2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 復興の道なかばで:阪神淡路大震災一年の記録 | トップページ | 聖☆おにいさん(7) »

2011.10.30

青少年のための自殺学入門

青少年のための自殺学入門 (河出文庫) 寺山修司 1994 河出文庫

さて、それでは私の死にはどんな曲が似合うのだろうか?(p.15)

なんとも魅力的な問いかけである。
私への誘惑は飛び込みか飛び降りであるので、それ以上に何を演出すべきかと思うけれども、青少年のための死のファンタジーを盛り上げるならば、BGMまで想像するとはなかなか楽しい提案である。
さて、どんな曲が似合うだろう。

一つ一つのエッセイは短く、非常に読みやすい。
序詩にはじまり、エッセイは、「死についてのノート」、「自殺学入門」、「死についての語録」、「家出/死」の4つにまとめられている。
詩人の言葉は、箴言に満ちており、惹きつけるのがうまい。皮肉な笑いもある。「上手な遺書の書き方」のあたりは非常に楽しい。
そういった軽妙で洗練された寺山自身の言葉と、家出をした少年らのインタビューや手紙の切実な言葉は対象的だ。
死、家出、逃避、母親殺しといったテーマを「もう一つの生へ向かっていく」ものとして同一線上に布置する指摘は鋭いと思う。

「もう一つの生へ向かっていく」ことを、「逃げる」こととどう峻別するのか。
回避的であることは、いつかどこかで行き詰る。
「ここよりほかの土地」を探し続ければ、終いには「ここ」にいられなくなることが目に見えている。
「『生の苦しみから自由になる』というのでは敗北の自由であることに変わりがない」(p.71)から、それは違う。
何もかもが余剰な時代で、独立してあろうと試み続ける思春期の心性に、寺山は焦がれ続けたのであろうか。
逃げ癖がすっかりついてしまった自分を言い当てられた気がして、どきりとした。

ちなみに、寺山にとっての自殺とは、なに一つ不自由がなく、必然性のない、「事物の充足や価値の代替では避けられない不条理な死」(p.70)であるという定義を読み損なってはいけない。
そしてまた、寺山は、自殺は少なからず他者を傷つけてしまうものであることをよく認識している。そのことを記した自殺学入門の後記、平仮名の多い文章が、本書の中で一番印象深く、かつ、胸に迫った。

わたしはじぶんの自殺についてかんがえるとき、じぶんをたにんから切りはなすことのむずかしさを感じる。(中略)じぶんを殺すことは、おおかれすくなかれ、たにんをきずつけたり、ときには殺すことになる。(後略)(p.87)

« 復興の道なかばで:阪神淡路大震災一年の記録 | トップページ | 聖☆おにいさん(7) »

**死を思うこと**」カテゴリの記事

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/42747078

この記事へのトラックバック一覧です: 青少年のための自殺学入門:

« 復興の道なかばで:阪神淡路大震災一年の記録 | トップページ | 聖☆おにいさん(7) »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック