2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 彩雲国物語(21):紫闇の玉座(上) | トップページ | 図書館革命:図書館戦争シリーズ4 »

2011.06.27

カフェかもめ亭

カフェかもめ亭 (ポプラ文庫ピュアフル)  村山早紀 2011 ポプラ文庫ピュアフル

コンビニたそがれ堂と同じ風早という町を舞台にした短編集だ。
船乗りだった曽祖父から受け継がれてきた、港町にふさわしい調度品をかまえたカフェ。
若い広海が店を受け継ぎ、客から聞いたちょっと不思議な話を集めた形になっている。
著者は長崎出身だそうだが、それを知らずに、店のイメージを長崎にあるひいらぎという喫茶店に重ねて読んでいた。

平易な文章と短い物語の集まりであることと、読みやすい条件は揃っている。
にもかかわらず、てこずった。
なんで、この店には不思議が許されるのだろう。
たそがれ堂は神様が店主だから、不思議があるのも当然だ。
でも、かもめ亭の魔法の源が見えてこない。
この世界は、魔法がありなのか、なしなのか、よくわからないなぁ。
そのどっちつかずな感じで、ファンタジーに遊べなかったのだ。なかなか。

しばらく途中で投げ出していたけれども、旅に行くときに持って行った。
ほかに読む本がなければ、最後まで読むだろうと思って。
そしたら、中盤以降が、私のツボだったらしい。
特に、この人の書く猫の話は要注意だ。
泣いて、泣いて、止まらなくなった。公共の交通機関の中だったのに。

そんなわけで、「ねこしまさんのお話」は、野良猫に少しでも触れ合った人に読んでもらいたい。
寂しい時や悲しい時を、犬や猫や鳥や、動物達に慰められたことがある人に読んでもらいたい。
愛する犬や猫や鳥や、動物達を見送ったことがある人に、読んでもらいたい。
一人、ひっそりと傷ついて泣いている子どもに、読ませてあげたい。
思い出しただけで、涙が出てくる~。

かもめ亭の不思議の理由が明かされるのは短編の最後「かもめ亭奇談」だ。
文庫化されるにあたって書かれたという中編の番外編「クリスマスの国」も素敵な物語だった。こちらには、たそがれ堂も少し出てくる。
どちらも、ファンタジーらしく、村山さんらしい風合いの物語だった。

村山さんの本は人前で読んじゃいけないことを、ほんと、忘れていた。
次からは気をつけます。

« 彩雲国物語(21):紫闇の玉座(上) | トップページ | 図書館革命:図書館戦争シリーズ4 »

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/40571024

この記事へのトラックバック一覧です: カフェかもめ亭:

» カフェかもめ亭(村山早紀) [Bookworm]
風早の街にあるカフェ「かもめ亭」を舞台に、8編のちょっと不思議な物語を集めた連作短編集。「コンビニたそがれ堂」シリーズの姉妹編。 [続きを読む]

» 村山早紀 「カフェかもめ亭 [こみち]
JUGEMテーマ:読書感想文nbsp; nbsp; ◆風早シリーズ nbsp;  最初は、「コンビニたそがれ堂」よりも読みにくい感じが nbsp; していましたが、「番外編 クリスマスの国」では nbsp; ファンタジーのよさがとても出ていて楽しめました。 nbsp; 個人的には、ほのぼのとしたファンタジーが好きなので nbsp; 「番外編 クリスマス... [続きを読む]

« 彩雲国物語(21):紫闇の玉座(上) | トップページ | 図書館革命:図書館戦争シリーズ4 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック