2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« TWENITY 1997-1999 | トップページ | BUTTERFLY »

2012.02.18

TWENITY 2000-2010

L'arc-en-Ciel

Neo Universeが好きだったんだ。CMの影響。
RIALを買ったけれども、この一曲しか聞かないまま、いつか棚に並べていた。
久しぶりに聞くと、やっぱり好きだなぁと思った。泣きそうなぐらい好き。というか、涙が出た。
最初に聞いた頃は自分に言い聞かせるように聴いたけれども、今は彼に伝えたい言葉がここに全部入っているなぁって思ったら、運転中にぼろぼろ泣いた。私のつたない言葉では、彼を怒らせるだけだもの。
笑顔でいてほしい。自由でいてほしい。輝いていて。優しい人。巡り合えてよかった、から。

この一曲だけしか聴かないと、新しくCDを買った意味がないので、ほかのもちゃんと聞いてみた。
ファンの間でも人気が高い曲、低めの曲ってあるんだろうなぁ。
声の響きが少しずつ変わっていくのがわかっちゃうのも面白かったり。
たまには違う人たちのCDを聴くのも楽しい。

さすがにこういうのは職場でかけるわけにはいかない。書類はさくさくさばけそうなんだけどなぁ。
運転中に聞くとしても、普段の通勤では2曲ずつぐらいしか聞けない。
遠出する仕事を辞めてなければ、もう少し聞けるのに。
雪がやんだら、ただ声を聞くためだけに、出かけてみようかな。

« TWENITY 1997-1999 | トップページ | BUTTERFLY »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/44172928

この記事へのトラックバック一覧です: TWENITY 2000-2010:

« TWENITY 1997-1999 | トップページ | BUTTERFLY »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック