2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 彼女がその名を知らない鳥たち | トップページ | マザコン »

2012.01.02

憧憬☆カトマンズ

宮木あや子 2011 日本経済新聞出版社

主人公達は29歳。
私はその年齢をとっくに通り過ぎたけれども、似たようなことで悩んでいる。
立ち止まってしまった分だけ、始末が悪い。その上、若さの元気がない。
そんなダメダメな自分には、やっぱり、こういうウルトラハッピーな物語が必要だ。
もうちょっと元気なときならともかく、元気が出ないときにはこういう小説が必要なんだ。
だって、つらいこと、苦しいこと、きついこと、悲しいこと、腹立つこと、悔しいことなど、嫌なことは現実で事欠かないのだもの。

その仕事が夢だったかどうかはともかく、働いている。
楽なほうを選んできたし、長いものにも巻かれてきた。
恋をしたことがないわけではないが、パートナーはいない。
友人はいる。趣味もある。そんな女性たちにお勧めの本だ。
自分を見つめなおせと言われても、今更、培ったものをそう簡単には変えられない。
欠損していると言われようが、甘えていると言われようが、わがままだ、ガキだ、いい加減だと言われても。
それでも、自分は生きている。
それでも、幸せになりたいじゃない?

ところで、自分探しって、何なんだろうね。
一時期ほど流行らなくなったと思いたいけど、何をやれば自分が探し出せるのかがわからない。
作中、行くべき候補地がいくつか出てくる。主人公達はカトマンズ、パティはパリ、ある派遣社員はハワイ、パティの母は韓国。
海外に一人で行くと自分がなくなるのがいいんじゃないか、とか、ぼやいているから、私はやる気がないと言われるのだろう。
こんな自分で悪かったなって胸を張って言えるぐらいに、そろそろ開き直ってみようか。

震災の事例を読んでいたら、涙が出てくるし、落ち込んでしまった。
それで、息抜きがてら、読んでみた。
すずなちゃんや苗坊さんのブログで気になった本だ。
読んで正解。面白くて楽しくて、すぐに二度読みした。元気にならなくちゃね。

« 彼女がその名を知らない鳥たち | トップページ | マザコン »

**女であること**」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます^^
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
私のブログを見て気になっていただいて^^嬉しかったです。
でも、私もすずなさんのブログを見て気になって読んだんです^^
私は主人公と同世代なのですが、結婚願望がなくて今は自分が1番大事でまだまだ自分のためだけに時間を使いたいと思っていて、そうじゃだめだよなと内心では焦りつつも変わりたくないと思っていて。
そういう気持ちで良いんだって思わせてくれた作品でした。
ぶっ飛んでいる所もあるんですけど、共感できるところもたくさんあって。
香桑さんの心にも響いてくださったのなら嬉しいです^^

苗坊さん、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
私が29歳のときって、この主人公たちよりも更に考えていなかった気がします(^^;;
30代は20代よりもはるかにあっという間に過ぎちゃったけれども、自分ではこれはこれでありだったと思っています。

苗坊さんのコメントを読んだら、そう思えるって、苗坊さんの転職がうまくいった、前より今のほうがいいってことじゃないかなって。
私は私なりに、苗坊さんは苗坊さんなりに、今の時間を大事に生活していけるといいですね。
これからも、楽しんでやっていきましょう♪

あけましておめでとうございますm(__)m今年もよろしく!

…という年始のご挨拶がすっかり遅くなってしまった^^;ごめーん!今年は「すぐやる!」を目標に頑張る!…つもりのなで、どうぞ暖かい目で見守っててくださいまし。

楽しかったね~!現実離れしてる部分も沢山あったけど(笑)、それも含めて読んだら元気が湧いてくる作品でした。

すずなちゃん、こちらこそ、今年もどうぞよろしくです。
仕事始めは、なにかとばたばたしませんか?

私のリアル部下Aが中尾ちゃんに似ているのです。
すると、部下Aと組んでいる部下Bが後藤ちゃんに見えてきました。
元気がよくて可愛い部下達です。
その2人にこの本を勧めてみたら、「じゃあ、カトマンズに行きましょう!」と言われました。
この場合、目的地はネパールになるのか、チベットになるのか、どっちかなぁ?(^^;;

香桑さん、こんばんは(^^)。
「ウルトラハッピー」な物語でした!
愛と笑いとツッコミ処満載で、よかったです。
カトマンズの場所がわからなくても(笑)、きちんと仕事をこなしてパワフルに生きてる、後藤ちゃんや中尾ちゃんやパティが、まぶしくて、ちょっとむずがゆかったです。

水無月・Rさん、こんばんは☆
ウルトラハッピーでしたね。楽しいですよね、この本。
相変わらず、リアルでも元気な部下たちに振り回されるたびに、中尾ちゃんと後藤ちゃんを思い出しています。パティの話も好きでした。
女の子たちが元気な物語が好物です♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/43591492

この記事へのトラックバック一覧です: 憧憬☆カトマンズ:

» 情景☆カトマンズ 宮木あや子 [苗坊の徒然日記]
憧憬☆カトマンズ著者:宮木 あや子日本経済新聞出版社(2011-06-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 「もうすぐ30歳だけど、自分探しなんて、しない。きっと、私たちは大丈 ... [続きを読む]

» 憧憬☆カトマンズ(宮木あや子) [Bookworm]
30歳を目前にした派遣社員の女性とその友人。彼女達の仕事と恋愛を描いた連作短編集。 [続きを読む]

» 『憧憬☆カトマンズ』/宮木あや子 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
面白かった~~!!!いやぁ、ノリがいいなぁ{%キラキラwebry%}、楽しいなぁ! ままならぬ想いにとらわれる切ない物語もいいんですけど、宮木あや子さんのこういう物語も、いいです! 最近、読書のペースがかなり落ちてたんですが、すごい勢いで読了しちゃいました、『憧憬☆カトマンズ』! 因みに、私も、カトマンズがどこにあるのかわかってませんでした~♪... [続きを読む]

» 「憧憬☆カトマンズ」宮木あや子 [りゅうちゃん別館]
先日読んだ、アンソロジー「スタートライン」で知った宮木あや子。 軽く、笑える短編連作集。  【送料無料】憧憬☆カトマンズ [ 宮木あや子 ]価格:1,365円(税込、送料込) 「憧憬☆カトマンズ」 主人公は29歳の派遣社員、後藤。バカで知られるユーラシア大の出身。 …... [続きを読む]

« 彼女がその名を知らない鳥たち | トップページ | マザコン »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック