2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 時が滲む朝 | トップページ | 小夜しぐれ:みをつくし料理帖 »

2011.03.08

僕の好きな人が、よく眠れますように

僕の好きな人が、よく眠れますように (角川文庫)  中村 航 2011 角川文庫

タイトル買いした一冊。
本として薄め。そして、軽め。
読みやすくて、平和な小説である。
どうしても、辛口の感想になるかも。

出てくる音楽は、主人公よりももっと年上の世代向けだ。
作者の年代に近づくほど、歌詞にもメロディを感じるところがあるだろう。
途中で、飲酒しているシーンが多いな、と思ったら、最後まで酒を飲んでいた。
ビールが多い。時折、ジンやターキーを飲む。
これじゃあ、恋に酔っているのではなく、酒に酔っていただけではないのか。
アルコールに酔っていても恋愛はできるが、生活となると素面に戻らなくてはならない。
主人公以上に生活が苦手な木戸さん(もしくは坂本という偽名を名乗っていた人)の飲む酒は、だからこそ強くなければならない。

恋愛と生活は、別次元に位置していると思うことがある。
不倫というのは、いいとこどりの恋愛になるのも、だからだろう。
相手を奪おうとか、ともに暮らそうとか言わず、生活の次元に引き込もうとしない限り、不倫は生活ではなく恋愛になる。
しかも、ちょっとした罪悪感や悲壮感で味付けしてくれるのだ。

主人公たちの恋は、おままごとのような無邪気な幸せさに彩られている。
それぞれが、あえて2人の背後にある生活から目をそらしている。
お互いだけを見つめていようと布団にくるまってすまきになる。
それ以上を望んでしまえば、恋は無力になるから。

いつか終わりがあるからこそ、安全に火遊びができてしまったのかもしれない。
今しかない。そのことは、悲劇性があるように見えて、それが見える打算も透けはしないだろうか。
恋が終われば、また生活に戻っていくだけ。戻っていけるという安心感がありはしないと、誰が言えるだろうか。
木戸さんというキャラクターが面白かったが、もうちょっと気持ちが揺さぶられるかと思ったら、さらさら~と流れていってしまった。
傍目から見れば、私の恋もこんなおままごとのようなものなのだろうか。
これより先はこんな恋はもうできないだろう。もういらないとも言える。

「浦和レッズの大応援エリアに、孤独なサガン鳥栖のファンが、まぎれ込んだみたいだ」(p.112)という一文があったが、アビスパもアウェーの応援に行ったら、そんな感じになるのかな。
ちょうど、Jも開幕したことだし。

« 時が滲む朝 | トップページ | 小夜しぐれ:みをつくし料理帖 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/39150906

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の好きな人が、よく眠れますように:

« 時が滲む朝 | トップページ | 小夜しぐれ:みをつくし料理帖 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック