2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 彩雲国秘抄:骸骨を乞う | トップページ | 左京区七夕通東入ル »

2012.06.25

文芸あねもね

綾瀬まる・豊島ミホ・蛭田亜紗子・三日月拓・南綾子・宮木あや子・山内マリコ・山本文緒・柚木麻子・吉川トリコ 2012 新潮文庫

東日本大震災の後、女による女のためのR-18文学賞受賞者を中心に、10人の作家達が全額寄付を目的としたチャリティ同人誌を作った。
電子書籍として売り出されたその同人誌の存在を知らなかったが、紙媒体の文庫として出版されたことを知り、購入した。
この本ができるまでの経緯は、山本文緒によるあとがきからも伺えるし、その他の執筆者による「文芸あねもね★できるまで物語」として巻末にまとめられている。

とても漢前なエピソードである。作家はすべて女性であるけれども。行動力と、統一しすぎない寛容さ(ゆるさとも言う)が素敵。
どれもこれも魅力的で、見た目通りのボリュームがあった。
一つ一つ味わうだけの価値がある。
震災による被災の有無に関わらず、女性たちを励ますような力強さを持っている物語群だ。男性も励まされると思う。多分ね。

山内マリコ「アメリカ人とリセエンヌ」
こういう想像を自由に広げる時期ってあるよねー。と、遠い目。
自分で泣けちゃうぐらいに空想できるのは作家さんならでは、では……と、さも自分は違うかのような顔をしてみる。
震災にまつわる思いを払拭してくれるような、ゆるい出だしで、ほっとした。

彩瀬まる「二十三センチの祝福」
いい話だった。しんみりと味わった。
うまく感想がいえないけれど。
ちょっとドラマみたいな。映画みたいな。

宮木あや子「水流と砂金」
スピンオフ作品は本編を読んでいないと、いまいちよくわからない……。
なので、これの感想は保留にしておく。
多分、本編を読むと好みなんだろうなぁ。という予感がした。

蛭田亜紗子「川田伸子の少し特異なやりくち」
この作品、好き。
そうなんだよ。社会人のふりさえできれば、社会人として一応は社会で生きていくことはできるんだ。
「ちゃんとしたおとな」というファンタジーに振り回されたり、ハードルの高さにめまいを感じている人には、ぜひ読んでもらいたいな。

豊島ミホ「真智の火のゆくえ」
やられた。中篇といっていい。この作品集の中で一番長さもある。
将也のような、こういう男に、本当に弱い。弱くなってしまった。何かしら、恋人を思い出させる要素を持つ登場人物に出会うと、ぐらぐらと揺さぶられて涙腺が壊れる。回復にしばらくかかる。
私が恋人と10代、20代を一緒に過ごしていたら、こんな風に魅了されていたのかもしれない。
私の知りえない人の若い日を覗き見るような気持ちになった。
と同時に、真智のように、大事な人を見つけたら、絶対に手離しちゃいけないよ、手を離したらしけないよ、そばにずっといるんだよ、と、エールを送りたくなった。
終わってしまったら、もう、取り戻せないものだから。

柚木麻子「私にふさわしいホテル」
東京の山の上ホテルを舞台にした衝撃の一夜の物語である。
ひどいなぁ、と思いながら、笑っちゃう話。
デビューを目指す作家の必死さがリアルなんだよなぁ。
そこまでしないよね?って聞きたくなるぐらい。

南 綾子「ばばあのば」
小説家一本で食べていくのは難しい。それって本当なんだろう。
そういう話が続くと、本当に厳しいんだなぁ、と、思う。
と、同時にあきらめない強さが、この本の趣旨にぴったりなんだろうとも思う。
独身のまま加齢していくのはねぇ。
あっという間に時間は過ぎて、不安に思う暇もないぐらいにあっという間に年を取るから、大変だよ。
ええもう、ほんとに。あれこれと耳の痛い話だった。

三日月拓「ボート」
元に戻る。なにごともなかったように。
それは現在の私の課題である。
元に戻れるわけがない。元通りになるのは嫌だ。
そこに引き止めておきたい気持ちをこらえて。
元に戻れるわけなどない。
その感覚を味わいながら読んだ。

山本文緒「子供おばさん」
あいたたた。また、耳が痛い。
『プラナリア』は苦手に感じたが、この短編はすんなりと馴染む気がした。
耳が痛いけれども、耳が痛くなるぐらい、自分の心情や境遇に近しいからだ。

日常に倦むことはない。
何も成し遂げた実感のないまま、何もかも中途半端のまま、大人になりきれず、幼稚さと身勝手さが抜けることのないまま。確実に死ぬ日まで。(pp.443-444)

それで悪いか。

吉川トリコ「少女病 近親者・ユキ」
ユキが可愛い。これもスピンオフ作品で、本編を読まずにこれだけを読んだのだけど、キュンとした。
いとしい人が、だれか知らない人のところにいってしまう。なんて。
そんなのは見たくないな。そんなのは、泣くしかないもの。そんなのは。
別れの話はつらいなぁ。最後にやっぱり遠い目になった。

« 彩雲国秘抄:骸骨を乞う | トップページ | 左京区七夕通東入ル »

**女であること**」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

チャリティーという趣旨に賛同したことと、数人の作家さん目当てという理由で購入したんだけど、目当ての作家さん以外の作品も素晴しくって、すっごく得した気分になった1冊でした。おまけに、なんだか元気を貰えたし。レビューに書いてある通り、励まされる作品集でした。
宮木作品の本編はきっと好きだと思うなぁ。機会があったら是非、読んでみてください。

すずなちゃんのブログを見ていなければ、出会えなかったかもしれない本です。
贅沢な同人誌ですね。一つ一つ丁寧に感想を書いていきたいぐらいでした。
できることがあるっていうのも、素敵だなぁ。

宮木さんの本、了解です。楽しみ♪

山内マリコさんがようやく1冊出せたみたい。

『ここは退屈迎えに来て』という作品ですが、なんでも初の単行本とか・・・。
実力あるのに不思議だなぁ、と思っていたんです。

どうやら、最初は躓きやすい性格らしい。
http://www.birthday-energy.co.jp
ネットの世界では、いろんな人がいろんなコンテンツを出してるんですね。

うまくやってもらって、これからも楽しい本を出していただければ、
嬉しいですね。

千雅さん、情報ありがとうございます。
今後の活躍をお祈りしたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/45873602

この記事へのトラックバック一覧です: 文芸あねもね:

» 文芸あねもね(アンソロジー) [Bookworm]
3.11後、彩瀬まる・豊島ミホ・蛭田亜紗子・三日月拓・南綾子・宮木あや子・山内マリコ・山本文緒・柚木麻子・吉川トリコという「女による女のためのR-18文学賞」過去受賞者たちを中心とした10人の女性作家さん達によって作られた全額寄付のチャリティー同人誌。当初は電子書籍のみでの販売でしたが、今回、文庫本という形で出版されました。... [続きを読む]

« 彩雲国秘抄:骸骨を乞う | トップページ | 左京区七夕通東入ル »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック