2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« ガーデン・ロスト | トップページ | バルサの食卓 »

2011.09.30

古代ポンペイの日常生活

古代ポンペイの日常生活 (講談社学術文庫)  本村凌二 2010 講談社学術文庫

ポンペイ。
私の憧れの古代都市のひとつである。
その壁面には数多くの落書きや広告が残されているという。
それらの文字資料から、ポンペイの日常生活を浮かび上がらせるという面白い本だ。
表紙は、鮮やかな赤を背景にした、ポンペイの壁画だ。この赤い壁画こそ、ポンペイらしいと私は思う。
マンガ『テルマエ・ロマエ』の作者ヤマザキマリの推薦帯がついているところに惹かれたわけではない。
もともとポンペイが好きなんだよ~と主張しつつ、でも、ルシウスにも目を引かれたのも認めておく。

さて、分類するなら専門書になるのかもしれないが、非常に読みやすくて、飽きることなく最後まで楽しめた。
選挙のポスターからポンペイの行政制度の説明になり、そこから名望家たるものの役割に通じて、民衆の愛する見世物の話になる。
民衆の残した落書きらしい落書きになると、一層、生々しく、そこに生きた人々の情愛が感じられる。
彼らは、幸せを願い、時には酔っ払い、愛を語り、かなり赤裸々に語り、文学を学んでいた。
そして、識字率の検討する。再び研究としての厳密さを感じさせられる記述である。

カエサルの「来た、見た、勝った」の名台詞のパロディの落書きには、思わず噴き出して大笑いさえしてしまった。赤裸々すぎて引用は差し控えるが。
時代と地域と文化が違えば笑いが異なるものであるが、古代のポンペイの人々に知らず共感するような、著者の解説が見事である。
書かれた場所や文脈を考慮し、いくらか想像を膨らませる。その解説を読まないことには、落書きというのは、やっぱり理解が難しい。
著者の解釈が正確であるかどうかは書き手しかわからぬことであるが、ポンペイを見つめる目線の暖かさが感じられて、古代の見知らぬ人々の生活に微笑ましく思いを馳せることができるのだ。

とりわけ、幸せを祈り、愛を語る落書きに魅力を感じた。
詩人の言葉美しく、箴言のように響くものがある。

Nunc est ira recens, nunc est discedere tempus.
Si dolor afuerit, crede, redibit amor
「今こそ怒りは新しく、今こそ別れの時だ。
 苦しみが過ぎ去れば、信じなさい、愛が戻ってくる」(p.254)

どこか素朴で、おおらかな息吹を感じるうちに、元気づけられたような気がする。

「ここに幸福が住んでいる」(p.158)

ポンペイの人がいかに死んだのではなく、いかに生きたのかを紹介しよう。
そんな企画展示の折、大学時代の恩師のひとりの講義を受けることができた。
もちろん、その教授は大昔の学生を憶えていたわけではないが、考古学は火砕流の悲劇を知っていたにもかかわらず、島原には活かすことができなかったと悔やまれていたことが印象深い。
考古学は現在から未来に活かすことのできる知見であるのだと、改めて認識させられた一言であり、研究者の真摯に撃たれた一言であった。
私が師事した方たちは既に高齢であり、鬼籍に入った方もいる。
時の流れを止めることはできないが、私に与えられた知識を私は何かに活かすことができるのだろうか。誰かに伝えることができるのだろうか。
祈りを込めつつ、今日もこうして、私なりにグラフィティを書き記す。

« ガーデン・ロスト | トップページ | バルサの食卓 »

**趣味の歴史・政治**」カテゴリの記事

専門書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/42149233

この記事へのトラックバック一覧です: 古代ポンペイの日常生活:

« ガーデン・ロスト | トップページ | バルサの食卓 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック