2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« ダンナ様はFBI | トップページ | THE HYDE »

2012.11.27

三匹のおっさん ふたたび

有川 浩 2012 文藝春秋

あの3人がもう一度。
有川作品の中でも平均年齢高めの主人公たち。
まだ、じいさんとは呼ばれたくない。
おっさんと呼ばれる方がいい。

地域限定の正義の味方は、次の3人だ。
剣道の先生をしていたキヨさん。
柔道をたしなむシゲさん。
電気機械担当のノリさん。
そこに、それぞれの子ども世代、孫世代が加わって、地域と家族の物語を織り成す。
その後の祐希と早苗の様子にも、もちろん注目。
スピンアウトの「好きだよと言えずに初恋は、」も収録されている。

「今時の若い者」vs「今時の高齢者」。
どっちが困ったちゃんかなんて一概には言えないけれど、どちらにも眉をひそめることはある。
報道されるものは、メディアのフィルターの偏った情報に過ぎないけれども、高齢者が犯罪を犯さないわけではないし、未成年者がいたいけな弱者とは限らない。

本人達にしてみれば、悪気のない行為かもしれない。
犯罪という意識がないかもしれない。
迷惑であることを気付かない鈍感さがなせるのかもしれない。
あるいは、他の人もしているから? 自分ぐらいがしても大丈夫だから?
万引きしかり。ゴミのポイ捨てしかり。未成年の喫煙も。
公共の乗り物の中でのマナーのような日常生活の中での行動習慣にも、どこかぎすぎすしたものになってきている。

3匹のおっさんたちが、昔の当り前がどっかに行ってしまったことに気付いて戸惑ったり、やりきれなく感じたり。
それでも、輪を閉じることではなく、開き、触れ合うことで、変わることを信じて。
これは大人にも、子どもにも読んでほしいなぁ。
そして、考えてほしい。少しだけでも、開く方法、ないだろうか。
私も、これ以上、ぎすぎすしていってほしくないもの。

« ダンナ様はFBI | トップページ | THE HYDE »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
おっさんたちが大好きでまた読めたのを嬉しく思います^^
でも、この作品は今の社会の問題点が浮き彫りになるので読むのが怖いなと思うときもありました。
おじいちゃんと若者。どっちがどっちともいえないですけど、核家族化してますし必要以上のコミュニケーションをとらなくなってますから、何とかならないかなとは思います。
おっさんたちの当たり前が当たり前じゃなくなって戸惑うことがあるかもしれないですが、おっさんたちには変わらず見回りを続けて悪を退治してほしいなと思います。

苗坊さん、こんにちは。
こんな続き方をしてよかったシリーズですね。おっさん達に近い年齢の世代の方や、大人の男の人にも読みやすいシリーズのようです。
でも、ほんと、問題点が身近すぎて、とほほな気分です。そこに自分が何をできるだろうと思うと、一層、苦いような沈む気持ちになります。
まずは、おっさん達を応援するところからですね。

香桑さん、こんばんは(^^)。
ご近所限定正義の味方、三匹が帰ってきましたねぇ!
今回の社会問題は、かなりリアルだし、読んでて結構痛いなぁと感じることが多かったのですが、それでも真っ当にかつ豪快に対応していく三匹+αがとってもカッコよかったです。
偽三匹登場も、なんだかその理由が微笑ましくて(まあ、過程がちょっとアレでしたが)、こっちにも頑張ってほしいな、なんて思いました。

水無月・Rさん、こんばんは☆
最初の単行本が出版された当初はまさか続くとは思っても見なかったので、嬉しい誤算でした。
例のスピンアウトも含まれて、本当によかったです。
偽三匹はほほえましかったですね。こういう人、いるいる!と思いながら読みました。
動機はどうあれ、動き始めたら何かが変わる。なにも始めなければなにも変わらない。
有川さんのメッセージは、いつも「あきらめないこと」に尽きるような気がします。

続編がとっても嬉しい作品でした。面白かったけれど、描かれている社会問題はすっごく身近でリアルで、身につまされるというか何と言うか・・・。なかなか重いテーマも含んでいて、色々と考えさせられました。
今作はおっさん達よりも息子世代が頑張っていたのが、嬉しくもあり、ちょっと残念でもありでした。矛盾してるけど(笑)

すずなちゃん、ども。
確かに、息子世代+孫ががんばっていて、嬉しかったですね。
その分、どうしても、3匹の出番が控えめに感じてしまいました。
おっさん達だけががんばっているよりも嬉しいんだけど、ちょっと寂しいかな。

選挙に関する番組が増えてきて、子育てや地域の安全の話題を討論している人たちを見かけると、ちょっとこの本を先に読んでみませんか?って思っちゃった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/47998929

この記事へのトラックバック一覧です: 三匹のおっさん ふたたび:

» 空飛ぶ広報室 有川浩 [苗坊の徒然日記]
空飛ぶ広報室著者:有川 浩幻冬舎(2012-07-27)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 不慮の事故でP免になった戦闘機パイロット空井大祐29歳が転勤した先は防衛省航空自衛隊航空 ... [続きを読む]

» 『三匹のおっさん ふたたび』/有川浩 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
あの、ご近所限定「正義の味方」 『三匹のおっさん』が帰ってきた~~! 三匹+αが、ご近所の人々のために、痛快、爽快な大活躍! 水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!{%キラキラwebry%}の有川浩さんが、今回もやってくれました♪ 社会派だけど笑いどころもいっぱい、高校生たちの甘酸っぱいラブ話もあり、心温まる親子話あり、きゃあきゃあ大喜びしながら、楽しませていただきました! 『三匹のおっさん ふたたび』、文句なしにときめきます。ええ、おっさん萌えですとも(笑)。... [続きを読む]

» 三匹のおっさん ふたたび(有川浩) [Bookworm]
「三匹のおっさん」の続編。 [続きを読む]

« ダンナ様はFBI | トップページ | THE HYDE »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック