2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 世界は言葉でできている | トップページ | 三匹のおっさん ふたたび »

2012.11.13

ダンナ様はFBI

田中ミエ 2012 幻冬舎文庫

世の中には思いがけない出会いというものがある。
まったく予測だにしない時に、場所で。
思い描くこともなかったかのような相手と。
そんな出会いの不思議を私はよく知っているけれども、著者の出会いはかなり特別だ。
だって、相手はFBIの捜査官。2度すれ違っただけなのに、電話がかかってくるところから、出会いが始まる。

ゆっくりと関係が築かれ、結婚し、日本で生活を始めた二人。
その日常が面白い。
国際結婚ならでは、というだけではなく、ダンナ様が元FBIの麻薬捜査官だからこそのあれこれ。
時代は80年代半ばから90年代にかけて。今とは少し社会情勢は違うけれども、日本はいつもアメリカの後を追いかけているので、今になってダンナ様の懸念が現実になってきている。
アメリカ型の犯罪が日本で増加するという予測は確かにあたっているし、これからも進むだろうと予想される。
変なところだけは古きよき日本像を盲信している日本人は、都合よく目をそむけて現実的な対策は後手に回るばかりである。
今だからこそ、こんな専門家の力があると、いいのにね。専門家の言葉に耳を傾けて損は無い。

私の現実に即して、かなり耳を傾けて損はないと思われたのが、数々のダンナ様の愛のムチ。
FBI直伝・家庭も仕事も楽しむ10の掟と、FBI直伝・自分の魅力をアップさせる10の掟は、働く女性は読んで損は無い。
実践できていない部分もあるが、人の見分け方であるとか、関わり方であるとか、今更コーチングで社内研修に使われるような事柄が、とっくに20年や30年以上前にFBIでは当然のようになされていたみたい。

無理難題をふっかけられて、不平不満たらたらになる気分、あるある。
でも、悔しいけど、言う通りにしたらレベルアップするのも、わかるわかる。
そして、予想外の発想の展開に目が点になるのも……。
著者の愛情溢れた、率直で軽快な文章の読みやすさもあって、いっぱい笑わせてもらった。

「頑固で、シャイで、お節介」というダンナ様にそっくりな人を知っており、しかも関東風の口調に訳してあることからどうしても重なってしまい、私はちょびっと切なくなった。
そうか。やつは昭和の男ではなく、田中ミエさんの表現を借りるなら「明治男」であったか。
それはそれで笑える。
勝手に親近感を持って読み勧めていたものだから、最後のミッションでは思わず涙した。
素敵なエッセイだった。

« 世界は言葉でできている | トップページ | 三匹のおっさん ふたたび »

**国境を越えて**」カテゴリの記事

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

面白かったね~!ダンナ様との出会いの部分では「ストーカーじゃないか!」なーんて突っ込みながら、うはうは笑ってしまいました^^;
しかし、著者と同じように働く女性としては耳に痛い言葉ばかりだったなぁ;;;言われてることも分かるし、そうした方がいいのも分かるんだけど、そんなの、なかなか実践できないってば!・・・と言い訳しつつ読んでしまいました(笑)
最後は思わず涙だったね。続編も読んでみたかったし、本当に残念でした。

すずなちゃん、ども。
この本、楽しかったーっ。楽しかったうえに、ためになって、なおかつ、しんみり。
海外ミステリもたまに読むから、透けて見えるFBIの人たちの生活も興味深かったです。
このプロファイルの練習は、新人教育に使ってやろうと、たくらみ中。
ほんと、続編が読んでみたかったね。思い出話を書いてもらえたら、きっと手に取るだろうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/47824801

この記事へのトラックバック一覧です: ダンナ様はFBI:

» 旦那様はFBI(田中ミエ) [Bookworm]
元FBI捜査官と結婚した著者のエッセイ。 [続きを読む]

« 世界は言葉でできている | トップページ | 三匹のおっさん ふたたび »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック