2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2022.2.25
    2021年 合計28冊 2020年 合計38冊 2019年 合計55冊 2018年 合計33冊 2017年 合計55冊 2016年 合計50冊 2015年 合計32冊 2014年 合計26冊 2013年 合計32冊 2012年 合計54冊 2011年 合計63冊 2010年 合計59冊 2009年 合計71冊 合計596冊
  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

« ゆず、香る | トップページ | 別冊 図書館戦争Ⅱ:図書館シリーズ6 »

2011.08.30

郵便少年

森見登美彦 2011 ほっと文庫

こちらは、森林の香りの入浴剤とセット。
もりみーだから、森の香りなのかな?

『ペンギン・ハイウェイ』のスピンアウトと前情報をもらっていて、うーむむむ。
実は、『ペンギン・ハイウェイ』は未読なのだ。雑誌掲載時に挫折し、その後、単行本を購入したものの積みっぱなし……。
どこに置いたんだろう……。多分、そこ。いや、あそこ。

それはさておき、この短い作品は、私が苦手だったはずの主人公がいとしくなるような美しい空気を持っている。
子どもなりの独特のこだわりと世界観で接する時、他者の堅い鎧も調子を崩される。老人であれ、子どもであれ。
その独特の間合いが、少し切ない別れと、出会いとを引き立てていた。

世界は捨てたものではないと思える、そんな光が射している。
本編も読んでみようかな、と思った。

« ゆず、香る | トップページ | 別冊 図書館戦争Ⅱ:図書館シリーズ6 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵便少年:

« ゆず、香る | トップページ | 別冊 図書館戦争Ⅱ:図書館シリーズ6 »

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック