2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 追放者の矜持(上・下):ヴァルデマールの絆 | トップページ | 九州の滝:100の絶景 »

2012.07.31

魔法の代償(上・下):最後の魔法使者3

マーセデス・ラッキー 細美瑤子(訳) 2012 創元推理文庫

最後の魔法使者であるヴァニエル・アシュケヴロンを描く三部作の最終巻。
ヴァニエルもついに40代。ヴァルデマールの重鎮として、たった4人しかいない魔法使者として、相変わらず、心身も磨り減るような毎日を過ごしている。
40代になっても少女のような美貌を持ち、潔癖で貞淑な乙女のように孤高を保つ。その心性まで、外見と同じように、若々しいというか初々しいというか、思春期のままのような。
そのヴァニエルが、再び、運命と出会う。大詩人のステフェンとの出会いだ。
そして、ようやく、ヴァニエルの心の奥底のむき出しの傷が癒される時がくる。

ヴァニエルの悪夢が物語の行く末を指し示している。
下巻を読み進むに連れて、結末が気になって気になって、でも悲劇は嫌で、先のページをめくってみては、うわっと思ったり、えーっと思ったり。
英雄になんてならなくていいのに。ずっとずっと愛を育んでいけるような世界だったらよかったのに。
いくら厳しい時代を担っていた伝説の人物とはいえ、ここまでひどい目にあわなくてもいいなじゃないだろうか。
ラッキーの描く人物の中で、ぶっちぎりトップのハードラックな主人公だと思う。
死んでからしか、くつろいで笑顔になることができないなんて。
その後、数百年、悲しみの森でいちゃついたり、いたずらしたりしていていいよ。
もともとヴァニエルにはシンパシーを感じていたが、不意打ちのように、その台詞が表れた。

「たったひとつの過ちのために一生苦しむことにどんな意味があるんだ?」(上p.255)

不意打ち過ぎて涙が出た。
でも。
でも、私は彼を忘れたくないのだ。彼はもっと孤独になるから早く過去にしろと言ったが、しがみついて何が悪い。私が、今も好きなのに。
自分と重ね合わせずにいられない。もしくは、恋人に重ね合わさずにいられない。
このような時が再び来るだろうか。それとも、あの時が再び来た機会だったのだろうか。
彼にもいつか幸せを感じてもらいたい。心を開いて、安らいで、穏やかな時を迎えてくれたらいいのにと祈る。
私自身は、私の心が揺れ動くことがあったら、その時に考えようと思う。

「一度幸せだったからというだけで、せっかくの幸せになる機会を逃しちゃいけない!」(上p.255)

« 追放者の矜持(上・下):ヴァルデマールの絆 | トップページ | 九州の滝:100の絶景 »

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

小説(海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/46533863

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の代償(上・下):最後の魔法使者3:

« 追放者の矜持(上・下):ヴァルデマールの絆 | トップページ | 九州の滝:100の絶景 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック