2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 僕の好きな人が、よく眠れますように | トップページ | 県庁おもてなし課 »

2011.03.29

小夜しぐれ:みをつくし料理帖

小夜しぐれ (みをつくし料理帖)  高田 郁 2011 時代小説文庫(ハルキ文庫)

これはもしかして……?
5冊目は、ハッピーエンドの予感を残す。
東日本大震災を経て、手に取る本、手に取る本がなんだか読みづらく感じていたが、ほっこり温まる心地がよかった。

澪ちゃんの前には選択肢がいくつか。
彼女には、料理を通じて見る夢がある。
ひとつは、天満一兆庵を再建すること。
ひとつは、つる家の名前を守ること。
ひとつは、野江ちゃんをとりもどすこと。
そして、ひとつは、大事な人たちに美味しい料理を供することだ。

毎日、毎日、心をこめて料理をすることで、道が開ける。
料理をすることに、澪はもう迷わない。
しかし、目の前に選択肢が提示されると、迷わずにいられようか。
選択肢が増える、道が開けるというのは、彼女の努力が認められたということだ。
だが、考えれば迷う。
だから、ただ手を動かす。

反面で、夢をあきらめなくてはならない者もいる。
娘の仇であったり、恋しい人と結ばれることであったり。
澪はどこまであきらめずにいられるだろうか。

小松原がつる家に訪れるたびに、あからさまに皆が気を使うのが微笑ましい。
その小松原の、小野寺数馬としての生活が描かれているのも、嬉しい。
澪ちゃんとは身分も生活も大きく隔たれてはいるが、ハッピーエンドにしてほしいなぁ。
ここから物語の終わりに繋がるような、そんな予感を残す一冊だった。

« 僕の好きな人が、よく眠れますように | トップページ | 県庁おもてなし課 »

# 江戸周辺」カテゴリの記事

## 今は昔:武士の世」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

今回はなんと言っても小松原様!だったね~。テンションあがりました♪
それにしても、澪ちゃんの前には問題が山積みって感じで^^;なんとか全てが丸く収まってくれればいいな~と願うばかり。
美緒ちゃんの決心は切なかったです。

すずなちゃん、ども。
コメントのお返事が遅くなりました。
美緒ちゃんも幸せになってほしいけど、きっとこれが後で幸せだったと感じるんだろうけど、切なかったですね。
澪ちゃんは伴侶を得るのか。得るなら誰か。そして、どこで料理を続けるのか。
あれこれ予想を立てては楽しんでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/39403782

この記事へのトラックバック一覧です: 小夜しぐれ:みをつくし料理帖:

» 小夜しぐれ みをつくし料理帖(髙田郁) [Bookworm]
シリーズ5作目。 [続きを読む]

« 僕の好きな人が、よく眠れますように | トップページ | 県庁おもてなし課 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック