2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011.11.24

幻滅論

幻滅論 北山 修 2001 みすず書房

お話にならない。そのことを、どう扱っていけばいいのだろう。
言語は第三者に「わかること」を当然とするが、第二者に「通じること」を私は希求している。
私はお話にならないことを大事に抱えて欲しいのだ、と、この本を読みながら振り返った。
思いがけず、最近の私のつまずきを違う視点から見ることになる。そこが、言葉にすることを通じてお話にならないことを俎上にあげようとする精神分析ならでは、という、気がする。

北山は、本書の中で二者間内交流と二者間外交流が、「ともに眺めること」を通じて同時に行われていることを、浮世絵の中の母子像を例に引きつつ、述べていく。
このような交流が言語の獲得以前の交流としてあることから始まり、愛は上から下へ与えるものであり、甘えは下から上へ求めるものであることと定義されがちであることなど、論は縦横に展開していく。

母子関係の比較的無条件な一体化は、つながっていない、通じていないという幻滅を経る。その幻滅には、エディプス的な父親の登場による幻滅、理想化された母親とは矛盾する母親に出会う幻滅、母親の不在という幻滅が挙げられる。自分をなす土台としての環境が崩れるという幻滅に、死という幻滅が加わる。

幻滅があって初めて、自分を愛してくれているものを同時に自分が傷つけていたことを人は知り、ゆっくりと自分の矛盾や「すまなさ」を噛み締めることができれば、ただ立ち去ろうとする自虐的世話役に対する恩や感謝や償いへと発展する経路が生まれる。

何度も「夕鶴」が例にして語られる。
私は長いこと自分が夕鶴の立場でいるつもりで、その場に踏みとどまるという選択肢に惹きつけられたが、今はむしろ、与ひょうの立場にいるのだと思う。
与ひょうはどうすればつうを引き止められるのか。どうすれば、安心して傷の手当てをさせてもらえるのだろう。織物など織らずともいいのに。そばにいるだけでいい。いや、織りたいときに織ってもいいのだ。この恩を。どうすれば。

治療関係でいちばん大事なのは、ただ現象を解釈し説明することではない。たとえ反復とはいえ、幻滅の相手役としてその受け皿になるという過程で、治療者は原則として「幻滅させる者」という苦痛な役割を果たさねばならない。(p.121)

たよりをまちながら。

いつでも食べたい!自衛隊ごはん

いつでも食べたい!自衛隊ごはん (イカロス・ムック) 2011 イカロス・ムック

料理の苦手な私でも作ってみたくなるような料理本を探して本屋さんをうろうろしていたときに、思わず、釘付け。
「いつでも食べたい」にツッコミがいるかどうかはさておき、レシピ本の中に並ぶのは違う気がする~。
むしろ、紹介されているのは、レーション類や、各基地の調理風景やメニュー例。

さすがにレジに持っていく勇気は出なかった。
買ったらなにかが終わりな気がするが、有川ファンなら必見のページがあった。
「それゆけ!自衛隊キッチン!!」という特集、本の一番最後のほうで、おやしお型潜水艦のキッチンが紹介されている。
夏木や冬原が。望たちが。

副読本としてちょっと欲しいかも……。
すずなちゃんや水無月・Rさんにも勧めてみたい一冊です。

2011.11.21

ラジ&ピース

ラジ&ピース (講談社文庫) 絲山秋子 2011 講談社文庫

びっくりするぐらい、自分にとってタイムリーな本と出会うことがある。
待ち時間を埋めるための活字を探していたら、書き出しの文章に鷲掴みにされた。
主人公は自分が醜いというコンプレクスに雁字搦めになっている。
醜いのは容姿のことなのか。それとも、自分のことばかり考えてしまうことなのか。

仙台から群馬に。転居、転職した、FMの女性アナウンサー。
30代。東京出身。長女。妹との同胞葛藤あり。スタジオだけが居場所。
人付き合いは苦手。異性とつきあったことは一度だけ。もちろん独身。
群馬の方言を交えながら、頑なに人付き合いを拒む野枝の生活が始まる。
変わるつもりがなかったはずの野枝の生活が、変わって行く。
その変化は爽やかであり、静かに充実しているような実感がある。

今年は、前橋も太田も行ったけど、こんな言葉だっけ?と記憶をかき集めながら読んだ。
ラストを読んで、少し複雑な気分になった。
ふと視点が180度変わるような瞬間が訪れて、気付けば心の中が満たされていくような、過去のうずいていた傷跡が落ち着いてゆくような体験を味わうことはあるものだ。
たとえ自分にパートナーがいなくても、友人がおり、無数の人とのかすかな繋がりがあり、「ああ、これでいいんだ」と思える。
数ヶ月前の自分はこんなだったはず。

「うつくすま ふぐすま」と題された短編も併録されている。
こちらも同性のよい友人を得て、既に終わっている感じの異性との関係を清算するお話。
「何度もやっているけど、オトコと別れるのってどうしてこんなに気分がいいんだろう」(p.168)と言われれば賛成しないわけではないが、やっぱり今の自分が出したい答えではないんだよー。
逆説的に再確認できたから、本の呼び声にこたえてよかったと思う。

人間は些細なことで折り合わなくなる、そう野枝は信じて疑わなかったが、自分のコンプレックスがどんなに些細なことで、それがいかに美丈夫を傷つけているか、そういったことには頓着しなかった。(p.56)

あー…。これだよなぁ、って、思った。あいたたた。

読んでしばらく経ってから、読み直した。時間が経つと、響く言葉も変わってくる。「ちゃんとしていないけれど人間です」(p.140)という微笑ましい台詞を何度も読み直している。私が手を繋ぎ損ねた人を思い出しながら。

2011.11.20

天と地の守り人(3)

天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 上橋菜穂子 2009 偕成社(軽装版)

ロタ、カンバルを経て、チャグムもバルサも、それぞれの役割と目的をもって新ヨゴ皇国に戻ってくる。
戦争と、戦場となった場所の描写の凄惨さは、児童文学でよくもここまで、と、舌を巻いた。
主人公と言えども、決して美化はしない。その作者の姿勢が素晴らしいと思う。

作者はあとがきで、これはあくまでもバルサの物語だという。
子どもの頃に読んでいたら、きっと何度も何度も擦り切れるまで読み返していたであろうし、最後の巻はつらくなったかもしれない。
これは今の年齢になって読んでふさわしかった本だと思う。バルサよりも私は年上であるが、彼女ほど成熟していないことが後ろめたいものの、だからこそ世界にはまりこめたような気がする。
バルサがタンダのつれあいだと名乗り出るシーンが、一番、ぐっときた。2人の繋がり方には惹かれる。あんな風に名乗れるようになれるといいな。

この結末にはとても満足だ。
懐かしい人物達が、あちこちにちりばめられており、守り人と旅人の道筋を思い起こさせる。
誰も彼もが平和で無事で安全で健康で幸福というわけにはいかなくとも、落ち着くべきところに落ち着いた安心感を得られる結末だった。
子どもは大人になり、大人は子どもを手離した後も絆を感じている。暖かで程よい物語だと思った。
チャグムは新しい歴史を編むだろう。バルサやタンダ、トロガイ、シュガにジン、あるいは他国に住む、その素顔を知る人々の祈りに守られながら。

離れていても--生涯会うことがなくとも、変わることのない絆が、自分たちのあいだにはある。おりにふれて、自分はチャグムのことを思い出すだろう。笑顔を、泣き顔を、おこった顔を。……そして、そのたびに、彼のすこやかな生を願うだろう。(pp.342-343)

児童書なら、なんとか読めた。
まずは自分の調子を整え、取り戻すこと。
小説を読むことは、現実逃避の旅であるが、翻って、必ず自分自身と向き合う旅になる。
私のやり方ではあるが、自分の問題の修正を図ることをまずがんばる。

天と地の守り人(2)

天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 上橋菜穂子 2008 偕成社(軽装版)

読めば読むほど落ち込む専門書は中断して、バルサとチャグムの旅の続きを追いかけることにした。
ロタでやっと再会した2人は、北部大陸をタルシュ帝国から守るため、カンバルに向かう。
高く白い山々が夕陽に頬を染める、北の国。バルサの生まれ故郷の国だ。

情景描写が際立って美しい。人が住むには厳しい自然であっても、美しいことには変わりない。
大国の脅威と戦争への恐怖の前で展開される政事的な駆け引きとは別の次元で、やっぱり世界は美しいのだ。
サグも、ナユグ(ノユーク)も。

自分の心から逃げる方法は一つしかない。
一時的に逃げる方法なら、ほかにも思いつく。
寝ることに加えて、読書すること。誰かの人生で頭のなかを埋め尽くすこと。ファンタジーに浸ることは、豊かな現実逃避の旅になる。
ああ、ほんと、逃げ癖……。

なすべきことを心得ているバルサやタンダを見ていると、自分がまた恥ずかしくなる。
目を見張るのは、決してあきらめることのないチャグムの成長だ。プライドを捨て荷にしても、大事なものを守るためにぶれないチャグムの強さを、わけてもらおうと思った。
見習わなきゃ。がんばるー。

2011.11.14

蟋蟀

玄侑宗久 2011 Story Power(小説新潮10月号別冊)

未曾有の震災を経て、「今こそ物語の力を、物語に力を」と編まれた一冊の中で、もっとも物語の力を感じさせられた短編だ。

物語中、震災の日より半年を経ている設定に愕然とした。
指折り数えるまでもなく、確かに、現実でも、半年が経っている。
もう半年。まだ半年。

その時点から振り返って語られるその日の記憶がすさまじかった。
映像メディアでは扱われない情景。報道されないからないわけではなくて、報道しえないなにものかは、きっと、いっぱいあった。
小説という媒体だからこそ、ようやく膾炙されるのだ。

支援者支援という領域がある。
被災者でありながら支援者にまわった人は、半年を経て、燃え尽きずにいられるのだろうか。
それぞれが、ちゃんと自分の心の痛みをやわらげる機会を持てているのだろうか。
ちゃんと悲しめているのだろうか。

ストーリーパワー(Story Power) 2011年 10月号 [雑誌] ストーリーパワー(Story Power) 2011年 10月号 [雑誌]

販売元:新潮社
発売日:2011/09/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒア・カムズ・ザ・サン paralle

有川 浩 2011 Story Power(小説新潮10月号別冊)

この雑誌を買ったお目当て。
この人も阪神淡路大震災の被災経験のある人であるが、本作は震災とは関係ない。
小説新潮に掲載された「ヒア・カムズ・ザ・サン」のパラレル・ストーリーであり、劇団キャラメルボックスの舞台「ヒア・カムズ・ザ・サン」のパラレル・ストーリーでもあるらしい。

父と娘の和解が主題となるが、今度の父親もまた、イタイやら痛々しいやら。
こんな風にこじれてしまうと、和解は本当に大仕事。でも、和解のチャンスを失うことのほうが、きっとつらい。
和解しないまま失ってしまったら、もう二度と和解できないことになってしまったら、悔やんでも悔やみきれないことを、第三者ならばわかるのだ。

「許す」前には「諦める」という段階が必要だという。
なるほどなぁ。
幸い、私は親との間にそこまでの確執はないが、親への甘えがあるから。
よりよいこれからに繋がると嬉しい。

ストーリーパワー(Story Power) 2011年 10月号 [雑誌] ストーリーパワー(Story Power) 2011年 10月号 [雑誌]

販売元:新潮社
発売日:2011/09/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011.11.13

漂流するピアノ

近藤史恵 2011 Story Power(小説新潮10月号別冊)

東日本大震災のニュースで喚起された阪神淡路大震災の記憶。
知人にも両方を経験した人がいるが、いつの間にか語られなくなった被災の記憶は、だけど、忘れられたわけではない。
フィリップ・フォレストの『さりながら』を思い出す感触の小説だった。

記憶は不思議だ。
普段は忘れていても、なにかきっかけがあれば、まざまざと蘇ってくることがある。
映像だけではない。音も、匂いも、温度も、明度も、感触も、そのときの激しい情動もそのままで、蘇ってくることがある。
主人公のその日の記憶がなまなましい筆致で描かれる。16年前の、記憶のフラッシュバック。

テレビで観るのと、実際に体験することの違いを知りながら、主人公は東日本大震災のニュースから離れられない。
触れると傷つくのがわかっていて、そこに傷があるのがわかっていて、それでもそこに触れずにはいられない。
「起こったことの欠片だけでも集めて、自分の中に引き寄せなければいけない気がした」という一文に、その日の私の気持ちを代弁してもらった気がする。
距離と傍観の罪悪感とともに。

ストーリーパワー(Story Power) 2011年 10月号 [雑誌] ストーリーパワー(Story Power) 2011年 10月号 [雑誌]

販売元:新潮社
発売日:2011/09/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

わがんね新聞

真山 仁 2011 Story Power(小説新潮10月号別冊)

初読み作家さん。
『つなみ:被災地のこども80人の作文集』を思い出しながら読んだ。

阪神淡路大震災で被災経験のある教師が、東日本大震災後、教師が足りなくなった東北三県の要請を受けて、神戸から派遣された。
主人公小野寺は、子ども達が妙に行儀がよいと気になる。なにかを我慢しているようだと気になる。余震を怖がらないことが気になる。
その小野寺が子ども達に提案したのが、「わがんね新聞」の発行だ。

よい子であるほど、被災後の反応は遅く現れると言われる。
よい子であるがゆえに、大人たちの顔色を見て、一番大変な時期にはぐっとこらえる。
不眠、食欲不振、情緒的混乱、抑うつ、不安、さまざまな身体症状、退行……。
異常な事態に対する自然な反応は、ないといけない。反応がないから安心ではないのだ。反応がないと、逆に心配なのだ。
その機微をよく踏まえた小説で、短編ながらひきこまれた。とても印象に残る。

現実の現場でも、こんな教育的配慮が活かされているといいなぁ。
メディア批判も鋭く、すがすがしかった。主人公がレポーターに言った台詞を引用しておく。

被災地でも子ども達は、天使のように明るいとか。けなげな子ども達の頑張りに涙が出るとか。そうやって子どもに無理させている大人には反省してほしいですね。

ストーリーパワー(Story Power) 2011年 10月号 [雑誌] ストーリーパワー(Story Power) 2011年 10月号 [雑誌]

販売元:新潮社
発売日:2011/09/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011.11.08

最後の授業:心をみる人たちへ

最後の授業――心をみる人たちへ  北山 修 2010 みすず書房

潔く去ることができなかった申し訳なさ。
「自虐的世話役」(masochistic caracter)の概念と出会ったことは、非常に耳の痛くなるような理論であるのだが、私が生き残るために役立つヒントになった。
北山の本は買っては積んでの繰り返しで、この言葉を明確に意識したのは、この本に納められている最終講義のときであった。
この本は、NHKでも放送された2回分の通常の講義と、大講堂で行われた最終講義に、学会での特別講演を整理しなおしたものの三部から構成されている。
寺山修司がフォークルを引用していたので、次に読むのは北山さんだと思い、この本を思い出した。

臨床家を目指す人たちや、精神分析に興味を持つ人向けの内容だと思う。「テレビのための精神分析入門」では臨床家としての心得がいくつか述べられているからだ。セラピストは楽屋を見せないってことや、セラピスト自身の環境も大事だということは、先輩からの重要なな助言である。
臨床家は心の裏の意味を扱うものであり、それはパーソナルなコミュニケーションを通じて行われることであるから、マスメディアにはのらない部分であり、ソーシャルメディアにのせるべきでもない。

第三者に向けた言葉と第二者に向けた言葉は違うことを意識すると、最近の自分がSNSで第三者を増やしすぎたために言葉を発しづらくなってきた苦痛を自覚させられた。
このブログはオープンにしているが、日記用にしている場所では「今この場だけの内緒話」を私は好む。
ところが、あまりよく知らない閲覧者が増えてしまうと、第三者を意識しなければならなくなり、内緒話は控えざるを得なくなる。
そうやって見えざる他者を意識して綴る言葉は、大事な「あなた」に心を伝えたくて紡ぐ言葉とはまったく違うもの。

噛み砕かれた表現、独特の流暢な語り口。声が聞こえてきそうだ。何度も講義を受けてきたので、表情や仕草まで思い浮かぶ。
「いなくなる」「消えていく」「今はいるが不在になる」といった、九州大学を退官するにあたっての不在の予感が全体を貫いている。
そういうしめくくりの節目に際しての、北山自身の振り返りの時間、内容になっており、これからより専門的な本を読もうかという人にとっても、全体像を掴むためのガイドとして適切である。

「みにくい」というのもキーワードだ。
「私たちは、私たち自身でつくりあげていく自分の仮面と、自分の本来の醜い姿、あまりさらけ出したくない姿との間で葛藤する」(p.79)ため、醜い姿を、「見るな」「見るな」と禁止する。
神話、民話を引きつつ、「見るなという禁止」を犯して見てしまったがために、幻滅と逃走が起きる。見られて傷ついたものは立ち去り、見たものはすまないとは思いながらも決して謝らない。「この物語は永遠に終わらない。最初は最後の続きとなって、救助、結婚、幻滅、罪悪感、救助、結婚、幻滅……をただただ繰り返す」(p.128)
その形式の中で、「はかなく消えていくことこそが、みんなに愛される方法になる」(p.130)ことを北山は指摘し、「自虐的世話役」の概念を提唱する。
「とにかく自殺を考えてしまうこの物語のどうしようもない反復」(p.132)から抜け出て、ハッピーエンドになる線はないのか。
北山が示す解決は、「生き残ること」。「物語で居座ること」(p.139)である。

自己犠牲的に献身して、罪悪感を紛らわせるのではなく、すまないものがすむまで置いて抱えておくこと。
あるいは、悪いものを何もかも自分が背負い込んで立ち去ろうとしないこと。それは、かえって相手にすまない思いを残すだけなのだから。すまないことの連鎖、反復に陥るだけなのだから。
むしろ、不純なものを抱え込んだ醜く、汚い、自分のままで、生き残ること。
私の、極めて個人的な、今後の課題というか、指針である。

面と向かっていると、相手の心の裏を空想しない。でも、あなたが顔をそむけると、私はあなたがなにを考えているのか想いはじめるでしょう。(p.49)

聖☆おにいさん(7)

中村 光 2011 講談社

マンガです。
アフィリのシステム変更が近々あるそうなので、表紙の画像を使えなるかも。
どう対応していったもんかなぁ。

さてさて。
在天の父なる神さまの出番が増えました。鳩の姿も、そうじゃない時も、素敵です。息子のためなら自ら募金集めしちゃうなんて。
それぞれのお母さん達も個性的だし、十二弟子も天部もマイペースで、どの人も押しが強い。
いつのまにか、立川にヤコブのはしごが直通して、天界からの訪問者が増えた分、今回はマーラさんもルシファーもいないのがちょっと寂しい感じでした。
日本の神様達の控えめさも素敵です。Tシャツ買ったら、つくもん仕様になるかな? 実はバリトンボイスらしいカンダタも好きだなぁ。

作者が出産のため、雑誌連載はお休みに入ったと聞いています。
ほっこりと和みながら笑えるお気に入りだけに、いつかまた、再開されるといいなぁ、と願っています。
より幸せにパワーアップしての再開だといいなぁ。

PV、観てみたい……。

聖☆おにいさん(7) (モーニングKC) 聖☆おにいさん(7) (モーニングKC)

著者:中村 光
販売元:講談社
発売日:2011/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック