2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010.12.31

魔法の誓約(上・下):最後の魔法使者2

魔法の誓約上 (最後の魔法使者2) (創元推理文庫) 魔法の誓約下 (最後の魔法使者2) (創元推理文庫)  マーセデス・ラッキー 細美遙子 2010 創元推理文庫

ヴァニエルの三部作の第二部。
『魔法の使途』からおよそ10年が経ち、少年だったヴァニエルは20代半ばに成長している。
その間のヴァルデマールは、エルスペス女王の死去後、内憂外患を抱えて落ち着くことがなかったようだ。
鼻持ちならない孔雀さんだったはずの美少年は、相変わらず美しいものの、生涯の絆の相手を失った傷だらけの心を押し殺して任務に励み、すっかりやつれ果てている。

タリアにしろ、ケロウィンにしろ、ラッキーの描く主人公たちは、結構ひどい目にあっている。
それにしても、ヴァニエルのやつれようは気の毒だった。
体は疲弊し、心も消耗し、魔法さえ操れないぐらいにエネルギーが枯渇している。
にもかかわらず、彼の代わりになる者は誰もいないのだ。

そんなヴァニエルが数年ぶりに休養を取るための時間が与えられ、父親からの手紙をきっかけに帰省するところから物語が始まる。
ヴァニエルの個性を受け入れない父親、ヴァニエルをただの愛玩動物のように接する母親、厳しい練習で怪我を負わせたこともある武道ノ師範、嫌味たらたらの司教、結婚を迫って追いかけ回す侍女。
その環境の中に、自ら赴く。帰省が理由であれば休暇が取れるとあっても、ヴァニエルの帰る足取りが重くなるのも仕方がない。

しかも、ヴァニエルの故郷でさえ、時代の不穏な空気に包まれており、ほどなく隣国の問題に乗り出さずにはいられなくなる。
使者には使命がある。世界がヴァニエルを放っておかない。
隣国の事件の解決、魔法の対決と同時進行で、ヴァニエルは未解決だった少年時代のわだかまりと取り組んでいく。
彼は一人の大人として、使者として、過去を過去として人立ちしていかなくてはならない。
が、なんといっても難しいのは同性愛者としてのアイデンティティの問題だ。

ラッキーの小説にはこれまでも同性愛者は頻繁に登場するが、こんなにも同性愛者であることで悩むキャラクターは初めてではなかろうか。
ヴァルデマール周辺国での紛争よりも、同性愛者であることを家族にカミングアウトして折り合いをお互いにつけていく、自分自身とも折り合いをつけていくことが、本書のメインテーマだったように思う。
そういう意味で、『うさぎとマツコの往復書簡』に続けて読んだことが、奇遇で、かつ、興味深かった。

ヴァニエルは、ヴァニエル自身の子ども達、甥っ子のメドレン、事件の渦中にあるタシールといった少年たちを擁護する立場なのだ。
使命があり、責任がある。ヴァニエルは、自分の運命を引き受ける大人になる。
ヴァニエルは、もう引きこもらない。友情を感じ、愛情を受け取り、そして、きっと返すこともできるだろう。
その成長に至る過程が痛々しく、せめてもう少し幸せな時間もあったことを願い、第三部に思いを馳せた。

2010.12.29

聖☆おにいさん(6)

買ったきっかけ:
発売日には入手できませんでしたが、なるべく最速で。
注意点としては、クリスマス発売でしたが、表紙以外はクリスマスのネタではありません。

感想:
登場人物が増えた分、マーラさんがいないのが残念。
相変わらず、小技の効いたネタで、随所で笑わせてもらいました。
天部も元気ですし、十二弟子も濃ゆい感じを増しています。

梵天さんには、熱くジャッジしてもらいたいなぁ。
どのスポーツでもジャッジが曖昧だと面白くないんですよね。
これからは審判によっては「ルールが諸行無常」という表現を借りようと思います。
こういう言葉の表現も面白いのが、このマンガの魅力です。

おすすめポイント:
早くも6冊目になったんですよね。
お勧めはユダの投げキスかなぁ。
弁才天さんもいい感じです。
お願いですから、私の好きなバンドのメンバーは、まだ召喚しないでほしいです。

聖☆おにいさん(6) (モーニングKC)

著者:中村 光

聖☆おにいさん(6) (モーニングKC)

2010.12.28

うさぎとマツコの往復書簡

うさぎとマツコの往復書簡  中村うさぎ・マツコ・デラックス 2010 毎日新聞社

表紙を見て、しばし立ち止まった。
この2人の対談かぁ。
『「イタイ女」の作られ方』を読んで、中村うさぎさんの本はもう読まなくてもいいかな、と思っていた。
が、最近、お気に入りのマツコさんとの対談になると、ちょっと別。
「閻魔、かかってこいや!!」って、閻魔さんもびびるかも……。

旧知の二人なんだそうだ。
サンデー毎日に掲載された対談と往復書簡とで構成されている。
二人の年齢差は15歳。私はマツコさんと年齢が近いので、うさぎさんと同じ年頃の友人との会話を重ね合わせながら読んだ。
年上の友人にはいろいろとアドバイスもしてもらうこともあれば、こういう風に生きていくのかと真似したくなることもある。
と、同時に一回り下の友人たちと自分との関係とも重ね合わせた。
温かく敬慕と心配を寄せてくれる友人達に、まあまあとなだめられては私も甘えているのだ。
励ましたり、たしなめたり。世代の違いもあって、いっそ甘えやすかったり、頼ったり。
そんな思いやりのある関係性が、往復書簡の形だからこそ、浮き彫りに見えてくる。

内容の面でも、性と政治、性と差別といった、彼女達の目線だからこそ語られるいたって真面目な話題が続く。
二人ともそれぞれクレバーな人たちだ。自分の意見を坦懐なくさらけだすことをよしとする。
一人であること、自分であることの落とし前をつけようと、意識している人たちだと思う。
議論と言いながら、相手を傷つける言葉ではなく、それぞれが魂を絞り出すような言葉をつづる。
時に、胸が痛むほどに、切なくなった。

子どもを産み育てない生/性を選んだ私にとって、考えさせられることが多かった。
私は自分探しに熱心ではなかったが、自分のために生きることの難しさや虚しさには思い当たる。
凡庸な自分を受け入れ、平穏な日々を慈しみ、ただ毎日をなるべく丁寧に生きようと志しつつもばたばたと時間に追われるように流されていく。
それでも、これが私らしいと、これが私なんだと、少しばかりは開き直れるようになったのは、ここ数年のことである。
自分の些少さが苦しくなくなる。その自分の心がたどった過程を振り返っては、一層、この二人に親近感を持った。

 ***

私の生きてきた意味を教えて欲しいの。そう、「価値」じゃなくて「意味」なのよ。若い頃は自分に「価値」が欲しかったけど、今では「意味」を求めてる。(p.144)

2010.12.24

コンビニたそがれ堂:星に願いを

コンビニたそがれ堂 星に願いを (ポプラ文庫ピュアフル)  村山早紀 2010 ポプラ文庫ピュアフル

号泣の一気読み。
久しぶりに小説を読もうと思い、買っておいたこの本に手を置いた。
ここ最近、有川作品やラッキー作品を読み返すことはしていたが、新しく読むことはなく、レビューも滞っていた。
読みたい本は買い貯めてはいるのだが、新しく読むのが億劫に感じられていたのだが、やはり小説は面白い。

「星に願いを」「喫茶店コスモス」は短編、「本物の変身ベルト」は前の二つをあわせたぐらいの長さの中編だ。

「星に願いを」は小学生の初恋を描く。一生懸命な子どもは、神様だって応援したくなるから、お買い物は珍しく二つ。
1月のしぶんぎ流星群の夜の奇跡で、冬のこの時期を待って手にとってよかったと思った。
並行して物語られる大人のほうの恋の物語も素敵だったし、別れたペットとの再会にはどうしようもなく涙を誘われた。

「喫茶店コスモス」は年配の男性が主人公になる。戦争を経験した男性の昭和から平成にかけての人生であり、風早という街の歴史である。
50年にかけての物語の中で繰り返される出会いと別れ。積み重ねられ、いつか忘れていたことが、蘇る。
大事なことを思い出す、コーヒーの香り。忘れてはいけないと思わせる、魔法の香り。
たそがれ堂のシリーズの中でも、珠玉の美しい物語だった。こんな風に世界を眺めていたいと思う、自分の感性にもフィットした。

「本物の変身ベルト」は、ひとり暮らしの若い男性の生活をつづる。心が折れそうになるとき、寂しくて空しくて、でも積極的に人と関わるのは苦手で。
世界には不思議なことはないと知ってしまった大人になっても、それでもファンタジーが心を慰め、励ますことがある。
嘘のようなことのひとつやふたつ、広い世界のどこかにあってもいいではないか。

最初から泣いた。泣いた。泣いたーっ。
一旦、スイッチが入ると、何気ない一文でさえ涙を誘う。
世界はとても美しい。
人の営みは儚くて、そのくせ、破壊的なこともあるけれども。
今より少しだけよりよく。そんな祈りを積み重ねてきた。
別れても、別れても、ひとはまた次のひとと出会うから。
別れた人もきっと遠くで祈っている。思いはいつか届く。
世界はとてもとても美しい。
その美しさを歌う物語に、ささくれた気持ちもすっきりとないでいくような気がした。

前作までとのかすかな違和感としては、登場人物たちが一様に、コンビニの店長の正体をうすうす知っていたことだろうか。
都市伝説が十分に浸透してきたらしい。
ふわふわしっぽをふんわりと揺らしながら、今日もおでんとお稲荷さんをしこんでいるといいな。

2010.12.16

薬膳漢方の食材帳

毎日役立つ からだにやさしい 薬膳・漢方の食材帳  薬日本堂(監修) 2010 実業之日本社

レシピ集ではなく、食材の本。
この食材には、漢方の見地からはこういう効能があって、こんな風に取り入れてみるといいかもよ。
と、アイデアを提供する辞書的な本だ。

最初に体質のチェックリストがあり、こういう体質の人にはこういうものを、というアドバイスの提供にもなっている。
いまいち、自分ではどのタイプがわからないと首を傾げていたら、一人で複数のタイプを持っていたり、時と場合によって変わってもいいものなんだそうだ。
西洋的なタイプ論は3か4が多いが、漢方は五行にしたがったタイプ論で、そのタイプ分けの個性がまた興味深かったりする。

紹介されている食材は、乾物として漢方の生薬に始まり、普段、口にしているような野菜や果物、肉魚類、調味料までにいたる。
身近な食材197種類について書かれているので、今まで口にしていた食材にどんな働きがあるのかを探すのが面白い。
自分が好きな食材は、なぜか自分にぴったりの効能だったりして、体が無意識に必要としていたらしい。

食物はすべて薬剤であると考えると、毎回の食事を今までより少し大切にできるんじゃないだろうか。
食事の意義、役割の重要性を見直すために、よい教材となるだろう。
特に、食べたら太ると思い込んでいる人には、こんなところから食事の意識を変えていくのもいいんじゃないかな、と思った。

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック