2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 世界は終わらない | トップページ | 私は売られてきた »

2011.01.31

シアター!2

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)  有川 浩 2011 メディアワークス文庫

にーちゃんが帰ってきた!
金回りが悪くてつぶれかかっていた劇団シアターフラッグの、2年間で300万円を返そう、という物語の続編である。
帰ってきたのはにーちゃんだけじゃないけど、鉄血宰相と再びまみえたのは嬉しい。

今回は文庫に一層の厚みもある。
それだけに、登場人物の個々のエピソードが多かった。
それぞれに恋愛模様がうごめいている。うまくいきそうな人たちに、うまくいかなかった人に、まだ決めかねている人たちに。
誰と誰が、なんて、無粋なネタばれは、ここではしないぞ。
劇団のひとりひとりに物語が用意されており、前作では影が薄かった人だって、存在感をもって現れる。
唯一、秦泉寺だけが存在感が薄くなったような気がしないでもないが。

前巻では、300万円の借金に対し、3万円の黒字をたたき出したところで終わった。
たたき出すという表現には3万円の金額は小さすぎるかもしれないが、それも精一杯の結果だった。
会場が火事にあうようなハプニングは繰り返されないにしても、期日までに間に合うのか、それぞれの不安や緊張がある。
2年後に劇団をつぶさないように。そして、2年後のその先もやっていけるように。
「好きだから」の一言で夢を見続けていた劇団員達が、実現可能性という現実に目を向けていくプロセスが描かれている。
それは、夢が破れたというようなネガティブなものではなくて、夢を夢で終わらせないたくましさや頼もしさになっていくだろう。

今回、にーちゃんの出番は決して多くはなかったが、にーちゃんのひそかな変化に、にまにま。
誰もかれもを応援しつつ、次巻を待つ。

あ、ひとつだけ、気になったところを追記。関西弁だ。作者も関西圏在住であるが、関西内でもエリアによってヴァリエーションがあるので、なまじ自分が関西に住んでいたことがあるだけに違和感が。地方の言葉を文字にするのって難しいな。

« 世界は終わらない | トップページ | 私は売られてきた »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

あぁ、まさに「にーちゃんが帰ってきた!」って感じだったね~(笑)続編が待ち遠しかったので、この”2”を手にできたのは本当に嬉しかった♪
で、期待を裏切らない面白さ!それぞれの恋愛模様にこっちまでニマニマウダウダしてしまいました。そして、恋愛だけじゃなく、劇団の運営にも必死で頑張る姿が良かった!
読み終わった途端、続きが待ち遠しくてしょうがないよー^^;

すずなちゃん、ども。
やっぱり2巻に繋がったね! しかも、2巻の中で一気に時間が流れた気がします。
その中で、人間模様がいろいろ動き出して、シアターフラッグは存続するのか、かなり心配になっちゃった。
劇団子の舞台を見ている人は、倍に楽しめそうですよね。いいなぁ。
早く次が読みたいね。司にーちゃん、どうなるかな。

2巻、出ましたね。
3巻で終わりそうだというのが残念なくらい。
できることなら、もっと彼らの未来を見守りたい感じです。
劇団子の舞台、気になりますね。
僕も観に行けなかったから、DVDを買おうかと画策しています。( ̄ー ̄)

白い怪鳥さん、お久しぶりです。TB&CMありがとうございます。
このシリーズも、続けようと思ったらいくらでも続けられそうなお話だと思うのです。
そこを3冊までと区切って、物語が散漫にならないようにするのが、有川さんの心意気かもしれません。
でも、劇団子さんの活躍に合わせて、数年に1回、「その後」のスピンアウトがあったりしたら嬉しいな、なんて、今から3巻のその後まで夢想してしまいます。

すずなさん、こんにちは(^^)。
鉄血宰相健在で、嬉しいですね!
それに、今回は他の団員のエピソードもあって、更にキャラが立ってきたな~って、ワクワクしました。
個人的に、茅原の不思議ちゃんっぷりが気に入りました。3巻でも活躍してくれることを願ってやみません(笑)。
ああ・・・早く続きが読みたいなぁ~。
香桑さんおっしゃるように、スピンアウトも出してほしいですね。
私は今から、有川さんとメディアワークス文庫編集部あてに、電波を送っています(^_^;)。

ぎゃ~!!ごめんなさい!
香桑さんあてに書いてたのに、冒頭ですずなさんて書いてました・・・!
す・・・すみませんっ! m(__)m。

水無月・Rさん、お気になさらず♪
茅原は確かに注目株ですね!あんな不思議ちゃんだったとは。
私は小宮山も捨てがたく……でもやっぱり、にーちゃんにやられまくりでした。笑

ではでは、御一緒に電波をおくりませふ。

こんばんは。ようやく読みました。
1よりも今回の方が劇団員が夢見がちじゃなくてちゃんと地に足を踏んでるな~と思ったのが第一印象でした。
やはりにーちゃんの存在が大きいですよね。
ラブもいろいろ気になるところで^^
借金返済に関しても佳境に入ってきて続編がどうなるのか楽しみで仕方がありません。

苗坊さん、こんばんは。
劇団員ひとりひとりが自分のこととして劇団の運営と役者としての人生に向き合うようになりましたね。
夢物語としての夢ではなく、実際に現実に叶えるための夢として。
ディープインパクトと鉄血宰相という二つのインパクトを、それぞれがどのように消化していくのか。
そして、どんなふうに結実していくのか、3巻が楽しみです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/38674713

この記事へのトラックバック一覧です: シアター!2:

» シアター!2(有川浩) [Bookworm]
「シアター!」の続編。・・・って、”2”って付いてるから分かるか(笑) [続きを読む]

» 「シアター!2」を読む [怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】]
『シアター!2』有川浩/著(メディアワークス文庫)刊) シアター!2(メディアワークス文庫)(文庫)/有川浩本ブログ勝手に推奨作家、有川浩さんの新作です。「シアター!」の続編。... [続きを読む]

» 『シアター!2』/有川浩 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
みっなさ~~ん!泣き虫主催・春川巧率いる収支逆転劇団<シアターフラッグ>が帰って来ましたよ~! ・・・ ぎゃひ~~ん!!! やっぱり、鉄血宰相・春川司が、素敵すぎる・・・ッ! だ・・・だめだ。ゲキ萌え{%ハート4webry%}のあまり、白旗振り回し過ぎてボロッボロですよ(笑)。 カッコよくて、出来る男なのに、弟(及びその仲間)大好きすぎる斜めにトホホなツンデレ兄ちゃん!大好きすぎる! 水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!{%キラキラwebry%}の有川浩さんでござい...... [続きを読む]

» 本 「シアター!2」 [はらやんの映画徒然草]
やはり続編が出版されました「シアター!」。 あとがきによれば、3部作になりそうな [続きを読む]

» シアター!2 有川浩 [苗坊の徒然日記]
シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)著者:有川 浩アスキーメディアワークス(2011-01-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「2年間で、劇団の収益から300万を返せ。できない場合は劇団 ... [続きを読む]

« 世界は終わらない | トップページ | 私は売られてきた »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック