵐の吹き荒れる異国の地で、どうやって部下を一人もしなせずに冬を乗り切るか、という戦いなのだ。
このトレメインがおいしい。素敵なおっさんが新たに登場である。外見はむにゃむにゃと書かれているが、行動がいい。
魔法に頼ることができなくなった世界で、知恵と工夫で生き延びるために、寸暇も努力も惜しまない指揮官は、アルベリッヒと並ぶ魅力的なおっさんなのだ。
そして、気づいたら、いつの間にか地元に溶け込んでいってしまう。そのプロセスにひきつけられる。

対して、カラルは、ヴァルデマールで苦戦を強いられている。
政治的指導者や宗教的指導者らと話し合わなければならないが、カラルはまだ年若く、経験も少ない。
自分でもそれがわかる上に、回りも見るからにカラルを軽視したり、ばかにする。
総力を挙げて、全員が一致協力して、事態に当たらなければならないのに、それが難しい。
人はしばしば不都合な事実を否認したり、誰かの責任になすりつけてみたり、不安から余計な対立を生じてしまったり、足並みをそろえるというのはなかなか難しい。

そういった不穏な時勢の中で、カラルも、アン・デシャも、徐々に宗教的な指導者<祈祷師>としての成長を見せていく。
彼らの魂の成長と、大きな選択。愛情と使命と。
種族を超えて。宗教を超えて。
過去の確執と現在の断絶とを超えていけ。

名言も多く、はたと思わせられることも多かった。
ラッキーの物語は、やはり、大好きだ。
これで魔法嵐はおさまるのか。
各国の関係はどうなっていくのか。
続きを早く読みたいなぁ。

« 僕のきっかけ:ひまわりと子犬の7日間・一也の場合 | トップページ | 野良女 »

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

小説(海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/49725309

この記事へのトラックバック一覧です: 帝国の叛逆者(上・下):ヴァルデマールの嵐2:

« 僕のきっかけ:ひまわりと子犬の7日間・一也の場合 | トップページ | 野良女 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック