2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 絶望名人カフカの人生論 | トップページ | Takamiy Classics »

2012.02.17

にょにょっ記

穂村 弘 2012 文春文庫

『絶望名人カフカの人生』を嬉しそうに買っている私を哀れに思った職場の人が貸してくれた本。
幸せにはなり損ねたが、私はそこまで不幸じゃないぞ。失礼な。
でも、楽しかったからいいや。ちなみに、頭木さんはカフカの解説のなかで穂村さんを引用していたんだよ。
期せずして、本と本が繋がることがあるから、面白い。ほかにも、穂村さんが『私の男』のタイトルに触れていたり。確かに、「俺の女」とはインパクト違うよねぇ。

かなり読み進んだところで、ふと、自分の誕生日には何が書いてあっただろうと思って、ページを遡ってみた。
……抜かされていた。

ついでに、好きな人の誕生日を探してみた。こっちはあった。タイトルは「タクシー」(pp.52-53)

 タクシーに乗る。
 お金を払って降りるときに「ごちそうさまでした」と云ってしまった。
 あっ、と思う。
 間違えた。
 車が去ってからもしばらくどきどきしている。

こんな日々の出来事とか、その出来事から無限に広がる想像を、流さずに書きとめるところが詩人の才能。
日記形式なので読み方自由だ。順番に読んでもいいし、開いたページを読んでもいいし、遡ってもいいし。
くすっと笑ってみたり、ふふっと笑ってみたり。
ゆるゆると脱力しながら、お茶を楽しむ午後。

おい。仕事は?

なお、解説の代わりに、西加奈子さんの偽ょ偽ょっ記。ごとびは五十日だよ、と教えてあげたい。

« 絶望名人カフカの人生論 | トップページ | Takamiy Classics »

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/44157305

この記事へのトラックバック一覧です: にょにょっ記:

« 絶望名人カフカの人生論 | トップページ | Takamiy Classics »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック