2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 図書館危機:図書館戦争シリーズ3 | トップページ | 彩雲国物語(21):紫闇の玉座(上) »

2011.06.09

もう一つのシアター!:有川浩脚本集

有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)  有川 浩 2011 メディアワークス文庫

脚本設定はTheatre劇団子の石山英憲さん。
Theatre劇団子との出会いからインスパイアされて、有川浩が書いた『シアター!』
その世界を、今度はTheatre劇団子が演じるという、キャッチボールが生み出した作品。
この脚本も有川さんが書いたんだっけ?と首をかしげながらページをくって、事情を納得。
いろいろと原作を踏襲されている点で、原作のファンはスピンアウトとして読む価値がある。

もともと脚本形式で書かれたものはちょっと苦手だ。
歌舞伎やミュージカルは見るが、演劇もちょっと苦手。
映画は好きだけど、舞台の張り上げる声が苦手で……でも、野外で見る舞台は結構好きかも。マサチューセッツで見たテンペスト、ジョグジャカルタで見たラーマヤーナ。
舞台をテレビで見ると面白さが半減するんだよね。やっぱり、ライブはライブが一番。

だから、この舞台を生で観られなかったのは残念に思う。
役者さんたちを思い浮かべることができない代わりに、これまでの『シアター!』を読みながら思い浮かべていた人たち+『3びきのおっさん』からの清田祐希を思い浮かべながら読んだ。
そして、驚くほど、違和感なく読んだ。脚本を読むというより、これもまた読みなれた有川作品である、そのためだろう。

面白いのは【註】である。それぞれの場面や台詞に、舞台が出来上がるまでのエピソードだったり、実際の舞台を見ての作者の感想だったりが付記されている。
その生のコメントが、舞台を作る側の目線から活き活きとしたものを感じさせてくれるのだ。
作者の感激や戸惑いに、私まで、そんなものなのかと驚いたり、笑ったり。
物語を楽しむと同時に、舞台を作るまでの過程という実際に起きた物語を楽しむことができるだろう。

巻末には、有川さんの対談もおさめられている。
片方は、舞台のゲストだった大和田伸也さん(「もう一つのシアター!」オリジナルの登場人物役)と。
もう片方は、演劇集団キャラメルボックスの阿部丈二さん(司にーちゃん役)と。
これもそれぞれ興味深い。有川さんの今後の活躍の幅が広がりそうな気配さえある。
できれば、もともとの設定を作った石山さんのコメントも読んでみたかったな。

« 図書館危機:図書館戦争シリーズ3 | トップページ | 彩雲国物語(21):紫闇の玉座(上) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

香桑さん、こんばんは(^^)。
有川さんのフィールドが広がりましたね!
演劇のライブ感が伝わる注釈が、面白かったです。
・・・そして、またお財布が軽くなる予感が(笑)。

茅原と一緒に、スズのうっかりっぷりを愛でたくなりました(笑)。
私はこの作品を、脚本というより物語として読んじゃいましたが、ホントに楽しかったです。

水無月・Rさん、こんばんは。
有川さん、今後、どっちに広がっていくのか、ますます楽しみです♪
この本は、註が絶品だと思っています。作成時の作者のツッコミ入りの物語なんて、めったにない気がします。こうやって物語(や演劇)ができあがっていくんだなぁって感覚が新鮮でした。

水無月さんは、ますますスズ&茅原がお気に入りですね。
私はゴミオとゴミコにやられまくりでした。笑

小説じゃなくても、有川作品はやっぱり私の大好きな有川作品でした!面白かった~♪読まずに放置してたことを反省^^;
裏話的な面が垣間見れて、【註】も良かったよねー!楽しかった。

…そして、DVDが欲しくなる;;;あぁ・・・。

すずなちゃん、どもども。
我慢だ我慢。私は我慢するので、買ったら貸してとか言ってみる。笑
ただ、このDVDの購入が劇団を応援することになると思うと……迷いますね。
きっと舞台を観ると、その【註】の意味がもっとよくわかるんだろうなぁ。
途中から脚本の違和感がなくなりましたし、やっぱり有川作品らしい魅力がありましたけど、思い返すと一番げらげら笑ったのはゴミオ&ゴミ子の場面かな。さすがですよね。

こんにちは。
私はちょっとしか観劇したことがありませんが、ミュージカルも舞台も好きです^^
野外の舞台って面白そうですね。
この戯曲は、読んでいるだけなのに舞台を観劇しているようにハラハラドキドキしました。
シアターのメンバーにも全く違和感がなかったです。注釈もよかったですよね^^
私も舞台を生で見たかったなぁと思いました。
でも、4日間しか上演されていなかったんですよね。もったいないなぁ・・・。続けての長い公演ってそれもお金がかかるから大変なんでしょうね。

苗坊さん、こんにちは。
劇やミュージカル、楽しいですね。小説とは違った楽しみがそこにあります。
でも、これを読んでいて、見ているより、作るほうがやっぱり楽しそうに思ったり。
司にーちゃんに怒られちゃいそうですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/40328843

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つのシアター!:有川浩脚本集:

» 『有川浩脚本集 もう一つのシアター!』/有川浩 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
いやぁ・・・すんごい勢いで読み切っちゃいましたよ!小説じゃなくったってやっぱり、 鉄血宰相、ゲ・キ・萌・え~{%ハート4webry%}!! もうホント、有川浩さんはスンバラシイですよ! なんとのこの『有川浩脚本集 もう一つのシアター!』、『シアター!』『シアター!2』、これらの作中劇「掃きだめトレジャー」をシアターフラッグが地方高校で公演する、という演劇の脚本(うわぁ説明下手っ)なんですよ。まあつまり、「シアターフラッグの演劇が読めるよ!」ってことですね(←イロイロ端折り過ぎ)。 ...... [続きを読む]

» 有川浩脚本集 もう一つのシアター!(有川浩) [Bookworm]
有川浩さんがTheatre劇団子さんをモデルに書かれた小説「シアター!」「シアター2」。それをTheatre劇団子さんが「もう一つのシアター!」として舞台化。これは、その脚本を1冊の本として纏めたもの。... [続きを読む]

» 有川浩脚本集 もう一つのシアター! 有川浩 [苗坊の徒然日記]
有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)著者:有川 浩アスキーメディアワークス(2011-05-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 春川巧が主宰を務める小劇団『シアター ... [続きを読む]

« 図書館危機:図書館戦争シリーズ3 | トップページ | 彩雲国物語(21):紫闇の玉座(上) »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック