2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 忍びの国 | トップページ | 彩雲国秘抄:骸骨を乞う »

2012.06.05

羊男のクリスマス

村上春樹 1989 講談社文庫

ほんわかのんびり。
ちょっぴり理不尽。
もこもこふわふわの羊男は、立場が弱い。気も弱い。
しんみりするのは、祭りの後は寂しくなるものだから。
イラストの優しい風合いに支えられて、暖かく仕上がっている絵本だ。
クリスマスの贈り物を、羊男と一緒に心の中に受け取ろう。

職場で回ってきた本。
私にとって、もしかして、初めて最後まで読めた村上春樹の本かも。
読み終えて、シナモン味のドーナツか、スティック状のねじりドーナツか、どちらか、あるいは、両方を食べたくなった。
昼休みに、某大手ドーナツ屋さんに行ってみたら、どちらもなかった。
スティック状のシナモンドーナツがあったら、山ほど買って、冒険のお弁当にできたかもしれないのにね。
しょうがないから、オールドファッションハニーと米粉ドーナツよもぎを買って、素直に職場に戻った。
冒険はお預け。残念。

ふふふ。
クリスマスまでなんて、あっという間なんだよ。きっと。

« 忍びの国 | トップページ | 彩雲国秘抄:骸骨を乞う »

絵本・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/45539177

この記事へのトラックバック一覧です: 羊男のクリスマス:

« 忍びの国 | トップページ | 彩雲国秘抄:骸骨を乞う »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック