2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 吉原手引草 | トップページ | 乱暴と待機 »

2011.05.26

ヒア・カムズ・ザ・サン

有川 浩 2011 小説新潮2011年6月

雑誌は買わないと決めていたのに、見かけると買ってしまう病気。
演劇集団キャラメルボックスとのコラボのこの小説も、演劇のほうがどうせ観られないんだからと見送るつもりでいたはずだ。
なのに、本屋さんのレジ横に並んだ「小説新潮」を家に連れて帰ってしまった。
いつも通りだ。やる、やる、と言いながら、なかなか成果を見ないダイエットに似ている。

 真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。
 彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
 強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。
 ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
 カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
 父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
 しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた……。

たった7行の粗筋。
同じ粗筋から2人の書き手がまったく別々に物語を書き起こせばどうなるか。
物語の作り手を主人公にしている点で、「ストーリー・セラー」の一群にも似ているし、編集室の顔ぶれには、これまでの作品のあとがきで有川さんが書いていた人たちを彷彿とした。
もしかしたら、小説新潮の編集者の皆さんは、にやにや笑いあったりしたのだろうか。

この短編の感想として、大人向けの小説を書く人になったなぁ、と書くのはおこがましいだろうか。
多少の奇抜な設定はお題に含まれたものであるが、その不思議な力がなかったとしても、同じようにしっとりとした物語に仕上げたのではないか。
もともと気持ちの描写が面白い人であるが、それが自然な流れで、筋もそんなに無理がない、と思う。

それにしても、HALねぇ。
宇宙の旅やね。古い映画の中の、IBMをもじってつけられた名前を思い出す。
それは最初から架空の存在であると指し示しているように見えた。

できれば、両方を味わった人の感想も聞いてみたいな。

小説新潮 2011年 06月号 [雑誌] 小説新潮 2011年 06月号 [雑誌]

販売元:新潮社
発売日:2011/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 吉原手引草 | トップページ | 乱暴と待機 »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も「雑誌は買わない!」と誓ったハズなんだけどなぁ…^^;誘惑には勝てませんでした(笑)

今までの有川作品とはちょっと違った印象を受ける作品だったね。この企画故なのか、それともそういう作品を書かれるようになられたのか…。どっちにしろ、私の好みにバシッとくるのは変わりなかったので、良し。ということで☆
キャラメルボックスさんの演劇も観てみたいなぁ、と思いました。どんな風に仕上がってるんだろうね。

仲間だ仲間ー♪笑
キャラメルボックスの人が、「もう一つのシアター」の司にーちゃんをやったんだね。
有川さんの活動範囲が、どんどん広がってくね。で、新潮で出るものは、作風を広げていっている気がします。

香桑さん、こんばんは(^^)。
今回だけは、誘惑に勝った水無月・Rでございます(笑)。
キャラメルボックスさんで、演劇の方のノベライズか脚本公開をやってくれないかしらん、とか思ってしまう私(^_^;)。
見比べたら、面白いんでしょうねぇ・・・。
いつもの有川節は回ってませんでしたが、しっとりとしたいいお話でしたね。
萌え叫びはしませんでしたが、私もこういうお話、好きです。

水無月・Rさん、こんにちは♪
地方在住者にとっては、舞台はハードルが高くて困ります(T^T)
読み比べ、見比べが、したくなっちゃいますよね。
それはさておき、この物語は、有川さんの作風の変化を如実に感じました。
今後も楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/40140418

この記事へのトラックバック一覧です: ヒア・カムズ・ザ・サン:

» ヒア・カムズ・ザ・サン(有川浩) [Bookworm]
小説新潮 2011年 06月号掲載の中編。 [続きを読む]

» 「ヒア・カムズ・ザ・サン」(『小説新潮』2011年6月号掲載)/有川浩 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
たった7行の、演劇のあらすじ。 そこから生まれた小説は、演劇とは全く違うもので。 原作でもノベライズでもない、全く違ったエンターテイメントとして両立。 ますます有川浩さんのフィールドが広がってるなぁ~、と思いましたよ。いや、演劇の方は観てないんですが(さすがにこれはDVD買わないよ(笑))。 萌え~!はなかったけど、何と言うか穏やかな気持ちになれました、「ヒア・カムズ・ザ・サン」。 ホントは、小説と演劇、両方を体験して比べられたらいいんですけどね~。なかなかそうはいきませんや。 ...... [続きを読む]

« 吉原手引草 | トップページ | 乱暴と待機 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック