2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« どうせ、あちらへは手ぶらで行く | トップページ | 心に性別はあるのか?:性同一性障害のよりよい理解とケアのために »

2012.03.18

夏天の虹:みをつくし料理帖

高田 郁 2012 時代小説文庫(ハルキ文庫)

この展開は。
私に泣けと言うのか。
想いびとと添う幸せと、料理人として生きる幸せと。
どうして二つ、並び合わせて生きていくことは叶わぬのか。
澪の選んだ道に、冒頭から嘆息した。

私の縁談が流れたと知って、急に優しくなった人たちがいる。
上司とクライアントだ。部下たちも内心は……と喜んでいたようだ。
ありがたくはあるが、どうにもこうにも、複雑な気分である。
母親が喜んでいるのは腹が立つので黙殺。
そんな自分の状況と重なり合って、どうにもこうにもやりきれない。
せめて、物語の世界ぐらいは、ハッピーエンドであってほしいのに。

以下、ネタばれ……しないように気をつけるけど、もうしちゃったか?
今回は私もネタばれの上で読んだ。まさかの検索ワードでネタばれ。

澪を取り巻く優しく温かい環境。
誰もかれもが澪のことを思うがゆえに、澪が選択を迫られるになったのが前巻。
その答えを出すところから始まったこの巻。
料理帖とタイトルにあるだけに、澪は料理人としての道を捨てられなかった。
むしろあっさりとした別れの瞬間から、その後、じわじわと別れの悲しみが澪を襲う。

好きな人だったのだ。思っていたし、思われていた。
だから、小野寺は損な役回りをすべて背負って、澪を守ってみせる。
その小野寺を悪く言うのを聞くたびに、胃がしこり、胸が締め付けられる。
好きな人のことを悪く言われたいわけがない。好きなのだ。まだ、好きなのだ。
その澪の想いも、小野寺の想いも、踏みにじらないで、見くびらないでほしい。
好きになったその人が、そんなにひどい人のわけがあるわけないではないか。
真相を誰にも打ち明けられないこともまた、澪を一層苦しめる。

仕事をしていればまぎれる。
考えを麻痺させて、心のどこかを麻痺させて、日々が続く。笑うに笑えず、ともすれば泣きたくなるような。
食べることも味を感じない。装うことに楽しみを感じない。目に映るものに美しさを感じられない。鳥の声も、花の色も、星の輝きも、慰めにはならない。
大切な人がいないまま、季節が過ぎることが許せない。それでも、時は確実に流れていく。

少しでも希望があるのなら、すがりつきそうになる愚かな自分と闘いながら。
人々の支えを感じながら、澪は自分の心星を見詰める。
休息の時を経て、もう一度、より力強く羽ばたく日のために。

それにしても、又次ですよーーーっ。
私の一番のお気に入り。絶賛お勧め物件。一番のいい男。
澪の伴侶になるなら小野寺様がよかったけれども、物語中で私の好きなタイプと言えば又次さんだったわけです。
それなのに……。読む前から予想がついていたとはいえ。やっと朗らかに笑えるようになったのに。
この巻、いきなり二人もいい男がいなくなってしまって、この先、どうするんだろう。
次の巻の発売予定は一年後。それでもなんとかハッピーエンドになってほしいものです。

想いびとと添う幸せを逃し、手元に残ったのは仕事で。
彼と一緒に台所に立ちながら、この本の中のレシピに挑戦したかったな。
小松原様というよりも、又次さんのような人。気風がよくて頼もしくて。
とにかくいい男でねぇ。素敵だったんだよー。ほんとうに、いい人なんです。
彼と生きていくためなら、なんでも捨てられるつもりでいたが、私が捨てられるのが先だったのが痛い。それも自分の至らなさが招いたことだ。
私には過ぎる人だったと思うことが、私の気持ちの落とし所になるのかも。
本当に、本当に、素晴らしい人。彼よりいい男には、二度と会わないな。間違いなく。
澪のように忘れたいとは思わない。恋は二度といらない。私が伴侶と慕う人は一人だけ。
ああ、ちくしょー。わすれられるかー。あいたいぞー。すきでわるいかー。

« どうせ、あちらへは手ぶらで行く | トップページ | 心に性別はあるのか?:性同一性障害のよりよい理解とケアのために »

# 江戸周辺」カテゴリの記事

## 今は昔:武士の世」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

きっと澪は…と思ってた通りの選択だったけど、読んでてシンドイ巻だったね。そして、又次もねぇ…。ホントに最初から最後まで泣きっぱなしでした。次巻ではもうちょっと幸せ描写を期待したいもんです。。。

すずなちゃん、ども。
暴れてもいいかな?って言いたくなったです。
こんな話を読みたいんじゃないぃぃぃ(ToT)
「悲涙」と銘打った帯、破ったろか~っとぷんすかしていました。

人々の人情の部分であるとか、魅力的な部分はいっぱいあるんだけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/44543386

この記事へのトラックバック一覧です: 夏天の虹:みをつくし料理帖:

» 夏天の虹 みをつくし料理帖(髙田郁) [Bookworm]
号泣。 シリーズ7作目のこの巻は、覚悟はしてたんだけど、最初から最後まで泣きっ放しでした。もうね、もうね、もうねーーーーっ!! [続きを読む]

« どうせ、あちらへは手ぶらで行く | トップページ | 心に性別はあるのか?:性同一性障害のよりよい理解とケアのために »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック