2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« ビブリア古書堂の事件手帖2:栞子さんと謎めく日常 | トップページ | 彼女がその名を知らない鳥たち »

2011.12.28

テルマエ・ロマエ(4)

ヤマザキマリ 2011 エンターブレイン

気力が出ない。
そういえば、マンガを読むのもめっきり減った。
夏からこっち、リアルがいろいろありすぎて、現実感が薄れている。
そんなことを考えていたら、職場の中でこれが回ってきた。

まさかの実写で映画化されてしまう、ローマのお風呂。
この巻からのエピソードが映画の粗筋になるのかな? 今度のルシウスはなかなか現代から古代ローマに帰られない。
主人公が表紙になっているのは、この巻が初じゃないだろうか。

お気に入りはハナコちゃん。
以下、ルシウスにはまったく関係ない話。

ローマ時代の馬は、ローマ人がヨーロッパにアラブ種を伝えているそうだが、どういった体格のどういう種類の馬が主だったか、調べ切れなかった。
乗馬クラブの馬達は、もと競走馬のサラブレッドが主。彼らの体格、毛色には個体差がある。25歳はものすごーく高齢なほうに入るし、おしなべて牝馬のほうが気難しい。
性格もそれぞれで、繊細な子もいれば、図太い子もいる。人懐こい固体は、後ろから肩に顎を乗せてきたり、人の背中に顔をすりすりさせたり、動物好きの心をきゅーんと鷲掴みにするが、それは人間の解釈であって、きっと顔がかゆいだけなんだ……。

忙しさから乗馬もさぼっているが、ハナコちゃんを見ていると、馬の手入れだけしたくなった。
おそらく鞍箱の中でカビだらけになっているであろう、自分の馬具は見たくない。持っていなかったことにしたいぐらい。
道具の管理に面倒臭さを憶えてしまうのであるが、馬と触れ合うのはとても楽しい。
ルシウスのように、触れたくなる気持ちはよくわかる。

私の生活も、現実に戻していかなくちゃいけないのはわかっている。
いたい場所を見つけた。そこをなくした痛手が大きい。
やっぱり、温泉にでも行って来るかな……。

« ビブリア古書堂の事件手帖2:栞子さんと謎めく日常 | トップページ | 彼女がその名を知らない鳥たち »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/43534423

この記事へのトラックバック一覧です: テルマエ・ロマエ(4):

» 【コミック】「テルマエ・ロマエ IV」 [心に残る本]
「テルマエ・ロマエ」の新刊が出ました! 古代ローマの浴場設計技師ルシウスが主人公のこの漫画、そろそろネタ切れじゃないかと、毎回思わせておいて、4巻目になりました。 いつもは、課題をかかえたルシ...... [続きを読む]

« ビブリア古書堂の事件手帖2:栞子さんと謎めく日常 | トップページ | 彼女がその名を知らない鳥たち »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック