2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 史上最強の哲学入門 | トップページ | 薬膳漢方の食材帳 »

2010.10.20

ばかもの

ばかもの (新潮文庫)  絲山秋子 2010 新潮文庫

ばか。
この言葉に愛情をこめて、呼びかけにもちいる。
ほかの人が、その人に同じ言葉を言ったら怒る。
それを言ってもいいのは自分だけだ。
たとえば、母親が子どもにささやくように、微苦笑を孕ませながら紡がれる言葉は親密さに満ちている。

まさに、ばかものの物語である。
ばかだけど、ばかはばかなりに生きていくしかないではないか。
どんなにばかをやってきても、それでも幸せになりたいではないか。
どうしようもなく不器用で、もどかしいぐらい臆病で、愛想も尽きそうなときもあるけれど。
でも、愛してしまった。

学生だった主人公男性は、長じてアルコール依存症になる。
今日と明日のあわいを酒で溶かし込んでブラックアウトを図る。
限りなく落ち込んでいくような有様の描写は卓越している。
その上、冒頭から描かれる性行為など、作者が女性であることが不思議になる。
男性が読んでも違和感がないんじゃないかと、女である私は推測するしかないのである。
その見事にアクチュアルな描写に支えられて、気がつけば物語にのめりこむ。

それでいて、絲山作品では、ふっと不思議ななにものかがかすめていくことがある。
『海の仙人』のファンタジィのように、この本の想像上の人物のように。
孤独な人の魂に、絶望の淵から後戻りさせてくれるかのように、そうっと希望を吹き込むなにがしかが現れる。
そして、胸にずんと来るような台詞と出会うのも、絲山作品だ。
小説の魅力、物語の威力を感じる。私は、やっぱり、小説が好きだ。

「だって、友達だけだよ。一緒にいられなくても信じてあげられるのって」(p.187)

遠くにいる友達を思い出した。自分が通り過ぎてきた日々を思い出した。
今も仲の良い、私にいつも光を投げかけてくれる友達を思い出した。
今は縁が遠い、かつて私に喜びや励ましをくれた友達を思い出した。
どちらの友達も、普段は一緒にいなくても、多分、信じている。

私は彼を忘れない。
私は彼を迂回する。
迂回するのは、忘れていないからこそ。
憶えているからこそ、そこを避ける。
憶えていたいからこそ、そこを避けているのかもしれない。
今の彼はあの時の彼と違うから。
あの時の彼を覚えているために記憶は更新しない。
不在は、不在だけは、永久を孕むから。
同時に不在になりきれない縁もある。
そして、今はそばにいる、切れそうで切れず、結ばれた縁の恋人を想う。

そもそも、人ってばかな生き物だから。
だから、愛しくて愛しくて、ばかものって言いたくなるのだ。

« 史上最強の哲学入門 | トップページ | 薬膳漢方の食材帳 »

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/37310516

この記事へのトラックバック一覧です: ばかもの:

« 史上最強の哲学入門 | トップページ | 薬膳漢方の食材帳 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック