2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 囲碁心理の謎を解く | トップページ | 日本神話の女神たち »

2012.05.18

みをつくし献立帖

髙田 郁 2012 時代小説文庫

『みをつくし料理帖』の献立帖。
お澪ちゃんの作る料理を家庭で再現できるように、著者自身も包丁を握りながら作ったという料理の並ぶレシピ本。
料理はどれもほっこりとして美味しそうで、器まで物語そのままにカラーで写真におさまっている。
既出のレシピは紹介されていないが、料理だけは写真で紹介されていることもある。
合間には、内緒話というエッセイ。著者の人となりが感じられると同時に、これまでシリーズを愛読してきた読者への感謝状をいただいたようなくすぐったい気持になった。

また、巻末には、澪と野江の幼い日を描く短編が記されている。
新旧つる家の間取りのイラストを見ながら、この人はあの人で……と推察するのも楽しい。
これはこれで満足な一冊。シリーズと一緒に並べておきたい。
本編の続きを読みたいとか、お澪ちゃんを幸せにしてくださいとか、読者の欲はつきないけれど。

あの人がもういないんだよなぁ。
そこで、しんみりした。
あの人。
又次である。
又次によく似た人である。
どちらも、もういないんだよなぁ。

恋人が又次に重ねたくなるようないい男だった。とても素敵な人だった。
料理が得意な人で、私よりもはるかに上手に包丁を使う人だったから、きっとこんなレシピも彼なら軽々と再現してくれただろう。
鮪の浅草海苔巻きを見ながら、そんなことを考えたら、久しぶりに涙が出てきた。
その後の、p.88の文章を読むと、『夏天の虹』を読んだ時のつらさを思い出して、また、涙がじんわり出た。
まさか、献立だけでも泣けるとは。
帝釈天に連れて行ってもらったのだから、一粒符をいただいておけばよかった。

« 囲碁心理の謎を解く | トップページ | 日本神話の女神たち »

# 江戸周辺」カテゴリの記事

## 今は昔:武士の世」カテゴリの記事

**趣味の食育・料理**」カテゴリの記事

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

うん。読者への「感謝状」のような1冊だったね。
お料理は美味しそうだし、内緒噺は楽しかったし、なんといっても間取り図が嬉しかったね~♪

すずなちゃん♪
某戯作者さん、私が思い描いていたよりおっさんでした。笑
間取り図だけでこんなに楽しめるとは。

単なるレシピ本じゃなくて、作品への思い、読者への思いがこめられていて素敵でした。
これなら本編の発売が少し伸びても仕方がないかって思えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/45303344

この記事へのトラックバック一覧です: みをつくし献立帖:

» みをつくし献立帖(髙田郁) [Bookworm]
タイトル通り「みをつくし料理帖」シリーズに登場した料理の数々のレシピ&写真集。 [続きを読む]

« 囲碁心理の謎を解く | トップページ | 日本神話の女神たち »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック