2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« 蟋蟀 | トップページ | 天と地の守り人(3) »

2011.11.20

天と地の守り人(2)

天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 上橋菜穂子 2008 偕成社(軽装版)

読めば読むほど落ち込む専門書は中断して、バルサとチャグムの旅の続きを追いかけることにした。
ロタでやっと再会した2人は、北部大陸をタルシュ帝国から守るため、カンバルに向かう。
高く白い山々が夕陽に頬を染める、北の国。バルサの生まれ故郷の国だ。

情景描写が際立って美しい。人が住むには厳しい自然であっても、美しいことには変わりない。
大国の脅威と戦争への恐怖の前で展開される政事的な駆け引きとは別の次元で、やっぱり世界は美しいのだ。
サグも、ナユグ(ノユーク)も。

自分の心から逃げる方法は一つしかない。
一時的に逃げる方法なら、ほかにも思いつく。
寝ることに加えて、読書すること。誰かの人生で頭のなかを埋め尽くすこと。ファンタジーに浸ることは、豊かな現実逃避の旅になる。
ああ、ほんと、逃げ癖……。

なすべきことを心得ているバルサやタンダを見ていると、自分がまた恥ずかしくなる。
目を見張るのは、決してあきらめることのないチャグムの成長だ。プライドを捨て荷にしても、大事なものを守るためにぶれないチャグムの強さを、わけてもらおうと思った。
見習わなきゃ。がんばるー。

« 蟋蟀 | トップページ | 天と地の守り人(3) »

小説(日本)」カテゴリの記事

# ここでないどこかで」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天と地の守り人(2):

« 蟋蟀 | トップページ | 天と地の守り人(3) »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック